ラッキーデイズ閉店:新しいギャンブル法?

ラッキーデイズ閉店
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

11月1日をもって閉店となるオンラインカジノのラッキーデイズですが、10月27日付でプレイヤーに送信されたEメール中に、閉店の理由を「新しいギャンブル法により」日本在住のプレイヤーへのサービスが提供できなくなったと挙げています。

ラッキーデイズのサポートに問い合わせたところ、この決定はキュラソーライセンスにおける変更によるものとのことですが、それ以上の具体的な回答は得られませんでした。

ジャパンギャンブラーズではラッキーデイズのいう「(キュラソーライセンスのうちのひとつであるゲーミング・キュラソーの)新しいギャンブル法」は現状認識しておりません。

ラッキーデイズは4つあるキュラソーライセンスのうちのGaming Curacao/ゲーミング・キュラソーの下運営をしています。他にも カジノシークレット、コニベット、マネキャッシュ など、多くのオンラインカジノがゲーミング・キュラソー下で運営しており、ジャパンギャンブラーズは今後も調査していきます。

法律に関する記事ならこちらもどうぞ👉オンラインギャンブルは違法?合法?違法性に迫る

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。