和歌山IR:区域計画を発表、シーザーズは5%の出資へ

和歌山IRシーザーズエンターテイメント出資
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

IR(カジノを含む統合型リゾート誘致を目指す和歌山県の事業者が資金計画と共同事業者の発表を含む区域整備計画案を県議会に提出しました。案は昨年11月に公表されていましたが、数々の不備が指摘されたため、案の再提出を求められていました。

41億円のIR施設の資金をどのように調達するのかについて詳細を求める声が上がっています。特に全体の55%を出資するクレアベストグループが資金を調達するのかが懸念されています。

昨年9月、クレアベストニームベンチャーズと和歌山IR事業において提携することを発表していた注目のシーザーズ・エンターテイメントですが、全体の5%を出資することが明らかになりました。シーザーズは出資だけでなく、カジノに関するアドバイザーの役割も担うようです。

シーザーズ・エンターテインメントは東京や横浜、大阪などでのIR開発を目指していましたが、2019年9月には日本のIRレースから撤退していました。

ニュースソース:https://www.casino.org/news/wakayama-confirms-caesars-ir-involvement-now-accepting-public-feedback/

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。