著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

バイナンス (binance) 本気のレビュー

(4.3)
日本語で利用可能

早見データ

ブランド名:
支払いオプション:
取扱通貨:
AUD BRL EUR GBP GHS HKD INR KES KZT MXN NGN NOK PEN RUB TRY UAH USD VND
バーチャルカード
ATMで使用可能なカード

サービス料/手数料

月額:
0%
入金(預かり入れ:
0%
送金:
仮想通貨により異なる
資金の受け取り:
ATMから引き出し:
銀行から引き出し:
30USD

メリット/デメリット

  • 多数のアルトコイン取り扱い
  • スプレッドなし、安価な手数料
  • バイナンスコインBNB利用でさらに手数料割引あり
  • 日本語化されたサイト
  • 日本円での入金不可(ただし購入可能)
  • 金融庁は許可していない

サポート

Eメール
ライブチャット
電話
日本語で

総合評価

サービス速度
サービス料
セキュリティ
ゲーミングサイトでの取扱率

バイナンス概要

バイナンス/ Binanceは2017年に中国で設立された世界最大の仮想通貨取引所です。バイナンス(Binance)という名前はBitcoin+ financeから生まれたもの。

利用者は1,000万人以上、高い処理能力があり、毎秒140万件以上の取引を処理することが可能です。

2021年6月現在、バイナンスで取り扱うアルトコインは400種類以上。あまり知られていないアルトコイン、いわゆる草コインを多数扱っており、将来性のある草コインを狙う投資家の人気の取引所となっています。

日本語サポートは長らくなかったものの、2020年6月には日本語対応を開始しました。海外の取引所なので英語が心配、という人にも使いやすい取引所となっています。

バイナンス ホーム

バイナンスの注目点

海外取引所ということでハードルが高く思われがちですが、サイトは日本語されており、問題なく利用できます。国内取引所とは大きく異なる点があるのでメリット、デメリットを把握して利用しましょう。

メリットとしては最大125倍のレバレッジ取引が可能なこと、手数料が安価で、多くのアルトコインを扱っていることなどが挙げられます。デメリットとしては、日本円での入出金に対応していないため、国内の取引所から入金、国内取引所から出金、という手間がかかるということです。また、金融庁の許可を受けてはおらず、ハッキングなどの事件があっても、金融庁も対応してくれません。(バイナンスは2019年に二度ハッキングされており、7,000ビットコインの流出、一万人以上の顧客情報の流出事件がありました)

登録方法

バイナンス 登録

バイナンスへの登録はとてもシンプル。もちろん無料であっという間に開設することができます。

*デスクトップの場合は画面右上のEnglishをクリックして、モバイルの場合は画面右上のハンバーガーメニューをクリックし、Englishをクリックして言語を日本語に設定することができます。

①登録をクリックします

②メールで登録する場合はメールアドレスとパスワードを入力し、【アカウント作成】をクリック

(モバイルで登録したい場合は日本の国番号+81を選択し、0を除いたモバイル番号を入力)

③パスワードを入力

(8文字以上、大文字、数字をそれぞれ一つ以上含むこと)

④【アカウント作成】をクリック

バイナンス認証

⑤パズルが表れます。(黄色いパズルをスライドしてグレーのパズルに当てはめるだけです!)

⑥認証コードが送られてくるので次の「アカウント確認」の画面で入力します

登録完了です!

このあと二段階認証をすることをおススメします。

このままでも仮想通貨の入出金には利用できますが、個人認証を済ませておくと出金限度額が2BTCから100BTCに引き上げられ、仮想通貨購入&法定通貨入金が可能となります。

入金方法

バイナンスでは仮想通貨と法定通貨を入金できますが、日本円は対応していません。

仮想通貨はバイナンスが扱う通貨ならどの通貨でも入金することができ、手数料無料となっています。

扱っている法定通貨は以下に限られます:

USD、EUR、AUD、BRL、GBP、GHS、HKD、INR、KES、KZT、MXN、NGN、NOK、PEN、RUB、TRY、UAH、UGX、VND

SWIFT送金では銀行アカウントから米ドルの入出金が可能です。ほとんどの銀行プリヤオンラインバンキングに対応しています。

日本円の入金はできません。ただしクレジットカードを利用し、日本円で仮想通貨を購入することは可能です。

出金方法

仮想通貨ならびに法定通貨も取り扱っているバイナンスですが、日本円での出金はできません。

利用の国内取引所への仮想通貨の出金が一般的な方法となります。本人確認をしている場合、2時間ほどで出金が可能です。出金手数料や出金限度額は利用の仮想通貨により異なりますが、出金ページで仮想通貨を選択すると表示されるのでそこからチェックしてくださいね。

オンラインゲーミングでの取り扱い状況

相性の良い仮想通貨とオンラインゲーミング。メリットは手数料が格安であること、匿名性の高さにあるといえるでしょう。デメリットとしては、同じカジノ内でも仮想通貨でプレイできるゲームは法定通貨でプレイできるゲームより少ないということです。そして、仮想通貨を導入するオンラインギャンブルサイトは増えてきているとはいえ、すべてのギャンブルサイトで利用できるわけではありません。まだまだ限られています。

オンラインカジノでの取り扱い状況

オンラインカジノではますます仮想通貨を取り扱うサイトが増えてきています。

ひとくちに仮想通貨を取り扱っている、と言っても次の2パターンあります。

  • 仮想通貨で入出金ができ、かつ仮想通貨でプレイできるカジノ
  • 仮想通貨で入出金ができるが、サイト内では法定通貨に変換され、プレイは法定通貨で行われるカジノ

前者はビットスターズ/Bitstarzプレイアモ/Playamo、ビットカジノアイオー、後者にはカジ旅/Casitabiベラジョン/Vera&Johnカジノデイズ/Casino Days10ベットジャパン/10betJapanボンズ/Bonsなどが含まれます。

特に前者は一つのアカウントでいくつもの通貨アカウントを持つことが可能なマルチ通貨対応カジノであり、ビットスターズでは仮想通貨で入金し法定通貨でプレイすることも選ぶことができたり、ビットカジノアイオーではサイト内でビットコインを購入できたりと、それぞれ柔軟なシステムが目を引きます。

ブックメーカーでの取り扱い状況

スポーツベットアイオーではサイト内でビットコインの購入ができ、また、法定通貨を含め、複数のウォレットを持つことができます。また、入出金だけでなく、ベットも仮想通貨で楽しめます。

10ベットジャパン/10betJapanピナクル/Pinnacleベットティルト/Bettiltでも入出金が可能です。

ポーカーサイトでの取り扱い状況

大手ポーカーサイトではナチュラル8/Natural8GGポーカー/GGpokerでビットコインが利用できます。ポーカースターズでは取り扱っていません。

もっともオンラインポーカーサイトでは決済方法が限られており、エコぺイズがもっとも多くのポーカーサイトで利用できる決済方法となっています。

主な特徴

バイナンスは世界中に多くの顧客を持ち、とても多くの仮想通貨を取り扱っています。

まだ知名度が低く、しかしこれから大きく跳ねる見込みのある仮想通貨を狙って多くの投資家から常に注目されています。

手数料は安価であり、レバレッジが最大125倍であることも大きな特徴です。キャンペーンやバイナンスコイン利用で手数料がさらに安くなるところも見逃せません。

利用可能国

特定の国や地域におけるバイナンスのサービスの提供を制限または拒否することができるということは規約に明記されています。しかし対応していない国のリストなどは特に公表していません。

対応通貨

法定通貨は以下の19通貨の取り扱いをしています。

USD、EUR、AUD、BRL、GBP、GHS、HKD、INR、KES、KZT、MXN、NGN、NOK、PEN、RUB、TRY、UAH、UGX、VND

入出金に関しては上に挙げた通貨でのみ対応しており、日本円は対応していません。しかしクレジットカードを利用しての仮想通貨の購入は可能です。

対応暗号通貨

対応している仮想通貨での入出金が可能です。現在400以上の仮想通貨を取り扱っています。

VIPプログラム

VIPプログラムは30日間におけるトレード量、BNB残高い基づいたレベル分けがされており、レベル0からレベル9まで用意されています。

レベルにより取引手数料が異なり、受け取ることができる特典が異なります。

また、ときおり期間限定のVIPプログラムプロモーションが開催されることがあります。このレビュー執筆時には(2020年6月)他の取引所での取引量の詳細を提示することにより、VIPランクがアップする【VIP招待プログラムプロモーション】が実施されていました。

キャンペーンは見逃さずにチェックしてお得に活用しましょう!

モバイルアプリ

バイナンスアプリ

ios、androidともにアプリが用意されています。アプリでも言語を日本語に設定することができ、英語が心配な方も安心です。

公式サイトからダウンロードをし、表示されるQRコードを読み込んでインストール、またはAppStore、GooglePlayからインストールできます。

ウェブ版とは見かけが多少異なりますが、同じく使いやすい仕様となっています。

カード発行

バイナンスカードはヨーロッパ中心に発行されていますが、日本では発行されていません。

サービス料及び手数料

バイナンスへの入金手数料は0%。取引、出金、ファンドレイジングには手数料が必要となります。

取引手数料はVIPレベルにより異なりますが、0.1%が基本です。さらにBNB利用の場合は25%オフとなり、0.075%の手数料となります。また、友達紹介で取引手数料の20%を割り戻しされます。

BNB:バイナンスコイン。バイナンス発行の仮想通貨のこと。

出金手数料は仮想通貨により異なりますが、バイナンス公式ページ【入出金手数料】、あるいは出金ページからチェックすることができます。

入金手数料:0%

取引手数料:0.1%

出金手数料の例

  • ビットコイン:0.0000052 ~ 0.00057 BTC
  • イーサリアム:0.00007 ~ 0.0036 ETH
  • テザー:0 ~ 10 USDT
  • バイナンスコイン:0 ~ 0.0005 BNB

バイナンス入出金手数料

利用制限

バイナンス 出金手数料と限度額

各出金リクエストには最小出金可能額が設定されています。こちらも先述の【入出金手数料】、あるいは出金ページから見ることができます。

最小出金額の例

  • ビットコイン:0.00001 BTC
  • イーサリアム:0.00014
  • ETHテザー:1 USDT
  • バイナンスコイン:0.02 BNB
*変更の可能性がありますのでその都度チェックしてくださいね。

セキュリティ

バイナンスでのアカウント開設時には、二段階認証(Google認証、またはSMS認証による)を有効にすることをおススメします。

バイナンスのセキュリティ機能には、デバイス管理、デバイスアクセスの制限機能、フィッシング対策コード、出金先のホワイトリストの設定機能も含まれています。

仮想通貨やブロックチェーンについて幅広く学ぶことができるサイト内の「バイナンスアカデミー」では上記のようなセキュリティに関してのヒント、よくある仮想通貨詐欺と回避方法などなど、役立つ情報が数多く紹介されています。一読の価値あり!

バイナンスアカデミー

サポート

バイナンス・ライブチャットにおいても日本語で解決策を検索することができます。ただしライブチャットと言っても、日本人サポートがライブで答えてくれるわけではありません。

ライブチャットを開けて解決策を検索し、AIボットの回答が日本語で表示されます。顧客から想定される質問の例はかなり細分化されており、各回答も詳しいので一般的な質問の多くはAIボットの回答から解決しそうです。それでも解決しない場合は「未解決」をクリックするとサポートチームにメッセージを残すことができます。

また、FAQ(よくある質問)も充実しているのでここから知りたい答えが見つかるかもしれません。

まとめ

ハードルが高いと思われがちな海外取引所ですが、自然な日本語で翻訳されており、使いやすいバイナンス。

国内取引所では扱っていないアルトコインを多数取り扱っているため、将来急騰する見込みのある仮想通貨を狙う投資家たちが世界中から集まっています。

正直現状ではオンラインギャンブルサイトに利用するという点においては、国内取引所にアカウントを持っていると十分ですが、レアなアルトコインでの取引や、安価な手数料や他を圧倒するハイレバレッジに独自プロモーションなど、海外の取引所ならではのメリットがあります。

メリット、デメリットを把握したうえで検討してみてくださいね。

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。