大坂なおみ、自身のスポーツエージェンシーを設立

大坂なおみ
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

大坂なおみ(24歳)はIMGを退社し、スチュアート・デュギッドと共に自身のスポーツエージェンシー「EVOLVE」を設立したことを明らかにしました。スチュアート・デュギッドはIEM社のシニア・バイスプレジデントで、共にIMG社を退社します。

日本人選手として初めてグランドスラムを制した大坂は、1年前の全仏オープンを棄権し、長年うつ病を患っていることを明かして以来、アスリートのメンタルヘルスとウェルビーイングの第一人者として浮上しています。

デュグイッドと大坂は、昨年の東京オリンピックでこのベンチャーについて話し合ったそう。

「私はこれまで、期待されていることや伝統的なことではないと言われても、自分のやり方で物事を進めてきました。【EVOLVE】は、アスリートそしてビジネスウーマンとしての私のキャリアにおける、自然な次のステップです。また、自分らしく、自分のやり方で物事を行い続ける方法です。」

と語りました。

過去のインタビューで、「テニス選手でなかったら何をしていたか」の問いに、「なんだろう?でも私はスポーツが好きだから、最終的にはエージェントになっていたかもしれませんね」と答えるビデオが、大坂なおみの公式ツイッターに投稿されています。

ニュースソース:

  • https://www.skysports.com/tennis/news/12110/12611056/naomi-osaka-four-time-grand-slam-champion-to-launch-own-sports-agency 
  • https://twitter.com/naomiosaka/status/1524468414277898240

記事を共有する

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪