インサイダー取引の疑い:レオベガスは調査に全面協力を発表

レオベガスとMGM
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

大手オンラインカジノブックメーカーレオベガス/LeoVegasは、株式のインサイダー取引の疑いで調査を開始したスウェーデン経済犯罪局(Swedish Economic Crime Authority/SECA)に全面的に協力することを発表しました。経済犯罪局は6月7日、ストックホルムにあるレオベガス本社を抜き打ちで訪れ、同日レオベガスに調査開始を通知しました。

調査開始を受け、レオベガスは従業員、経営陣、役員はいかなる犯罪行為に関し通知された者はいないと述べています。

5月、アメリカの大手カジノのMGMリゾーツ・インターナショナルはレオベガスに対し、約6億700万ドルでの買収を提案し、レオベガスの取締役会は前回一致でこの提案の受け入れを株主に推奨しています。9月には取引が完了すると見られています。

MGMリゾーツはスウェーデン証券評議会から承認を受け、当買収はスウェーデンの買収規則に沿ったものであることを確認しているとしています。

スウェーデン経済犯罪局による今回の調査がどのような結果となるのか、またMGMリゾーツとの取引にどのように影響するのかが注目されます。

ニュースソース

:https://www.gamblinginsider.com/news/16670/leovegas-under-investigation-by-the-swedish-economic-crime-authority

:https://www.casino.org/news/leovegas-facing-insider-trading-probe-stockholm-office-raided/

このニュース記事を共有する
Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。