マカオ:2024年までにカジノの全スロットに時間表示義務

マカオのカジノ、全スロットに時計設置義務
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

カジノのメッカ、マカオのゲーム規制機関DICJは、カジノ運営者に全スロットマシンに断続的に点滅する時計を設置するよう伝えました。設置までの猶予期間は2024年末です。

タイマーが設置されたスロットではプレイ開始の際と、その後10分おきに時刻が点滅して表示されるようになります。

通常ランドカジノでは24時間同じ雰囲気を保つよう、意図的に時計は設置されていませんが、DICJは2012年より【責任あるプレイ/責任あるギャンブル】を積極的に推進しており、今回もその取り組みの一環です。

ニュースソース:https://www.casino.org/news/macau-casinos-must-have-clocks-on-all-slots-by-2024/

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。