European Safer Gambling Week/ヨーロッパ安全ギャンブルウィーク開催

EuropeanSaferGamblingWeek2021
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

European Gaming and Betting Association による、第一回European Safer Gambling Weekが 11月1日から7日まで開催されています。

本イベントは、ヨーロッパにおけるプレイヤー、ギャンブル企業、規制当局や一般の人々の間で以下のことを推進することを主な目的としています。

  • より安全なギャンブルに対する認識を高めること
  • 安全なギャンブルのための規制についての知識や情報の共有
  • そして安全なギャンブルを促進するためのツールの知識と情報の共有
  • 安全なギャンブルのためのヒントや最新調査についての情報の共有

先日、このイベントでAIと データサイエンスを専門としているFutureAnthem社が興味深い調査結果を発表しました。

FutureAnthem社の調査によると、危険なギャンブルプレイのリスクにあるプレイヤーを特定するマーカーと、ゲームの持つ三つの要素であるボラティリティRTP、そしてヒット率との間には「統計的にはっきりした」相関性は見られなかったということです。

一方で、この調査ではプレイする時間帯と、通常とは異なるプレイパターンをすることなどの要素は危険なギャンブルプレイのリスクを高めるという結果が出ています。

午前0時から午前6時までのプレイは他の時間帯に比べ36%もリスクが高まり、リスクの高いセッションを終えたプレイヤーは繰り返しプレイする可能性が7倍高いという結果が発表されています。

調査はGamesys社における3,600万分のゲームセッションに対して行われました。

⛑安全なプレイは必須です!こちらの記事もどうぞ👉 厳格化する「責任あるプレイ」でオンラインギャンブル業界はどう変わる?

ニュースソース

  • https://www.egba.eu/news-post/european-safer-gambling-week-1-7-november-2021/
  • https://www.igamingcapital.mt/no-correlation-between-markers-of-player-harm-and-game-volatility-rtp-or-hit-rate-finds-survey/
Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。