著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ヘッズアップ戦略のヒント

基本情報

難易度:
少しのトレーニング
備品は必要?
人気・知名度:
リスク:
適用ゲーム:
2-7 トリプルドロー 5カードドロー 5カードオマハ 7カードスタッド バドゥーギ チャイニーズポーカー フォロー ザ クイーン HORSE オマハ ハイ/ロー パイナップル ラズ ショートデッキ テキサスホールデム

ここで使おう!

環境

オンラインプレイ
ランドカジノ・店舗

ギャンブルカテゴリ

カジノ
ブックメーカー
ポーカー

ヘッズアップストラテジー:ヘッズアップで勝つための7つのヒント

シングルテーブルトーナメントでもマルチテーブルトーナメントでも、勝利への道のりには必ず「ヘッズアップ」が存在し、避けて通ることのできない道です。

ヘッズアップ

ヘッズアップをどれだけ上手くプレイできるかが、ポーカーの真の腕前を示す純粋な指標だとも言われています。

巧みなポーカースキル、状況とプレイヤーを読み解く能力が必要とされるヘッズアップですが、多くのプロも使っているいくつかのヘッズアップストラテジーをご紹介します。 

1:ヘッズアップポーカーでは攻撃性が重要

ポーカーではアグレッシブさ(攻撃性)が重要な要素となりますが、ヘッズアップでは特にアグレッシブさが重要となります。それというのも、全てのハンドでスモールブラインドかビッグブラインドになるため。

良いハンドが来るまでフォールドしていると、すぐにブラアインドアウト(ブラインドで全てチップを失くす)してしまいます。

ブラインドアウトされないためにも、アグレッシブにヘッズアップをプレイすることは多くの利点があります。

まずはハンドレンジをかなり広げ、ほとんどのハンドでオープンレイズする、または3ベットすることが重要です。

しかし相手が怯まない場合は要注意。そうなると相手のハンドを予想しながら、フォールドするタイミングを知っておくことも大切です。

2:スターティングハンドの強さはヘッズアップでは異なる

スターティングハンドの強さは人数で異なる

スターティングハンドの強さは人数で異なる

ホールデムポーカーをプレイしている人なら、2-7オフスートが最悪のハンドだと言われているのをご存じのはず。ストレートの可能性のない最小カードの組み合わせだからです。

ヘッズアップのハンドのほとんどは、ハイカードかペアで勝利します。

ストレート、フラッシュ、フルハウスがあり得ないわけではありませんが、フルテーブルほど頻繁には起こりません。

人数が少なければ少ないほど、ボードがハンドに絡む可能性は低くなります。ストレートやフラッシュの可能性を考えるよりも、ハンドのナンバーがより重要になります。

よって、ヘッズアップで配られる最低のハンドは2-3オフスーとと言えるのです。

また、フルリングでJのスターティングの場合は自信の持てないカードとなりますが、

ヘッズアップではJの強さも増すのです。

3:Any Ace(エニーエース)コンセプト

Any AceとはどんなA/エースの組み合わせでも、という意味です。

ヘッズアップでは、2枚のカード同士の戦いとなり、ほとんどのハンドがハイカードやワンペアで勝負する事を考えた場合、A/エースを持っていることは大きなアドバンテージとなります。

フルリングでAny Aceコンセプトでプレイするのは危険ですが、ヘッズアップの場合はスーツの重要性はさほどなく、カードのナンバーが重要なのです。

Any Aceでプレイする理由は、フロップでハイカードとなる確率が50.11%ということを考えた時、Aを持っていると有利なのです。

だからといって、Aが配られるたびにオールインしていると、勝率は50.11%とは言えません。

アグレッシブさと無謀さは別のもの。優れたプレイヤーであるほど、無謀なことをせずにアグレッシブになることができるのです。

4:Any Pair(エニーペア)コンセプト

エニーペア

Any Aceコンセプトが50.11%以上の勝率であれば、どんなポケットペアでもそれ以上の勝率があることはわかりますね。

フロップで状況は変わるかもしれませんが、プリフロップではAny Pairで更にアグレッシブに攻めるのが正解。

ヘッズアップでの勝敗はハイカードかペアであることを覚えておきましょう。どのペアでも、Aハイよりも優位に立つことができるのですから。

しかしA-Aだからといって無敵ではありません。

プリフロップで勝利する確率は85%だということも覚えておきましょう。

5:アグレッサーに対する対処法

相手がアグレッシブなプレイヤーの場合、どのように対処したらいいのでしょうか?

コーリングステーションアグレッサーの対処の仕方には、2種類あります。それは

  1. 輪をかけてアグレッシブになる
  2. コーリングステーションになる

1のアウトアグレッシブとは、相手のアグレッシブさを打ち砕くということになりますが、まずは相手のアグレッシブなプレイよりさらにアグレッシブさを示した場合、相手が引き下がるかどうかを推測しなければなりません。

相手のアグレッシブさに輪をかけてアグレッシブさを示すことは時に有利に働きますが、あなたの戦略を全て無視してプレイすることにもなります。相手が実際にモンスターハンドを持った場合、あなたのチップに危険が及ぶことになります。

要はある程度相手のハンドが読める場合は、更にアグレッシブになるとよいでしょう。

コーリングステーションとは、多くのベットにコールすることで、フルリングをこのスタイルでプレイするのはとても危険です。

しかしヘッズアップでコーリングステーションになることは、攻撃的な相手に対処するための高度な戦略とも言えます。

あなたのハンドが相手のハンドより良い思える時は、アグレッシブにベットしてくる相手に対し、コールすることで倒すことができるでしょう。

6:スモールスタックの優位さ

ポーカープロも、よくヘッズアップによるスモールスタックの優位さについて話しています。

内容は、スモールスタックになると「やけっぱち」気味にかなりアグレッシブになり、ビッグスタックはチップを失うまいと気を引き締めて良いカードだけをプレイするようになります。これによりスモールスタックはブラインドスチールし、スタックを増やしていくのです。

スモールスタックが相手のスタックとイーブンになるとそのままゲームをコントロールし続け、結果勝利するという結末。

あなたのスタックがスモールスタックになった場合はこの方法を使い(それでもハンドをある程度選ぶ必要はありますが)、ビッグスタックの場合はそれを許さないよう気を付けて!

7:フォールドするタイミングを知る

ヘッズアップではアグレッシブになることが重要ですが、アグレッシブになりすぎてボードと相手が持っているハンドの可能性を考えることを怠ります。

その結果、アグレッシブなプレイでブラインドスチールはしまくったものの、強いハンドを持った相手に大きなポットを取られてしまうという状況に陥ってしまいがち。

フォールドのタイミングを知る

相手が強いハンドを持っているときに、あなたのアグレッシブさを利用してチップのほとんどを取られないようにするには、勝てる可能性のあるハンドかどうかを考慮する必要があります。

ただアグレッシブになるだけでなく、集中力や判断力をお忘れなく。

ジャパンギャンブラーズからのアドバイス

アグレッシブにプレイをしていて相手が怯まない場合、ボードを見て相手が何をもっているのかを考えることでしょう。

自分はミドルペアやトップペアを持っていたとしても、「この雰囲気だと相手はもしかしてセットかも」「もしかして2ペア?」なんていう嫌な予感がした場合、その予感は大抵当たっているもの。

そんな時ワタクシは、「フォールドしろ、この損失は取り戻せる!」と自分に言い聞かせ、フォールドする勇気を持つように心がけています。

そこで「2ペア持ってそうだけど、持っていないことを祈って、ええい、オールインコールだ!」となって撃沈しないように・・・

以上のストラテジーを頭にいれ、みなさんのヘッズアッププレイの勝率を上げていってくださいませ♪

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪