大阪IR:誘致の是非を問う住民投票条例案提出

大阪IR住民投票条例案
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

自民党大阪市議団は、住民にIR誘致の賛否を問うべきであるという考えを明らかにし、住民投票条例案を議会に提出する意向を示しました。10日開会の定例市議会に提出される予定です。

市議団は住民投票条例案提出の理由を、IR建設予定地の土壌汚染対策などに790億円の追加経費を大阪市が負担することとなり、住民から疑問視する声が上がっていることを挙げています。

大阪維新の会と公明党は条例案に反対する意向で、条例案は否決される見通しとなっています。

和歌山市では昨年末に住民投票条例案が提出されていましたが、1月25日反対多数で否決されています。

ニュースソース:https://www.asgam.jp/index.php/2022/01/29/wakayama-city-council-vetoes-ir-referendum-jp/

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。