WSOP 2021 #21: Mixed Pot-Limit Omahaで一ノ瀬19位、ネグラヌ18位

一ノ瀬公聖19位
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

WSOP2021 イベント#21: Mixed Pot-Limit Omaha Hi-Lo 8 or Better; Omaha Hi Lo 8 or Better; Big O にて、オマハにも強い日本人ポーカープロ、一ノ瀬公聖さんがDay 3に進出。

バイイン$1,500、賞金プール$855,735、エントリー数 641 のイベント#21は3日間にわたり行われ、Day3  に進出したのは27名。

一ノ瀬さんはDay3をチップカウント6位でスタートしましたが、スタックが少しずつ減少していく中、アーリーポジションでレイズし、レイトポジションのチャールズ・コルタスが3ベット。一ノ瀬さんはコールしました。

フロップは 8♥ 10♥ J♦ となり、一ノ瀬さんはコルタスのベットをチェックコール。

6♦ のターンでコルタスのベットを再びチェックコールした一ノ瀬さんは、ほとんどのスタックをポットに入れることになりました。

リバーでは 9♠ が現れ、両者ともチェック。最終的にコルタスのハンドは A♦ J♠ 4♦ 3♦ で、Jのペアでポットを獲得し、一ノ瀬さんはその後すぐにトーナメントを19位(賞金$6,846)で終了となりました。 イベント#7でも同じく19位という成績を残した一ノ瀬さん。次のトーナメントにファンの注目が集まります。

また、一ノ瀬さんの次に18位で敗退したのはポーカーの殿堂、ダニエル・ネグラヌ。

ディラン・コルタス

優勝したのはノーリミットホールデムの経験が豊富なラスベガスのディラン・リンデ。「最高の気分です!初ブレスレットを獲得したこともですが、ミックスゲームで獲得できたことも素晴らしいこと。ポーカーの基本的なコンセプトはあらゆるポーカーゲームに応用できると思っていますが、プレイで勝っただけでなく、自分のプレイに自信を持てたことが嬉しいですね。」と語っています。

リンデはWSOP期間中、激しいスケジュールを予定していますが、「僕は生涯トーナメントの中毒者なんだ。もっと勝ちたいと思っています」と付け加えました。

ニュースソース:https://www.wsop.com/tournaments/updates/?aid=2&grid=4865&tid=19749&dayof=197493&rr=5

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪