オンラインゲーミング【シグマ2021】カンファレンスレポート!

SIGMAカンファレンスレポート
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

昨年はコロナ禍で中止となったオンラインゲーミング・カンファレンス【シグマ】ですが、今年は参加者のワクチン接種証明書の提示を条件に本日から3日間、マルタで開催されています。

ジャパンギャンブラーズのスタッフもシグマへ直撃、いくつかのカジノの関係者とお会いしてきました。

今年も、会場へ入ってすぐ正面に大きなブースを設置しているのはビデオスロッツ / ミスターベガス。日本市場では人気ナンバー1とは言えませんが、ヨーロッパでの人気が伺えます。

ミスターベガス&ビデオスロッツ
ミスターベガス&ビデオスロッツのブース

会場の中心に3階建ての目立つブースを設置していたのはAmazing Gamingというライブカジノプロバイダー。これまであまり耳にしたことのないプロバイダーですが、クオリティはエボリューションに似ており、今後注目のプロバイダーと言えます。

アメージングゲーミング
アメージングゲーミング

その近くに大きなブースを構えていたのは、決済サービス会社のタイガーペイ。タイガーペイを導入しているオンラインカジノは既にいくつかありますが、カード発行しており、使い勝手の良い決済サービスなので今後の普及が望まれます。

今年の印象としては、大手ゲームプロバイダーは広告のみでブースを設置しておらず、Caleta GamingやGamzixなどの新ゲームプロバイダーが積極的に活動していました。

オペレーターも同様で、レオベガスカジ旅ポーカースターズ1xBETといったおなじみのブランドのブースは見当たらず、代わりにツインカジノコンクエスタドールGGポーカーなどの比較的新しいブランドのブースが目立ちました。

そんな中、いくつかのオペレーターと短いミーティングの場を持ったジャパンギャンブラーズ。

先日のルビーストア騒動でプレイヤーの中には失望した方も多いと思われるカジノミー関係者は、前回のミスを反省し、信頼を取り戻すべくプレイヤーたちに喜んでもらえるプロモーションを検討中のようです。

また、リブランディングを行いサイトのイメージが一変したチェリーカジノ賭けっ子リンリンは、今後Eスポーツを含むスポーツベッティングにも更に力を注いでいきたいとのこと。

オンラインギャンブルサイトが増え続けている現在、新ブランドの活躍と老舗ブランドの今後の動きが注目されます。

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪