人気スロットランキング!2021年に最もプレイされたトップ10を発表!

スロットランキング2021年
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

パンデミックはまだまだ収まりそうにありませんが、日本では一年遅れでオリンピックが開催されたりその他イベントも徐々に復活したりと印象深い2021年でした。

オンラインカジノでもたくさんのゲームがリリースされましたね。特にスロットゲームは毎日のように新作がリリースされ、あれもこれもプレイしたい!プレイしたいスロットが多すぎる~という嬉しい悩みを抱えた人もいるのでは?

さて、そんな2021年、最もプレイされたスロットはどのスロットなのかが気になるところ。そこで本日は昨年最もプレイされたスロットトップ10を発表!

スロットファンの皆さん、ぜひ予想しながら読み進めてみてね。

まずは10位から4位までをザーっとご紹介!

10位:Reactoonz/レアクトゥーンズ(プレインゴー社)

レアクトゥーンズ-スロット

第10位には2017年リリースのプレインゴー社のレアクトゥーンズ 。こういったスロットランキングでは常連の人気スロットです。2020年10月には レアクトゥーンズ 2がリリースされており、人気が分散してトップ10は難しいかとおもいきや見事10位にランクイン。

かなりの高ボラティリティスロットで、爆発力が高く、面白いのは異論のないところ。しかし個人的には毎度コテンパンにやられちゃう。ただ一回の大爆発の甘い記憶が忘れられず、ついまたまたプレイしたくなるという魅惑のスロットです。

9位:Book of Dead/ブック・オブ・デッド(プレインゴー社)

ブックオブデッド-スロット

シンプルながら飽きのこないスロットの ブック・オブ~シリーズの中でも最も知名度があり愛されているのがこのブック・オブ・デッド。一応ハイボラスロットとカテゴライズされているものの、フリースピンは割と頻繁に出現してくれる印象。

特にヨーロッパではブック・オブ・デッドの人気は高く、スターバーストと並んで、スロットの代名詞のようなイメージがあります。まだ日本人プレイヤーにも人気と知ってなんだか嬉しい。強豪スロットがひしめく中、9位はすばらしい!リッチワイルドさん、おめでとう!

8位:San Quentin xWays/サン・クエンティン・エックスウェイズ(ノーリミットシティ社)

サン・クエンティン-スロット

8位に食い込んだのはノーリミットシティのサン・クエンティン・エックスウェイズ。2021年1月のリリースです。ノーリミットシティは人気のボーナスバイ/ボーナスフィーチャー購入ができるスロットも多く、最近は有名プロバイダーの仲間入りを果たした感がありますね。

サン・クエンティン・エックスウェイズはアメリカ・サンフランシスコ近郊に実在する刑務所をテーマにしており、最高勝利金が驚異の150,000倍、ボラティリティは超絶ハイ、ボーナスバイはベット額の2,000倍のものが用意されている、と何もかもが規格外。フィーチャーも多く、グラフィック、サウンドともに楽しめる構成となっています。

まだまだ新しいスロット。今後さらにランキング上位に食い込むことを期待したい!

7位:Oiran Dream/花魁ドリーム(ゴールデンヒーロー社)

花魁ドリーム-スロット

すでにハワイアンドリーム、ゴールド・オブ・ドリームスで大成功を収めていたゴールデン・ヒーローが花魁ドリームをリリースしたのは2020年8月。同年7月末にはベラジョンから先行リリースされ、瞬く間に話題になりました。

一時的な人気ではなく、ブームが去った今も安定した人気スロットとして常に名前が挙がる存在となっています。

フィーチャーの多さや爆発力もさることながら、行き過ぎないお色気が人気に一役買っている、と個人的には思う。だってやっぱり謎のコスプレは全部制覇したいって思うもんね~。

6位:Gates of Olympus/ゲーツ・オブ・オリンパス (プラグマティックプレイ社)

ゲーツ・オブ・オリンパスースロット

6位に食い込んだのはプラグマティックプレイ社から昨年2月にリリースされたゲーツ・オブ・オリンパス。 8位のサン・クエンティン・エックスウェイズ に引き続き、2021年中にリリースされた新しいスロットのランクインとなりました。

ボラティリティスロット、ボーナスバイ機能付き、アツいマルチプライヤー付きと人気要素がたくさん盛り込まれたスロットです。

しかしプラグマらしい劇画調のグラフィック。 同じギリシャ神話をモチーフにしているライバル(と勝手に私が思う)プレインゴーのRise of Olympus/ライズ・オブ・オリンパスと比べると、このゼウスの顔、おっかないよね~?

5位:Money Train2/マネートレイン2(リラックスゲーミング社)

マネートレイン2

2020年9月リリースの リラックスゲーミング 社、マネートレイン2が堂々の5位にランクイン!

マネートレイン2、ということは当然元祖のマネートレインもありますが、元祖よりパワーアップした内容のスロットになっており、ランキングではこの続編バージョンがおなじみとなりました。

マネートレイン2の人気は例にもれずフリースピンにありますが、単に爆発したら大きい、というだけでなく、プレイヤーを飽きさせない凝った演出/グラフィックにありそう。マルチプライヤーが上昇していくさまを息をするのも忘れるほど見入ってしまう。

人気があるには理由がある。ここ数年オンラインカジノ界で急速に存在感が増しているリラックスゲーミングにも目が離せません。

4位:Rich Wilde and the Tome of Madness/リッチ・ワイルド・アンド・ザ・トム・オブ・マッドネス(プレインゴー社)

リッチ・ワイルド・アンド・ザ・トム・オブ・マッドネス-スロット

4位に輝いたのはプレインゴーのリッチ・ワイルド・アンド・ザ・トム・オブ・マッドネス 。単にトム・オブ・マッドネス と呼ばれることもあります。2019年6月リリースです。

主人公は9位のブック・オブ・デッドにも登場したリッチ・ワイルド。このスロットは落ちモノゲームで、さらに凝った演出が組み込まれています。ボラティリティは「非常に高い」とされていますが、ブック・オブ・デッドと同じく、フリースピンの出現率は悪くなく、落ちゲーらしく勝ちの連鎖につられてつい長くプレイしたくなる魅力があります。

常に人気スロットランキングではトップ10には入っている、という印象でしたが、5本の指に入るほどの人気スロットとは驚きです。

しかしやっぱりプレインゴーのスロットは強いんだな~と実感。そして個人的には比較的新しいイメージを持っていたスロットですが、リリースは2年半ほども前。ベテランスロットとして末永く活躍してほしい!

いよいよトップ3の発表!

3位:Sweet Bonanza/スウィート・ボナンザ(プラグマティックプレイ社)

スウィート・ボナンザ-スロット

お見事!3位に輝いたのはプラグマティックプレイのスウィート・ボナンザ。かわいいながらもアツいマルチプライヤー付きのこのスロットは2019年6月のリリースです。

登場して以来、一定の人気を保っているスロットですが、最初はかならずしもスロットランキングの常連的立ち位置ではなかったと記憶しています。しかし徐々に頭角を現し、いまや人気スロット界の主要メンバーとなった印象。

クリスマスバージョンもあり、昨年秋にはライブショーのスウィートボナンザ・キャンディランドもリリースされ、まさにプラグマの【顔】。

ゲームを開くや否や、有無を言わさずに明るい世界に連れて行ってくれる、そんな押しの強さもよきよき。同じプレイするなら明るいのがいいよね、って素直に思わせてくれるスロットです。

注:今回データのご協力をいただいたカジノの一つであるベラジョンに関しては、プラグマティックプレイのスウィート・ボナンザ-ベラジョン版を加点対象としています。

2位:Hawaiian Dream/ハワイアン・ドリーム(Golden Hero社)

ハワイアンドリーム-スロット

2位に輝いたのは、というよりは、惜しくも2位となった言うべきか、長年1位のスロットと人気を二分しているハワイアンドリーム!

日本のパチプロ風スロットがリリースされた(しかもお色気もありで)!というセンセーショナルな宣伝文句とともにオンラインカジノ界に殴り込みをかけてきたのは2018年夏。仕様からも分かる通りモバイル用に作成されたスロットで、リリースされたばかりの時はほとんどのカジノでモバイルでのみプレイが可能でした。

それはおいといて、ゴールデンヒーローはその後も続々と人気スロットを輩出し、ゴールド・オブ・ドリームスやバトルドワーフ、7位にランクインしている花魁ドリームなどは安定した人気を保っています。

RTPも97%と高めで、ボラティリティは中~高とコイン持ちも悪くなく、長くプレイを楽しめます。

ハワイが舞台でありながら、力尽くで冬仕様・サンタコスプレにした(?)ハワイアンドリーム・クリスマス版も大人気!

1位:Moon Princess/ムーンプリンセス(プレインゴー社)

ムーンプリンセス-スロット

やはり1位はこのスロット。

オンラインカジノを愛する人で知らない人はいないであろうムーンプリンセス(2017年夏リリース)が圧巻の1位!

プレインゴーから全く同じ仕様のスロットがリリースされようとも、最近のトレンドであるボーナスバイのスロットでなかろうとも、そんなことはお構いなしに涼しい顔で女王の座に君臨し続けるムンプリ。また別のスロットとなりますが、とうとう2021年の冬にはムンプリたちも冬バージョンでキングダム作っちゃいました。

個人的には花魁ドリームがリリースされて人気が高まったとき、そろそろムンプリにも下剋上が下されるのか?!などと思っていたけれど、まだまだ安泰です。ムンプリ的には2021年も太平の世の中だった様子。

今後とも日本人プレイヤーのアイドル的存在であってほしい。ムーンプリンセス様、おめでとうございました!

ジャパンギャンブラーズからのコメント

トップ10スロットのプロバイダーの内訳は、プレインゴーが4スロット、ゴールデンヒーロー2スロット、プラグマティックプレイ2スロット、そしてリラックスゲーミングとノーリミットシティがそれぞれ1スロットずつとなりました。

プレインゴーが1位を含む4スロットのランクインを果たし、人気・実力ともにナンバーワンであることを印象付けました。

注目したいのはリラックスゲーミングとノーリミットシティのヒット。この2社は2022年さらに飛躍が期待されます。特にリラックスゲーミングはTempleTumble Megaways /テンプル・タンブル・メガウェイズも13位となるなど目立つ存在となりつつあります。

不動の人気、ムーンプリンセス。このスロットを上回る人気スロットが出現することがあるのだろうか、と思うほどの人気ですが、物事にはいつか終わりが来ます。それがいつなのか、それはどのプロバイダーのどんなゲームなのか・・・目が離せません。

ニュースソース

このランキング記事を作成するにあたり、ジャパンギャンブラーズのカジノレビューでもご紹介している次のカジノサイトからデータをいただきました。各サイトでもっともプレイされたトップ20のスロットに、それぞれ20点から1点の点数を振り分け、総合点より当ランキングを抽出しています。

以下のカジノオペレーターのみなさん、ご協力ありがとうございました!

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。