マカオの複数カジノ、ジャンケットが運営するVIPルームを閉鎖

ジャンケット大手のサンシティグループ
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

マカオの複数のカジノが、ジャンケット業者が運営するVIPルームを閉鎖すると発表しました。 マカオに2つのカジノを所有するウィン・マカオ、3つのカジノを所有するメルコ・リゾーツ&エンターテイメントについては、これらのVIPルームを12月末までに閉鎖するとしています。

これは、地元のギャンブル業界にとって大きな打撃となるニュースです。

匿名の情報によると、このニュースはサンシティ・グループの元CEOであるアルビン・チャウが最近逮捕されたことを受けたものです。VIPギャンブルを専門としていたチャウの逮捕は、マカオのカジノにおけるジャンケット運営に終止符を打つ可能性があります。

チャウはギャンブルが禁止されている中国本土からアクセスできるオンラインギャンブルプラットフォームを運営しているとして告発され、 マカオ警察に拘束されています。

マカオのVIPギャンブル収入の75%はジャンケットが占めており、その額は毎年約30億ドルにも上ります。マカオ最大のジャンケット業者であるサンシティグループはすでに営業を停止しており、今後もいくつかのジャンケット業者が営業を停止すると予測されています。

一方、マカオのカジノは12月に入って好調なスタートを切っており、ゲーム総収入は前週比14%増、マスマーケットの1日あたりの ゲーム総収入は、11月の平均と比べて20%増加しました。

この増加は、ここ数週間のマカオ内外の観光客の動きが安定していることを理由に挙げています。12月までの1週間の平均観光客数は、新型コロナウィルスの大流行前以来の高水準となり、5万8千人がマカオを訪れました。

ニュースソース:https://www.gamblinginsider.com/news/14135/macau-casino-revenues-under-threat-as-junket-operated-vip-rooms-to-close

記事を共有する

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪