WSOP2021:宮下、イベント#65で準優勝!ファイナルテーブルの様子

宮下 航
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

バイイン$1,000、エントリー数3,821となったイベント#65:MINI Main Event No-Limit Hold’em(freezeout)の最終日 Day3に進んだ5名、その中に日本人プレイヤー、宮下 航(ミヤシタ ワタル)がいました。

105,550,000のチップを持ち、2位と6,000万以上の差をつけてDay3をチップリーダーでスタートしたのはギリシャのGeorgios Sotiropoulos/ゲルギオス・ソティロプロス。そして宮下は3位からのスタート。

この日の2ハンド目に、A Qで早くもJames Rubinskiを5位で排除した宮下、ヘッズアップに向け着々と準備を進めました。その後、8のセット(3オブアカインド)でJames Pattersonを4位で排除し、A 6でオールインしたJordan Meltzerにビッグスリック(A K)でコール。リバーでKが現れ、Meltzerを3位で終了させました。

いよいよ残り二人、Sotiropoulosと宮下は同じチップスタックでヘッズアッププレイを開始。宮下のポケット4(4のペアの手札)に対し、SotiropoulosはQと7のツーペアでリードします。

georgios-sotiropoulos

最後のハンドとなったのは、

宮下 航:Q♠ 8♣ 
Georgios Sotiropoulos:3♦ 2♦ 

で宮下がリンプイン、Sotiropoulosはチェックし、フロップ Q♣ 7♦ 10♦ が現れます。Sotiropoulosはチェック、そして宮下は4.5ミリオンをベット、 Sotiropoulosがコールします。

リバーは Q♦ が現れ、 フラッシュを完成したSotiropoulosはチェック、3オブアカインドのハンドを持つ宮下が9ミリオンをベットすると、Sotiropoulosは26ミリオンにレイズし、宮下はオールインします。 Sotiropoulosはコールし、リバーに現れたのは 5♣、宮下がフルハウスで勝利するために必要だったカードは現れませんでした。

このイベントでSotiropoulosは、優勝賞金$432,575と3つ目のブレスレット獲得となりました。「僕はただプレイを続け、努力を続けたい」とコメントしています。

宮下 航は2位賞金$267,328を獲得し、今後の彼のプレイにも注目が集まります。

ニュースソース:https://www.wsop.com/tournaments/updates/?aid=2&grid=4865&tid=19796&dayof=197963&rr=5

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪