マカオ巡査が情報漏洩し賄賂受領の疑い

マカオの夜景
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

マカオ治安警察局交通課の副巡査長が機密情報を提供し、賄賂を受領した疑いが持たれています。

マカオの汚職防止委員会が発表した内容によると、副巡査長と妻はカジノVIPゲームルームのオーナーと親しく、何度も当ゲームルームを訪れていました。副巡査長は当オーナーに警察に関する情報を漏洩しており、情報提供の見返りとして金銭と高級ホテルでの宿泊の提供を受けていました。

当局は副巡査長の自宅およびVIPゲームルームから多額の現金、通信機器、書類などを押収しています。

今のところVIPルームの所有者の身元は明らかにされていません。

ウォン・シオ・チャック治安担当長官は昨年、当局が2014年以降、情報への不正アクセスをした疑いで拘束・調査した警察官は17名に上ることを明らかにしていました。

ニュースソース:https://www.macaubusiness.com/public-security-police-force-sergeant-suspect-of-receiving-bribes-from-vip-gaming-room-owner/

こんなニュースもありました👉マカオのカジノライセンス:今まで通り6つ、期間は短縮

 

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。