盗んだカード情報で高額宝くじ当たるもその先は・・・

カードリーダー
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

嘘のような話ですが、イギリスで起こった詐欺事件。

二人の男は盗んだデビットカード情報を使い、実店舗でさまざまな買い物をしていました。その買い物の一つが5枚のスクラッチカードで、二枚が当選していました。一枚の当選金は10ポンド、もう一枚の当選金は4万ポンド(約150万円)であることが判明します。

10ポンドの方はすぐに現金で支払われましたが、高額賞金の方は銀行口座に支払われます。二人は宝くじの運営元に電話し、「銀行口座を持っていない」ことを伝えます。しかしこの宝くじはデビットカードより購入されており、デビットカードは当然銀行口座と繋がっていることから、ここで疑いの目を向けられることになりました。

二人は現金での支払いを要求しますが、それは聞き入られず、立腹した二人はあろうことかマスコミに行き、「すぐに賞金が支払われなかったことは不正だ」と主張しました。このことからさらに疑惑が深まり、逮捕されるに至りました。

ニュースソース:https://www.euroweeklynews.com/2021/12/18/buying-winning-lottery-ticket-with-stolen-card-leads-to-jail/

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。