ポーカープロがイビサ島の空港で大量の麻薬所持により逮捕

有名ポーカープロがイビサで逮捕
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

7月16日(金)の早朝、スペイン・イビサ島の空港で逮捕された33歳の男のスーツケースから1.5キロ以上の異なる種類の麻薬が検出され、イビサ島第1裁判所の判事によってこの男を拘留する命令に署名しました。

容疑者は有名なプロポーカープレイヤーで、公衆衛生に反する犯罪(麻薬密売)の容疑者として法廷に立たされました。当初、捜査関係者の間では、この抑留者は釈放されたと報じられていましたが、20日、司法関係者が確認したところによると、出廷後、拘留者は刑務所に送られたとのこと。

裁判所はこのポーカープロの名前をまだ伏せていますが、彼はイタリアとクウェートの二重国籍を持つ33歳だと言われています。彼は、ラスベガスからチャーターしたプライベートジェットに、他のポーカープロ数人を含む30人と乗っていました。

イビサ空港でポーカープロの荷物から大量のドラッグが
イビサ空港でポーカープロの荷物から大量のドラッグが

イビサ空港で税関監視官が行った乗客の検査で、男のスーツケースの中に有機物や小さな容器をスキャナーで確認、検査すると中から10種類以上の麻薬物質(315gのコカイン、171gのツチビ/2CB/ピンクコカイン、705gのハシッシュ、80gのクリスタル、同量のマリファナ、スピード、エクスタシー、マジックマッシュルーム、ポッパー、L.S.Dなど)が検出されました。

税関は薬物の他にも6,220ユーロ、1,785米ドル、485ポンド、100クウェートディナール、101,200タイバーツの現金も押収しています。

アップデート:身元を伏せられていた有名ポーカープレイヤーはSalman Behbehani と判明。 Salmanは、クウェートで最も裕福といわれるいくつかの一族のメンバーであると言われています。

ニュースソース:https://www.periodicodeibiza.es/pitiusas/ibiza/2021/07/21/1285733/ingresa-prision-estrella-del-poker-aterrizo-ibiza-kilos-drogas.html?utm_source=twitter&utm_medium=web

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!オンカジ業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪