著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ブラフキャッチ戦略のヒント

基本情報

難易度:
十分なトレーニング
備品は必要?
人気・知名度:
リスク:
適用ゲーム:
2-7 トリプルドロー 5カードドロー 5カードオマハ 7カードスタッド バドゥーギ HORSE オマハ ハイ/ロー ラズ ショートデッキ テキサスホールデム

ここで使おう!

環境

オンラインプレイ
ランドカジノ・店舗

ギャンブルカテゴリ

カジノ
ブックメーカー
ポーカー

【ブラフキャッチ】と【ブラフキャッチャー】とは

ブラフはポーカーの醍醐味。

上手くブラフしてポットを獲得した時は、「してやったり」気分で思わずにやけて(ライブポーカーならテルでばれそうですが)しまいます。

しかし反対にブラフを見破られたときは、「あっちゃ~」とがっくりするもの。

ブラフで一喜一憂

また、相手がブラフしているのではないかと思いつつも、あまりにリスクが大きすぎて無念にもフォールドすることもあるでしょう。

時には相手のブラフを見破り、相手に悔しい思いをさせることもあるのがポーカーです。

時々、ブラフをキャッチした、なんていう表現を聞いたことがある方もいらっしゃるのでは?

【ブラフキャッチ】とは相手のブラフをキャッチする(捕まえる)こと。

【ブラフキャッチャー】とは、相手のブラフには勝てるけれど、バリューハンドには勝てないハンドのことを指します。

もともとオーバーペアを持っている際に、相手のセカンドペアのベットにコールして勝つのは【ブラフキャッチャー】ハンドとは言いません。

分かりやすい例えは、ボードが Q-T-6-2-2 の時にあなたがポケット9を持っていて相手のベットをブラフだと思ってコールし、相手のハンドが6のペアの場合、もしくはA-KやA-Jだった場合、あなたのポケット9はブラフキャッチャーです。

そして相手のブラフにコールし、ブラフをキャッチしたことになります。

さて、ここでは【ブラフキャッチャー】ハンドと【ブラフキャッチ】する方法について考えてみましょう。

 

どこで、どうやって、なぜブラフキャッチする?

ブラフキャッチの概念はテキサスホールデムやオマハなど、ほとんどのポーカーゲームで役立ちます。

そして、ブラフキャッチの場面が頻繁に見られるのはリバーです。

相手がハイカード、もしくはボトム/セカンドペア、ドローハンドがミスした(完成しなかった)際など、自分のハンドより相手のハンドが劣ると読んだ際に相手のリバーベットにコールしてブラフをキャッチします。

中にはブラフを多用するプレイヤーがいるので、そんな相手に対し通常はフォールドするハンドもブラフキャッチャーを使ってポットを獲得し、利益を生むことができます。

 

ブラフキャッチは相手を知らなければならない

勝てると自信の持てないハンドでポットを獲得できた時の嬉しさは一際。

だからといってリバーで相手のベットにコールしまくっては、チップはすぐに底をついてしまいます。

正確に相手を読むには、プリフロップでのアクションから現在の状況までさかのぼる必要があります。

これまでを振り返る

はたして相手は強いハンドをプレイしているのか?少し大げさなアクションをしていないか?これまでの相手のアクションを考えた時、そのハンドはビッグハンドよりもブラフだと考える方が理にかなっているか?そんな質問を自分自身に問う必要があります。

それまでに相手がどんなハンドでプレイしているか、どんなプレイの仕方をしているかを観察しておく必要があります。

ブラフキャッチできるかどうかは、相手のことをどれだけ知っているかにかかっていると言ってもいいでしょう。

また、ブラフを試みる際に重要なのは、ブラフキャッチが好きなプレイヤーや何でもコールするような相手、ショートスタックで勝負に出たような相手にブラフをかけないようにしましょう。

 

ブラフのないところにブラフキャッチはない

ブラフキャッチャーはブラフしている相手にのみ有効です。

タイトなプレイヤー、ABCプレイヤーがリバーでベットした場合、ブラフキャッチャーハンドでは勝てないと思った方が良いでしょう。

そもそもブラフの目的は、相手をフォールドさせることにありますね。

そのため、勝てそうにないハンドでブラフは使われます。

相手が過度なレイズをしたりマニアックなほどアグレッシブな場合、フォールドさせようとブラフしている可能性が大いにあり、そんな場合にはブラフキャッチャーでコールすることが有効です。

 

ポットオッズを参考にする

ポットオッズは相手がブラフかもしれないと疑っている際、コールするかどうかを決定するのに役立ちます。

例えば、あなたは T♣ T♠ のハンドでボードが 2♣ 8♦ Q♥ 7♦ 7♣ だとします。

相手はプリフロップでレイズし、あなたはコール、フロップとターン共に相手のベットにコールしました。

ポットは$100、そしてリバーで相手は$50をベット、この場合、$150のポットを勝ち取るためにあなたは新たに$50をベットする必要があり、3:1のポットオッズとなります。

あなたは相手がブラフをしているのではないかと疑っていますが、AA、KK、JJ、A-Q、K-Q など、あなたより強いハンドを持っている可能性もないとは言えません。

相手がブラフをしている可能性を正確に計算することはできませんが、大まかな推定はできるでしょう。

ここでは少なくとも3分の1の確率でブラフをしていると想定すると、相手のコールに必要な勝率は25%なので、3:1のポットオッズはあなたにとって有利となり、価値のあるコールをすることになります。

参考:ポットオッズに対するコールに必要な勝率

相手のベット ポットオッズ
コールに必要な勝率
1/2ポット 3:1 25%
2/3ポット 5:2 29%
3/4ポット 7:3 30%
ポット 2:1 33%
ポットの2倍 3:2 40%

 

ストーリー性はあるか

ブラフを成功させるには、賢いベットサイジングやブラフに至るまでの論理的なストーリー、一連のアクションを見せる必要があります。

これらが理に適っている際、ブラフの成功率を高めることができます。

ストーリー性が大事プリフロップから良いハンドを持っているとアピールし、プロップでトップペアがヒット、もしくはそれ以上のハンドを持っていると感じさせるベットサイジングと一連のアクションがある場合、ブラフの「信憑性」が高まります。

しかしこれらにつじつまが合わないプレイの仕方をしている場合、ブラフキャッチは容易です。

たとえば、プリフロップでリンプした相手にレイズしたとします。それまであなたはタイトなプレイをまわりに見せてきました。

相手はコールし、プロップはK♦ T♦ 8♣ となり、相手はチェック。

あなたは A-T を持っていて、セカンドペアとなり3BBをベット。相手がコールしてくる場合、フラッシュドローかな、と考えます。

ターンで 4♣、相手は再度チェックコールし、リバーで 3♣ が現れるとポットの2倍の額をベットしてきたとすると、フラッシュでもない、3のペアだとしたらリバーまでコールで追いかけてくることもない、Kを持っているならフロップでベットしているはず。

そんな場合、ブラフキャッチャーが有効な時です。ほとんどの場合、相手は8のペア、もしくは T のペアでキッカー勝負になるかもしれません。T-3 や 8₋3ではプリプロップでレイズにコールはしないでしょう。

他にも、フラッシュが考えられるボードの際、リバーでフラッシュを装ってブラフする人たちもいますが、それがオールインだったりすると怪しく感じます。

本当にフラッシュなら、こちらにコールさせようとそんな大げさなベットはしないはず。

このように、ターンやリバーで急に「ブラフをしよう」と決めたようなストーリー性のないブラフをすると、すぐにブラフキャッチされてしまいます。

 

ジャパンギャンブラーズからのアドバイス

ブラフキャッチ中にはブラフしないプレイヤーもいるかもしれませんが(ダニエル・ネグラヌもブラフは滅多にしないですしね)、大多数のホールデムプレイヤーはブラフを使います。

ノーリミットホールデムで勝つには、良いスターティングハンドを待ってプレイするだけでは長期的に利益を得ることができないことを、多くのプレイヤーが知っているからです。

ブラフをうまく使えば、ゴミハンドでも勝てるのです。

また、ブラフをした時に相手に見破らせておいて、本当に強いハンドを持っている時に相手にコールさせることができます。

一方、ブラフを見破り、正しいコールをすることもノーリミットホールデムプレイヤーにとっては必要なスキルです。

特に初心者にとって「ブラフキャッチ」のスキルは最も難しいスキルの一つかもしれませんが、プレイを重ねれば重ねるほどブラフキャッチャーで勝てる場面を見抜くことができるようになるでしょう。

ワタクシもブラフを見抜かれたり、相手はブラフしていると読み間違えることがまだまだあります。

1回1回のプレイが勉強だと思い、トレーニングに励みましょうね!

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪