横浜市長選、IR反対派の山中氏が当確

横浜市長選開票IR反対派の山中氏当確
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

IR誘致と新型コロナウィルス対策が大きな争点となっている横浜市長選の開票が22日行われました。 横浜IR誘致反対派で元横浜市立大学教授の山中竹春氏( 立憲民主推薦 )が、 4選を目指した現職の林文子市長や前国家公安委員長の小此木八郎氏らを破って当選確実としました。

小此木氏はIR反対派でありながら菅首相が全面支援を表明しており、注目を集めていました。この敗北は菅首相の求心力に大きな影響を与えそうです。

山中氏は会見で、横浜IR誘致撤回の早期宣言について言及しました。

過去の記事を見る👉注目のIR/統合型リゾート:長崎ではオシドリが撤退か、横浜では市長選告示

ニュースソース:https://www.asgam.jp/index.php/2021/08/22/anti-ir-campaigner-takeharu-yamanaka-wins-yokohama-mayoral-election-jp/

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。