マカオのカジノライセンス:今まで通り6つ、期間は短縮

ギャンブルハブ、マカオ
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ポルトガルの旧植民地、そして今や世界最大のギャンブルハブとなったマカオで、新たに営業を許可されるカジノ事業者の数は引き続き6ライセンスに限定、しかし営業期間は10年に半減されます。

カジノ経営者、投資家、そしてアナリストが待ち望んでいたこの発表は、中国が支配するマカオの事業者数を政府が変更するのではないかという懸念に終止符を打ちました。

当局は近年、カジノに対する監視を強化し、中国本土からの不正な資金流入、地下融資や違法な現金輸送を取り締まっています。

Wynn Macau, Sands China, MGM China, SJM Holdings, Galaxy Entertainment, そしてMelco Resortsの6事業者のライセンスはすべて今年6月に失効予定です。

米カジノ企業のラスベガス・サンズ社とウィン・リゾーツ社の株価は10%上昇し、MGMリゾーツは始値前に4%上昇、メルコの米国上場株は12%上昇しました。

政府は、すべての既存または潜在的な事業者は、新たな入札プロセスを通じて申請する必要があると述べました。また、ウェブサイトに掲載された政府の通知によると、事業者がいつ入札しなければならないか、または現在のライセンス期間が延長されるかどうかについては詳しく述べられていません。

カジノ運営会社の資本金を2億パタカから50億パタカ(6億2367万ドル)に増やし、マカオ在住の取締役が10%から15%の株を保有することが条件とされています。

マカオのカジノ株は昨年9月、新規ライセンスに対する国民の合意を得るための公開ゲーミングコンサルテーションを前に、市場価値が数十億ドルも下落しました。

この協議では、ライセンスの数、従業員の福利厚生、カジノでの日々の運営を監督する政府代表の導入など、9つの分野に焦点が当てられました。

ギャンブルへの依存度が高いマカオに警戒感を強めている北京は、ライセンスの再入札プロセスをどのように判断するのかをまだ発表していません。当局にアピールするため、事業者は企業責任を強化し、ゲーム以外のサービスを多様化させようとしています。

ニュースソース:https://www.reuters.com/business/macau-limits-new-casino-licences-6-last-up-10-years-2022-01-14/

記事を共有する

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪