バリーズが福岡のIR進出表明

米カジノ会社、バリーズが福岡でIR事業に興味
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

アメリカで14のカジノを所有する投資会社、バリーズ・コーポレーション/Bally’s Corporationが30日、福岡市で会見を開き、福岡市を候補地とするIR(統合型リゾート事業)事業への進出構想を発表しました。

誘致を目指す地方自治体は入札で事業者を選定し、今月28日までに国に区域整備計画を提出する必要がありますが、福岡市はIR誘致に立候補しておらず、民間企業からIR誘致の提案を行うのは異例のことです。

バリーズは福岡市に企画計画書などを提出したことを明らかにしました。「60年代の古き良きアメリカ」をコンセプトに2028年に福岡市東区の海の中道海浜公園での開業を目指し、年間460万人の来場者を見込んでいます。

福岡市の高島市長は2月3日の市議会においてIR誘致は検討していないと述べています。

ニュースソース:https://www.ggrasia.com/ballys-eyes-fukuoka-hopeful-of-new-round-of-ir-bids/

大阪の最新IR状況はこちら👉MGM : 大阪IR入札に必要な府・市の認可を取得

 

記事を共有する

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。