有馬記念2021:ブックメーカーのオッズ比較

有馬記念2021オッズ比較
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

競馬ファンにとって一年を通してもっともアツいレースのひとつである有馬記念が26日、中山競馬場で行われます。

公開枠順抽選会が23日に行われ、このレースがラストランとなるG1・4勝馬、クロノジェネシスは4枠7番に決まりました。ステラヴェローチェと秋の天皇賞を制したエフフォーリアはそれぞれ5枠9番、5枠10番、 菊花賞Vのタイトルホルダー は8枠16番となりました。

競馬予想サイトでは一番人気はエフフォーリア、対抗馬としてはステラヴェローチェという見方が多いようです。

大手ブックメーカーウィリアムヒル/William Hill Bet365/ベット365ではともに最低オッズはエフフォーリア、次にクロノジェネシスの順ですが、タイトルホルダーとステラヴェローチェのオッズが全く異なります。タイトルホルダー推しならBet365、ステラヴェローチェならウィリアムヒルに注目!ただしオッズはいつ変わるとも限らないのでベットするタイミングを見極めましょう!

競走馬ウィリアムヒルBet365 
エフフォーリア2.22.0
クロノジェネシス2.52.5
タイトルホルダー8.0015.00
ステラヴェローチェ11.005.00
ディープボンド21.0023.00

 日本時間24日21:30現在

これが最後のレースとなるクロノジェネシスの引退式は有馬記念終了後に引き続き行われます。クロノジェネシスの有終の美となるか、注目のレースは26日!

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。