BGO、停止されたライセンスを自主的に引き渡し

BGO、UKライセンスを明け渡し撤退
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

先月、英国ギャンブリング委員会(UKGC)によって英国でのライセンスが停止されたBGOカジノは、市場から撤退し、英国のカジノデータベースを売却することを決断しました。BGO.comドメインは英国外プレイヤーは利用可能ですが、英国内のプレイヤーは現在、決済ページのみアクセス可能でゲームをプレイすることはできません。このBGOドメインも販売される予定です。

英国外でライセンスを取得している同社のサイト、powerspins.com、vegasluck.com、chilli.comのプレイヤーへのサービスは継続されています。また、オルダニーライセンスを取得している7Casino.comも利用可能です。

BGOの代表者は「罰金額が運営規模に比例せず、厳しく規制された市場で運営を続けることは【ほとんど意味がない 】 」と語っています。

「BGOが9年間の成功の後にライセンスを放棄したことは残念ですが、プレイヤー、スタッフ、アフィリエイトパートナーを潜在的債務不履行から守るためには正しい決断でした。我々のデータベースとブランドのオファーに興味のある、英国市場に意欲を残している他の事業者を歓迎します」と続けました。

かつて英国で人気を博したBGOは、英国において43万のアクティブアカウントを全ブランドで抱えており、 9年に渡り3億ポンドの純ゲーム収益を生み出してきました。

英国ギャンブリング委員会は2021年10月15日にBGO Entertainment社のライセンスを即日停止し、BGOは10月22日に運営ライセンスを明け渡しました。

BGOのサイト評価は高く、良い評判も得ており、ブランディングは非常に成功していました。しかし新しい規制要件への対応が遅れたことから、一部の広告が厳しいUKGCのルールに抵触してしまい、今回の決定に至ったようです。

ニュースソース:https://igamingbusiness.com/bgo-owner-puts-player-database-up-for-sale/

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪