リオネル・メッシ:バルセロナのスター選手、50%の減俸での残留に合意

メッシ、バルサに残留
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

リオネル・メッシは、2026年までの契約でバルセロナに残留することに合意しました。この契約には、サラリーを以前の半分に引き下げることが含まれています。

34歳のメッシは、1シーズン1億2300万ポンドと報じられていた契約が6月30日に満了し、フリーエージェントに。パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティ、アメリカのメジャーリーグ・サッカーへの移籍も噂されていました。

しかし13歳でFCバルセロナに加入し、17歳でトップチームデビューして以来ずっとバルセロナで活躍してきたメッシは「ワン・クラブ・マン」としてのキャリアを続けることにしたようです。

ただし、リーガ・エスパニョーラがメッシ選手登録前に他選手の売却による人件費削減を要求していることや、コパ・アメリカで優勝した後、選手自身が休暇中であることなどの理由から、正式発表は2週間後になる見込み。

ジュニオル・フィルポ、ジャン=クレール・トディボ、カルレス・アレナなどの主力選手は予算を確保するためにすでに売却されていますが、その他の大物選手の退団も必要になりそうです。

契約には契約解除条項が含まれており、メッシは2年後にクラブを離れることも可能。現在のようなやる気と体調が良ければ、メジャーリーグ・サッカーへの移籍は急ぐこともないでしょう。

メッシは、バルセロナの歴代最多得点記録である672ゴールを記録し、リーガ・エスパニョーラで10回、チャンピオンズリーグで4回、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で7回の優勝を果たし、史上最多となるバロンドール(世界年間最優秀選手)を6回受賞しています。

ニュースソース:BBC Sports

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!オンカジ業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪