不動産王ロバート・ダースト、ラスベガスカジノオーナーの娘殺害を否定

大富豪、カジノオーナーの娘殺害を否定
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

ラスベガスのカジノオーナーの娘を銃殺したとして殺人罪に問われているアメリカの大富豪、ロバート・ダーストが11日、カリフォルニアの証言台にたち、その殺害を否定しました。

被害者のスーザン・バーマンは、ラスベガス・ストリップにある「フラミンゴ」を経営していたデビッド・バーマンを父に持ちます。

バーマンが殺害されているのが見つかったのは2000年のことでした。検察はダーストがバーマンを後部から射殺したとしています。殺害理由はダーストの妻、キャスリンの失踪事件についての口封じとみられています。

キャスリンが失踪したのは1982年のことでした。のちにキャスリンの死亡が確認されましたが、疑惑の目を向けられながらもその際にダーストは逮捕されていません。

バーマンは キャスリンの失踪事件の際にダーストのスポークスマンを しており、キャスリンの失踪を隠ぺいしたと見られています。

捜査当局が1982年の失踪事件についてバーマンと話したいと考え、面会を申し入れます。しかし予定されていた面会日の数日前、バーマンは遺体で発見されています。しかしダーストはこの時も逮捕されていません。

また、バーマンの死の翌年、ダーストの隣人がバラバラ遺体で発見され、ダーストは殺害を認めています。しかしこの殺人は正当防衛とされ、殺人罪には問われていません。

バーマンの件でダーストが逮捕されたのは2015年ですが、逮捕のきっかけはダーストの疑惑を追及するドキュメンタリー番組に出演時、マイクが付いているのに気が付かず、トイレで殺害についてつぶやいたことでした。

こんな記事も読まれています👉ポーカープロ、出入り禁止になったカジノを訴える

ニュースソース

:https://www.casino.org/news/robert-durst-denies-killing-las-vegas-casino-operators-daughter/ :https://edition.cnn.com/us/live-news/robert-durst-trial-08-11-21/index.html

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。