レッドブルF1:マテシッツ氏死去によりルール違反めぐる交渉延期か

レッドブルレーシングカー
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

レッドブルの共同創業者、ディートリッヒ・マテシッツ氏の突然の訃報が世界中を駆け巡りました。F1界に多大な貢献をしたマテシッツ氏を多くの人が偲び、その功績をたたえるコメントを残しています。

そんなマテシッツ氏の死は、現在レッドブルレーシングが直面している問題にも影響を与えているようです。

こんなF1ニュースも🗞2023年のF1ラスベガスGPにMGMが一千万円パッケージ?!

FIA(国際自動車連盟)は今月10日、レッドブルが2021年のチーム予算上限ルールに違反をしていたことを発表し、違反容認合意を提示しました。提示された合意書の内容は公表されていませんが、罰金、来年度チーム予算上限の縮小、研究開発費の削減が含まれているのはないかとの憶測がなされています。

依然としてチーム代表のクリスチャン・ホーナー氏は「(違反はしておらず)上限を大幅に下回っていた」と主張しています。一方で、レッドブルサイドはFIAとの和解に向けた協議を進めているとも報道され、違反行為を認めたと受取る人もいるようです。

レッドブルは、マテシッツ氏の死去を受け、FIAとの違反容認合意に関する話し合いが保留になっていると発表しました。

以前は上限を守るために苦労すると言っていたレッドブルがなぜ「上限を大幅に下回っていた」ことが可能なのか、ホーナー氏の主張に首をかしげるライバルチームもあり、騒動の行方が注目されています。

ニュースソース:https://www.bbc.com/sport/formula1/63367847

F1にベットするならココ!

👉世界最大級の有名ブックメーカー:bet365

👉信頼厚い老舗👉ウィリアムヒル

👉日本語サイトができてパワーアップ:ベットウェイ

関連ブランド:レビューはこちらから

このニュース記事を共有する
Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。