教師がボランティア活動の場で横領

有罪:ハンマー
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

アメリカ・ジョージア州でTrenna Denise Triceが有罪判決を受けました。

Triceに関する調査は、2019年5月、FDIC(連邦預金保険公社)に寄せられたとあるカジノからの報告により始まりました。カジノは、「Triceがカジノでの損失の明確な収入源を申告しなかった」ことを報告しています。

調査の結果、Triceは学校教師を本業としており、多額の損失の資金源にはなり得ないということが発覚します。さらに、Triceは以前勤めていた歯科医院を窃盗の疑いで解雇されていたこと、同じく慈善団体のUNCFからも追放されていたことが明らかになりました。

学校教師の傍ら、複数の慈善団体や非営利団体でボランティア活動を行っていたTriceは、資金調達の運営を担当していました。大口の寄付は手続き通りに処理していましたが、小口の寄付は自分の口座に振りこんでいた、とされています。他にも前述の通り、以前勤めていた歯科医院での横領が明らかになっています。

Triceには最大20年の禁固刑、最大25万ドルの罰金が課され、そしてその後最大3年間は監視下に置かれます。量刑は来年3月29日に言い渡されるということです。

Triceは10年にわたるギャンブル依存症のせいで一連の犯行に至ったと主張しています。

問われる責任あるプレイ👉厳格化する「責任あるプレイ」でオンラインギャンブル業界はどう変わる?

ニュースソース:https://www.poker.org/gambling-addict-stole-240000-from-non-profit-organizations/

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。