888のウィリアムヒル買収は2022年第2四半期に完了する見込み

888が米国以外のウィリアムヒルを買収
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

888ポーカー/カジノ/スポーツで知られる888ホールディングスは、ウィリアムヒルの米国以外の資産の買収を2022年第2四半期に完了する見込みです。これは、昨年11月に「第1四半期の完了」を見込んだ発表から変更されたものです。

888は直近の更新で、第2四半期に買収と増資を合わせたサーキュラー(パンフレット)と目論見書を発行し、その後、株主投票で買収を最終決定すると述べました。

11月の発表では、増資の概要は新株発行により888は5億ポンド(約780億円)の総収入を確保する意向を表明しています。

すでに独占禁止法およびゲーミング規制に関する必須条件をすべてクリアしているため、残るハードルは少なく、未解決の条件が満たされればその後買収が完了する見込みです。

888は白熱したオークションの末、9月9日にウィリアムヒルのオーナーであるシーザーズ・エンターテインメントと、同社の米国以外の資産を22億ポンドで買収する契約を締結したと発表しました。

当時、888の最高経営責任者Itai Pazner氏は次のようにコメントしています。「William Hill Internationalの買収は、888の歴史において大きな変革をもたらすものであり、非常にエキサイティングな瞬間です。この買収により、多様性、そして力強い成長のためのプラットフォームを持つ大スケールの優れたブランドとなり、世界有数のオンラインベッティング&ゲーミンググループが誕生することになります。」

最近のニュースでは、888はB2CとB2Bのビンゴビジネス全体をSaphalata Holdingsに5,000万ドルで売却することに合意しました。この売却は2022年第2四半期に完了する予定であり、同社にとってすでに忙しい3ヶ月間に拍車がかかっています。

ニュースソース:https://www.gamblinginsider.com/news/14420/888-expects-to-close-william-hill-acquisition-in-q2-2022

記事を共有する

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪