2021WSOPメインイベント優勝者はアルデミール

アルデミール2021WSOPチャンピオン
著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

毎年数々のドラマを生みだす一大ポーカーイベント、2021WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)メインイベントが終了し、ドイツ人ポーカープロ、Koyay Aldemir/コライ・アルデミールが6,650人の頂点に輝きました。

アルデミールは栄光と800万ドル(およそ9億1千5百万円)、そして念願のゴールドブレスレットを手にしました。過去にはWSOPのイベントOneDropHighRollerで3位に入賞し、210万ドルを獲得するなどしています。今回の優勝によりこれまでの賞金総額が2000万ドルを超え、世界賞金ランキングでは67位に、ドイツ人プレイヤーとしては4位に躍り出ました。

チャンピオン誕生の瞬間

ヘッズアップではチップリーダーとしてファイナルテーブルをスタートしたアルデミールと、その次に多いチップでファイナルへ進出したアメリカ人のGeorgeHolmes/ジョージ・ホームズとの対決となりました。

勝負が決まったのはハンド#223。

アルデミール:107

ホームズ: K♣ Q♠

フロップの 10 7♠ 2でアルデミールはチェック、ホームズは6,000,000をベットし、アルデミールが19,000,000にチェックレイズ、そしてホームズがコールします。

ターンでは K♠ 、アルデミールは2分後36,500,000をベット、ホームズがコールします。

ホームズのオールインWSOP

次くリバーには 9♣ が表れ、2ペアを持つアルデミールがチェックで回します。会場に緊張が走る中、キングペアのホームズが133,000,000でオールイン!急激な展開を迎えます。

アルデミールがコール。 見事ブレスレットを獲得した瞬間でした。

ヘッズアップスタート時にはチップの差が2:1とリードしていたアルデミールですが、ホームズに徐々にチップを奪われ、一度はリードを許します。アルデミールはこのことについて「正直言ってとてもストレスを感じた。」と言います。「多くの人からの視線が自分に注がれている。簡単なことではない。すばらしいプレイをしたすべてのプレイヤーに敬意を表します。」とも述べました。

ヘッズアップで惜しくも敗れたホームズはポーカーの経験が豊富とは言えないながらも、すでに経験豊かなアルデミール相手に長時間にわたり手堅いプレイを見せました。

また、WSOPは11月17日、53回目となる次回の2022WSOPをBally’s and Paris Las Vegas Hotel & Casinoで開催することを発表しています。

👇 日本人プレイヤーが大活躍!

WSOP2021:岡村元義がイベント#72で優勝

WSOP2021:宮下、イベント#65で準優勝!ファイナルテーブルの様子

ニュースソース:https://www.pokernews.com/tours/wsop/2021-wsop/main-event/

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。