WSOP:2022年以降はBally’s/Parisに移転

paris-bally's
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

WSOPがRioからBally’s/Parisに移転するというニュースは、意外なところから情報がもたらされました。バレーナショナル8ボールリーグ協会(VNLA)が、Facebookページに最新情報を掲載したことで発覚したのです。

VNEAは毎年5月の最終週にラスベガスで世界プール選手権を開催しており、 年間約6,000人が参加しています。しかし会場のBally’sとVNLAの長期契約は、【WSOPがRioから Bally’s/Parisに移動するため 】 Bally’sによって突然キャンセルされたと述べています。 どうやら世界プール選手権とWSOPの開始時期が重なることによるため。

その前にも、2005年からWSOPを開催してきたリオ・ホテル&カジノが2019年9月に不動産投資会社に売却されて以来、WSOPの開催地はシーザーズコンベンションセンターになるだろうと多くの人が推測していました。

WSOPのエグゼクティブ・ディレクターは、2022年の開催地についてはノーコメントだと述べています。

ParisとBally’sは隣接する2つの施設で、廊下でつながっており、プレイヤーやスタッフの移動も容易です。どちらもWSOPの親会社であるシーザーズエンターテイメント社が所有しています。Parisは総面積140,000平方フィート、そのうち85,204 平方 フィートは柱のないボールルームとなっており、Bally’sの総面積は175,000平方フィート、そのうち40,000平方フィートがイベントセンター、さらに39,249平方フィートがボールルームとなっています。

パリス/バリーズのフロアープラン

一方Rioは、ゲーミング、リテール、フード&ビバレッジ、スパ&フィットネス、プール・レクリエーション・デッキなど、現在のパブリック・スペースの再開発が行われ ハイアットリージェンシーにリブランドされる予定です。

ソーシャルメディアで流れている報道を信じるならば、RioがWSOPを主催するのは2021年が最後になるかもしれません。

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!オンカジ業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪