オーストラリアの豪邸、謎の買い手はあのオンラインカジノのCEO

エディ社長の新居
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

オーストラリア、メルボルンの3850万豪ドル(約36億円)の豪邸の謎の買い手は、暗号通貨ゲーミング事業の共同創設者であることがオーストラリアのメディアによって明らかにされました。

メルボルンのトゥーラックにあるこの邸宅は、オーストラリアで最も高価な不動産の1つです。6,500平方フィートの敷地に3台が収まる車庫、4室のベッドルームと4室のバスルームを備えた豪邸の新オーナーとなったエド・クレイブン氏はまだ26歳という若さ。

2017年にコミュニティベースのベッティングプラットフォーム(カジノ&ブックメーカー)「Stake.com」を設立したエド・クレイブン氏。現在では50万人以上の登録ユーザーを抱え、UFCや英プレミアリーグのワトフォードFCとスポンサー契約を結び、マルチプラチナレコードを売り上げたミュージシャンのドレイクともパートナーシップを結んで注目されています。また、クレイブン氏自身もプレイ配信を行っており、1万2千人のチャンネル登録者を抱え「エディ社長」として親しまれています。

シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH)によると、同社の企業価値は10億ドル以上と推定されており、クレイヴン氏はマン島に拠点を置くB2B暗号ゲームソフトプロバイダのEasygoも所有しています。

豪邸のインテリアはアールデコ調で、曲線が美しい階段やモダンな彫刻が飾られています。敷地内にはプール、裏庭には庭園と屋外エンターテインメント・エリアがあり、リゾート気分を盛り上げてくれます。

クレイヴン氏の以前の住まいは、メルボルンのサウスバンク地区にある1,500万豪ドル(約14億円)のペントハウス。今回、2倍以上の価値がある屋敷への引っ越しとなりました。

ニュースソース:https://www.casino.org/news/worlds-biggest-cypro-betting-site-founder-just-bought-a-28m-mansion/

記事を共有する

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪