ギャンブル用語集

ギャンブル用語一覧

用語 意味
1235法 グッドマン法とも呼ばれ、基本となるベット額を決め、連勝した際に1・2・3・5倍と賭け金を増やしていくベット戦略
2:1 賭け金1に対して配当2の意味。2を賭けたら4が配当となり、賭け金を合わせると6が払い戻される。「3倍」と表現することもあるが3倍は戻される総額であり、これには賭け金も含まれている。純利益は賭け金の2倍ということ。英語読みは「2to1」
21 ブラックジャックの別名。配られたカードの合計が21となった場合、あくまでこれは21(トゥウェンティワン)であり、ブラックジャックではない
3ベット リレイズのことを指す。BB(ビックブラインド)がプリフロップで1BBの額を置いた時点で1ベット、オープンレイズがあると2ベット、この2ベットに対してさらにレイズすることを3ベットという
4ベット リリレイズのことを指す。BB(ビックブラインド)がプリフロップで1BBを置いた時点で1ベット、オープンレイズがあると2ベット、この2ベットに対してさらにリレイズすることを3ベット、3ベットに対するリリレイズを4ベットという
ABCポーカー  教科書通りなポーカーのプレイの仕方をABCポーカーという
AF AFはAggression Factorの頭文字をとったもので、アグレッション指数(プレイヤーのレイズ回数とコール回数の確率)のこと
Ante プレイヤー全員が支払う強制ベットの一形式で、ラウンドへの参加料のようなもの
Any Two 2枚のカードがその本人にとって何のカードでも問題ではないこと。Two(2)は「どんな(スターティング)ハンドでも、の意味 。例:僕は次のハンドは、Any twoでオールインするよ。
ATS ATSはAttempt to stealの頭文字をとったもので、プレイヤーがレイトポジションからブラインドをスチール(奪おうと)する頻度、または指標のこと。
Aゲーム 自分の能力を可能な限り発揮する最高のプレイ のことをAゲームという
B/C ベット/コール(Bet/Call)の略で、ベットし、それに対して相手にレイズされコールすることを指す
B/F ベット/フォールド(Bet/Fold)の略で、ベットし、それに対して相手にレイズされフォールドすることを指す
Badugi バドゥーギは「アシアンポーカー」「パトゥキ」としても知られており、ドローポーカーの一種。
BB ビッグブラインド(Big Blind)の略で、カードが配られる前に置かなければならない強制ベット。ビッグブラインド、スモールブラインド、ボタンは時計回りにプレイヤーへ順番に回っていく。
BR バンクロール(Bankroll)の略で、プレイするための資金のこと。
BRM Bankroll Management(バンクロールマネージメント)の略で、「資金管理」のことを指す
BSS ビッグスタックストラテジー(Big Stack Strategy)の略で、大きなスタックでプレイする際の戦略のこと 。ビッグスタックはディープスタックとも言う
BU ボタン(Button)の略。最も有利なポジションで、ボタンはハンドごとに時計回りにプレイヤーに回っていく。「ディーラー」ともいう。
C/B チェックビハインド(Check Behind)の略で、相手がチェックした後でチェックすること
C/C チェックコール(Check Call)の略で、チェックでまわし、相手がベットしてきたらそれにコールすること
C/F チェックフォールド(Check Fold)の略で、チェックでまわし、他のプレイヤーからベットがあればフォールドすること
C/R チェックレイズ(Check Raise)の略で、チェックでまわし、相手からベットがあればそれに対しレイズすること
CO カットオフ(Cut Off)の略で、ボタンの前のポジション。レイトポジションにあたり、有利なポジションである
DNB DNB(ディーエヌビー)はDraw No Bet(ドローノーベット)の頭文字を取ったもので、引き分け(ドロー)のあるスポーツに賭けた際、試合の結果が引き分けとなった場合は賭けはなかった(ノーベット)ことと見なされ、返金されるベットのこと。
DP Disconnect Protection(ディスコネクトプロテクション)の略で、回線接続切断保護のこと。プレイヤーのインターネット接続が切断された場合でも、そのプレイヤーのベットを保護するための手段で、通常そのような場合は相手がチェックならチェックとされ、相手がベットすればフォールドとみなされる
ecoPayz エコペイズ(ecoPayz)はオンライン決済サービスの一つで、オンラインショッピング、オンラインゲームサイトの決済に使える電子ウォレット。日本語対応のアプリあり。 2021年現在、日本市場のオンラインギャンブル入出金で最も普及している電子ウォレット。
EP アーリーポジション(Early Position)の略。10人テーブルの場合だと、BBから次の3人までのポジションを指す
EV Expected Value(エクスペクテッドバリュー)の略で、期待値のこと。あるアクションを選択したときに結果として見込まれる利益・損失の指標
Eウォレット E(イー)ウォレットは一種のプリペイドオンライン口座で、オンライン取引のために資金を蓄えておくことができ、入金や出金の決済ができる。電子マネー、電子ウォレットとも呼ぶ。
Fail フェイルは、失敗する、しくじる、不合格、などの意味がある。ログインに失敗した際などにも表示される。
FL Fixed Limit(フィックスドリミット)の略で、予めベットやレイズの額が定められているストラクチャーのゲーム
FR Full Ring(フルリング)の略で、7人以上のプレイヤーがいるゲームのこと
GTO Game Theory Optimal(ゲームセオリーオプティマル)の略で、ゲーム理論最適化という意味。相手がどのような戦略を取っていようとも、つけいられる隙を作らないプレイの戦略、弱点のないプレイ戦略のこと
H.O.R.S.E 「ホース」は5つの異なる種類のポーカーを連続して順番にプレイするゲームで、通常ある一定の時間が経つとゲームが変更され、以下の順序でプレイされる。 H:ホールデム → O:オマハ Hi/Lo → R:ラズ → S:セブンカード スタッド → E:エイト オア ベター(セブンカード スタッド HI/LO)
Hi/Lo High / Low(ハイ/ロー)の略。ポーカーやカジノゲームでこの形式のゲームを見ることが出来る。ポーカーでは…
HU Heads Up(ヘッズアップ)の略で、2人のプレイヤーによるゲームのこと
ICM Independent Chip Model(インディペンデントチップモデル)の略で、トーナメントの各プレイヤーの優勝確率と賞金期待値を計算する数学的システムのこと。ファイナルテーブルでディールが行われる場合、このICMに基づいて賞金獲得額が決まることが多い。
ID ID/アイディーは identity card(アイデンティティ・カード)の略で、身分証明書のこと
IP In Position(インポジション)の略で、プレイヤーが相手より後に行動を起こせる有利なポジションのこと。
IR IR(アイアール)はIntegrated Resort(インテグレーテッド・リゾート)の略で、「統合型リゾート」のこと
ITM In The Money(インザマネー)の略で、トーナメントで賞金を得ることが保証された順位に入賞すること。日本では「インマネ」とも言う。
iWallet オンライン決済サービスの一つ。
KO ノックアウト(knockout)の略で、一般的に「倒す」という意味。ギャンブルシーンでもよく使われ…
KYC KYC/ケーワイシーはKnow Your Customerの略で、「顧客を知ること」という意味。取引関係の維持に伴うリスクを確認するための本人確認、適合性確認のこと。オンラインギャンブルサイトでは身分証明書、住所確認書類、決済証明書を必要とする。
LAG ルーズアグレッシブ(Loose Aggressive)の略で、多くのハンドをアグレッシブにプレイするプレイスタイルのことを表す。
LH ロングハンド(Long Hand)の略で、7人以上のプレイヤーがいるゲームのこと
LP レイトポジション(Late Position)の略で、ボタンやカットオフ、ハイジャックなど、アクションを他のプレイヤーより後に取るポジションのことを指す
Max(Maximum) Muximum/マキシマムは「最大の」という意味。略して「MAX/マックス」と言われる。マックスベット(最大ベット)、マックスウィニング(最大賞金)などと使われる。
Min(Minimum) Minは ミニマム(Minimum)の略で、「最小」の意味。またはミニッツ(Minutes)の略で、時間の単位を表す「分」の意味。
MP ミドルポジション(Middle Position)の略で、ボタンから見て中間に位置しているプレイヤーのこと。ブラインドよりも後にアクションを取るが、ボタンより先にアクションを取ることになる
MTT MTTとは、MTT(Multi Table Tournament/マルチテーブルトーナメント)の頭文字をとったもので、WSOPのメインイベントなど、参加者が多く複数のテーブルで行われるトーナメントのことを指す。また、1つのテーブルで行われるミニトーナメントのSpin&GoなどはSTT(Single Table Tournament/シングルテーブルトーナメント)と呼ばれる。
M値 M値(M-Ratio)は、トーナメントにおけるプレイヤーのスタックを測定する値で、ブラインドアウト(アクションを起こさずフォールドし、ブラインドを払うことでスタックが無くなる)となる前にどれだけ持ちこたえられるかを表す数値。
NL ノーリミット(No Limit)の略で、ベット構造の一種。ベットやレイズのサイズに上限がないこと。
o オフスート(offsuit)の頭文字を取ったもので、スートがバラバラという意味。主に手札を説明する際に使われる。アンスーテッドも同じ意味。
OESD O=オープン E=エンド  S=ストレート D=ドロー(Open Ended Straight Draw)の頭文字を取ったもので、4枚の連続した数値のカードが手札とボードにあり、両端の数値が現れるとストレートが完成となるハンドのこと。
OOP アウトオブポジション(Out Of Option)の頭文字を取ったもので、相手よりも先にアクションを行わなければならないポジションのこと
OTB Off The Board(オフ・ザ・ボード)の略で、ブックメーカー側でまだオッズが決定されていない時に表示される。
PFR プリフロップレイズ(PreFlop Raise)の略で、プリフロップでレイズを行う頻度・率の略こと
PO Playoff(プレイオフ)の略で、再試合、優勝決定戦、決勝戦のこと。
PSTP 「postpone」の省略で、延期、の意味。試合や大会が先送りされたり、見合わせになると表示される。
Q Qとは、トーナメントにおける平均スタックを指す。個人のスタックと平均スタックを見て、トーナメントの相対的位置を知ることができる。Qレシオ、Qナンバーとも言われる。
Race to どちらが先に、の意味で、例えば「Race to 3」と表示されているマーケットの賭けは、どちらのチーム/選手が先に3点を獲得するかを予想するベット。Race to 5やRace to 10など、スポーツによって多くの選択がある。
Razz Razz/ラズは、セブンカードスタッドの変則形ポーカー。コミュニティカードはなく、2~9人のプレイヤーでプレイされる。各プレイヤーは2枚の裏向きカードと1枚の表向きカードを受け取り、プレイ開始。ストリートの経過と共にプレイヤーはさらに3枚の表向き、1枚のホールカードを受け取る。これら7枚のカードから役を作り、最も弱いハンドを持ったプレイヤーがポットを勝ち取る ゲーム。
RIO リバース・インプライド・オッズ(Reverse Implied Odds)の頭文字を取ったもので、後のストリートで失う可能性のある損失を表す値。インプライドオッズは予想できる利益を表す値なのに対し、RIOは逆の可能性の値となる。
RNG RNG/アールエヌジーはRandom Number Generator(ランダム・ナンバー・ジェネレーター)の略で、乱数発生器のこと。
ROI Return On Investmentの頭文字を取ったもので、投資利益率の意味。投資(バイイン)と見返り(賞金)のある割合、すなわち、いくら投資していくら利益を得たかを示す割合のこと
RTP RTP/アールティーピーはReturn To Playerの略で、プレイヤーに戻される還元率のこと。カジノゲームにはゲームのルールから計算される理論的なRTPがある
s スーテッド(suited)を意味し、同じスート、ということ。主に、ゲームの解説や説明などで、ハンドのカードを表すときに使われる。「56s」と書かれていれば、5,6の同じスートのカードということになる。
SB Small Blind(スモールブラインド)の略。SBはポジションを表し、ボタンの次のポジションとなる。SBはテーブルの最小ベット額の半分の強制ベットを置かなければならず、ハンド毎にポジションは時計回りに移動する。
SH Short Hand(ショートハンド)の略で、3~6人のプレイヤーで行うゲームのことを指す
Shove シャブ、に近い発音で、押し出す、突き出す、という意味からオールインすることを指す
SNG Sit & Goというトーナメントの略。シングルテーブルトーナメント、マルチテーブルトーナメントの両方があるが、定員は少なめの設定のトーナメントとなっている。
SPR Stack-to-Pot Ratio(スタックポットレシオ)の略で、スタックとポットの比率の指標となる。スタックサイズとポットの大きさを関連付け、「リスクとリワード」の比率を表し、計算式は 有効スタック数 ÷  ポット内の資金 = SPR となり、SPRの値によってその後のプレイの仕方を判断することができる。
SSS Short Stuck Strategy(ショートスタックストラテジー)の略で、スモールスタックでプレイする際の戦略のこと
Stats statistics(スタティスティック)の略で、統計、の意味。過去の結果や統計を見る際に表示されていることが多い。
STT STTとは、Single Table Tournament(シングルテーブルトーナメント)の頭文字をとったもので、1つのテーブルで行われるミニトーナメント。Spin&Goなどは、ほとんどSTTとして行われる。反対に複数のテーブルで行われる大きなトーナメントはMTT(マルチテーブルトーナメント)と呼ばれ、WSOPのメインイベントなど、参加者が多く複数のテーブルで行われるトーナメントのことを指す。
T カードの10のこと。Tenからきている。主にハンドやボードの説明をする際に使われる。例:ハンド「T-J s」の場合、ハンドの2枚のカードが10とJのスーテッド(同じスート)、ということ。
T&C 「Term & Conditions/タームス・アンド・コンディション」の略で、利用規約の意味。
TAG Tight Agressive(タイトアグレッシブ)の略で、限られたハンド(強いハンド)をアグレッシブにプレイするプレイスタイルのこと
TPMK Top Pair Medium Kicker(トップペアミディアムキッカー)の略で、スターティングハンドの1枚がボードの最高位カードのワンペアで、もう1枚のカードが中くらいのバリューカードということ
TPTK Top Pair Top Kicker(トップペアトップキッカー)の略で、スターティングハンドの1枚がボードの最高位カードのワンペアで、もう1枚のカードが最も高いバリューカードということ
UI Unimproved(アンインプルーブド)の略で、未改善という意味があり、「ハンドが良くならなかった」ということ
UTG ビッグブラインドの次のポジションの名称、Under The Gun(アンダーザガン)の略。強制ベットをしなければならないブラインドの次のポジションで、最初にアクションの判断をしなければならないポジションであることから「アンダーザガン/銃口の下で」と呼ばれる。
Venus Point オンライン決済サービスの一つ。ビナポ、VPと略されることも。2022年6月にベガウォレット(Vega Wallet)として生まれ変わり、現在ヴィーナスポイントのとしてのサービスは終了した。
Villain Villain(ヴィラン)は悪役という意味があり、対戦相手のプレイヤーについて記述する際に使われる。対して自分のことをHero(ヒーロー)という 。
VIP Very Important Person(非常に重要な人物)の略で、日本では「ビップ」と言われますが、英語では「ヴィー・アイ・ピー」と言います。VIPに当たるのは国の要人以外にも、大事な顧客、取引先企業の重役、イベントなどで重要だと思われる人物、となっている。
Void ボイド/ヴォイドと読み、無効、取り消すこと。試合や延期されたり、ベットや取引が何らかの形でキャンセルされると、VOIDと表記されることがある。
VP$IP Voluntarily Put $ In Pot の略で、プレイヤーがコールかレイズかのどちらかでポット(ゲーム)に参加する割合を示すもの。この時、ビッグブラインドでチェックして参加した場合はカウントされない。
VPIP Voluntarily Put In Pot の略で、直訳すると「自発的にポットに入れる」となり、プレイヤーがブラインド以外のポジションでポット(ゲーム)へ参加した割合を示す
W.O Walk-Over(ウォークオーバー)の略で、レースや試合で対戦相手が何らかの理由で棄権して勝利した場合のことをウォークオーバーと呼び、W.Oと表示されることがある。
WA Way Ahead(ウェイ・アヘッド)の略で、はるか先に行って、大きく引き離して、という意味。明らかに相手よりも強い完成ハンドを持っている状況 のこと。
WB Way Behind(ウェイ・ビハインド)の略で、はるかに遅れて、という意味。明らかに相手よりも弱いハンドを持っている状況 のこと。
WSD Won at Showdown(またはW$SD、WMSDとも言われる)の略で、ショーダウンでの勝率を示す
WTSD Went To ShowDownの略で、プレイヤーがフロップを見た後にショーダウンに行く頻度を示す指標のこと。大まかな目安として、プレイヤーの平均的なWTSDは25%前後となっている。
X ブックメーカーでいう「X」と、ポーカーでの「X」の意味は異なる。それぞれの意味は・・・
アービトラージ 2つのブックメーカーから同じマーケットのオッズ差(歪み)が生じた際に、その差を利用して利益を得る手法。
アーリーポジション 10人テーブルの場合、SB、BB、UTGの3人までのポジション のこと。テーブルで最初にベットをしなければないポジションのことで、略してEPと説明されることもある。
アイ・イン・ザ・スカイ カジノの天井に取り付けられたカメラのこと
アイウォレット オンライン決済サービスの一つ
アイソレート アグレッシブなプレイスタイルで他のプレイヤーをフォールドさせ、ヘッズアップ(二人の勝負)となるようにプレイすること
アウツ ハンドを完成させるのに必要なカードのこと。例えば、789Tのオープンエンド ストレート ドローで、6または J でストレート完成となる場合、デッキには 4 枚の6と 4 枚の Jがあるので「アウツ」は8 枚となる。
アウトオブポジション 相手よりも先にアクションを行わなければならないポジションのことで、OOPとも記される。相手の後でアクションを行うポジションは「インポジション」という。
アウトサイダー 負けると予想されるチームや選手、馬のこと。アンダードッグ、ラグも同じ意味。
アウトサイドベット ルーレットの賭けを置く、一部のエリアの名称
アウトライト トーナメント、大会やリーグで、優勝選手(チーム)を予想して賭けるベット。通常、早い時期からオッズが発表される。
アウトラン 初めはそこまで強くなかったハンドが、ストリートが進行するに連れてより強いハンドになり、相手に打ち勝つこと
アキュムレイター 2つ以上の予想を組み合わせて賭けるベット。組み合わせたベットは1つでも外れると配当はないが、複数のオッズを組み合わせているため当たれば高い配当がある。マルチ、コンボ、コンビ、パーレーなど、ブックメーカーによって様々な呼び方がある。
アクション プレイヤーの取る行動全般。ブラックジャックやポーカーなどのゲームで使われる用語
アクティブペイライン スロットのベットされているペイラインのこと。アクティブ=有効な ペイライン=配当ライン
アジアンハンディキャップ 主にサッカーで見られるベットで、ハンディキャップベットの一種。チームの実力差にあわせてポイントや得点に通常のハンディキャップより細かいハンディキャップが与えられる。ブックメーカーによっては、2ウェイハンディキャップと表記されることもある。
アップカード 表向きに配られる/置かれる、値が見えるカードのこと。ファイスアップカードともいう
アドオン 減ったチップ(スタック)へのチップ追加こと。チップを追加できるトーナメントには「アドオン/Add-on」と表示されている
アドバタイズ 一般的な意味は「広告」「宣伝」のこと。しかしポーカー用語では、さほど強くないハンドを意図的にショーダウンで見せること。そうすることで、強いハンドをもっている際に他のプレイヤーに「さほど強くないハンドだろう」と思わせ、フォールドさせずにより多くのチップを稼ぐことを目的とする
暗号通貨 仮想通貨の別名。クリプトカレンシー、デジタル通貨とも呼ばれる。電子データのみでやりとりされる通貨であり、種類は様々。最も使われている通貨はビットコインで、主にインターネット上での取引に用いられる。
アンダードッグ 対戦するチームや選手間で、勝ち目の低い選手/チームのことをアンダードッグと呼ぶ。オッズも対戦する相手よりも高い。アウトサイダー、ラグ、も同じ意味。反対に、勝ち目の高いチーム/選手は「フェイバリット(お気に入り)」と呼ばれる。
安打数 野球の賭け方で安打数にベットする賭け方。ブックメーカーが提示した値より大きいか(オーバー)小さいか(アンダー)にベットする。ヒット(hit/hits)と表記されていることもある。
アンティ(アンテ) プレイヤー全員が支払う強制ベットの一形式で、ラウンドへの参加料のようなもの
アンティポスト 今後行われる大きなイベントでの優勝国や勝者を予想して賭けるベット。早い時期からベット出来る。
アンロック型ボーナス ボーナスの一種で、受け取ったボーナスはロックされており、賭けた額に応じてロックされたボーナスを受け取ることができる。分割で受け取ることができるタイプと、一括で受け取るタイプとがある。
eスポーツ 「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略で、ビデオゲームやコンピューターゲームの対戦型ゲームを個人、またはチームで対戦する競技のこと
イーチウェイ 賭けたチーム/選手が優勝しなくても、上位入賞すれば配当金を得られるベット。ブックメーカーでこのベットをする際には、チーム/選手の実力によって何位までに入れば配当があるのかが表示されている。
イーブン 偶数、五分五分、均一の、同点の、などの意味。
イーブンマネー 勝った際に配当がベット額と同額が支払われる賭けの総称。配当表には 1:1 と表記される。
一体型ボーナス サイトが提供する条件付きのボーナスで、条件を達成するまで出金のできないボーナスのこと
イニング 野球において両チームが攻撃と守備を一回ずつ交代で行う試合の一区分のこと。「表」と「裏」で構成されている。「回」ともいうが、スポーツベットではイニングと表記されることが多い。
イベント 行事、催し物、イベント、大会、トーナメント、試合、種目、などの意味がある
インサイドベット ルーレットで賭けを置く一部のエリアの名称。主に0~36までのいくつかのナンバーを組み合わせてベットする賭け方。
インシュアランス インシュアランスは「保険」の意味。ギャンブルシーンでは、賭けに対しての保険としてベットすることを言う
インハウス 組織内の、社内の、自社の、の意味
インプレイ 試合中で、の意味。試合開催中にベットができるライブベットことを「インプレイ」ベットとも呼ぶブックメーカーもある。
ヴィーナスポイント オンライン決済サービスの一つ。ビナポ、VPと略されることも。2022年6月にベガウォレット(Vega Wallet)として生まれ変わり、現在ヴィーナスポイントのとしてのサービスは終了した。
ヴィゴリッシュ オッズに含まれているブックメーカーの利益のこと。Vig(ビグ)と省略して使われることが多く、ジュースも同じ意味。
ウィズドロー (資金を)出金する、引き出すこと、引き落とすこと。名詞はウィズドローワル(Withdrawal)で、出金、引き出し、払い戻し、などの意味。
ウィニングコンビネーション スロットで配当が発生する組み合わせのこと。どのラインに絵柄がいくつ揃うか、また、何通り揃うか、の組み合わせ。
ウイニングマージン どちらのチームが何得点差で勝利するかにベットする賭け方。「勝利マージン」と表記されているブックメーカーもある。
ウィンキャスト サッカーで見られるベットで、試合の結果とどの選手が得点を決めるのか、の予想を組み合わせて賭ける。どちらも当たらないと配当はない。
ウェバンク オンライン決済サービスの一つ
ウェバンク オンライン決済サービスの一つ
ウェルカムボーナス(オファー) 初回入金で獲得できるボーナス。サイトによってウェルカムボーナス、ウェルカムオファー、ウェルカムパッケージなどと呼んでいる。
ウォークオーバー レースや試合で対戦相手が何らかの理由で棄権して勝利した場合のことをウォークオーバーと呼ぶ。W.Oと省略されて表示されることもある。
エキゾチック 通常のベット(シングルベット、マルチベット)以外のベットを意味する俗語
エクストラ 追加、余分の、の意味
エクストラタイム 延長時間の意味。延長戦(オーバータイム)という意味で使われることもある。
エコペイズ オンライン決済サービスの一つ
エッジ スポーツベットにおけるベッター(賭ける人)側の優位性のこと
オートプレイ スロットなどのゲームを自動的にスピンさせること。10回から1000回など、スピン数を設定すると自動でスピンが始まり、ボーナスゲームに入ると停まるようになっている
オーバー/アンダー ブックメーカーが設定した数値より上(オーバー)か下(アンダー)かを予想する賭け。設定されるのは、ゴール数やスコアー、ラウンド数やセット数など様々。
オーバータイム 時間外の、という意味があり、延長戦のことを言う。エクストラタイムと言われることもある。
オーバーレイ あるマーケットのオッズが、標準とされるものを上回る場合のこと。
オッズ 特定の結果に賭け、当たった場合に得られる利益を示す数字のこと。「プライス」と呼ぶこともある。
オッズアゲインスト 1/1または2.00より大きいオッズのこと。2.00より小さいオッズはオッズオンという
オッズオン 1/1または2.00よりも低いオッズのこと。2.00よりも高いオッズはオッズアゲインストという
オッズメーカー スポーツ試合やイベントでのオッズの作成を担当する人、または組織のこと
オッド ギャンブル界では主に「奇数」という意味で使われる。日常会話では「奇妙な」という意味でも使われる。
オッド/イーブン 賭け方の種類の一つ。オッドは奇数、イーブンは偶数の意味で、ラウンド数やスコアーが偶数で終わるか奇数で終わるかを予想して賭ける。
オファー 申し出、提案、提供、の意味。キャンペーンやプロモーションと同じ意味でも使われる
オプション 選択、選ぶこと、選択肢、選択した(できる)もの、のこと。
オリジナルベット ゲーム開始時に置いた最初の賭け
カードカウンティング カードの値によるカウント法で数えながら、次のカードを予想する攻略法
拡大ワイルド/拡張ワイルド スロットマシンのリールにワイルドが止まった際、拡大/拡張され大きくなるワイルドシンボルのこと。また、その機能のこと。
賭け条件 ボーナスに付随する出金をするための賭けの条件
カジノウォー ディーラーと1枚ずつのカードで対戦するシンプルなカードゲーム。進行が速いのが特徴。
カジノマネージャー カジノで全ての権限と責任を持つ、カジノ最高責任者のこと
カスケード 何段も連なった小さな滝、の意味があり、転じて同様のものがいくつも数珠つなぎに連結された様子や、連鎖的、段階的に物事が生じる様子を指す。このことから落下式のゲームをカスケードゲームと呼ぶ。
仮想通貨 暗号通貨の別名。クリプトカレンシー、デジタル通貨とも呼ばれる。電子データのみでやりとりされる通貨であり、種類は様々。最も使われている通貨はビットコインで、主にインターネット上での取引に用いられる。
カッティングカード カードの束に差し込んで仕切りをしたり、カードの束の底面を隠すためのプラスチック製のカード
カナディアン 選択した5つのマーケットを26種の異なる組み合わせで賭けるベットのこと。スーパーヤンキーとも呼ばれる。
カリビアン・スタッド・ポーカー ディーラーを相手に、5枚のカードで役を競うポーカーゲーム。カードの交換はない、シンプルに勝敗が決まる。
還元率 カジノゲームには、プレイヤーが賭けた額に対してどの割合で払い戻されているかという率がある。ルール、または設定によって公開されており、Return to Player Percentage(略してRTP)という。
期待値 ギャンブルにおいて賭け金に対して戻ってくる「見込み」のこと。ある条件で賭けを行い、その結果として得られる数値の平均値のことで、ペイアウトとは異なる。期待値の英語となるExpected Valueを略して「EV」とも言われる
キノ 定められたナンバーの範囲から複数のナンバーを選択し、抽選でランダムに選ばれたナンバーが選択したナンバーと一定数一致すれば配当のあるゲーム。
キャッシャー チップや現金を交換する場所。また、オンラインでは入出金を行うページ。
キャッシュ 現金、または現金に換えること。「キャッシュ ザ チップス」と言うと、チップを現金に換えてください、という意味。
キャッシュアウト ベットをした後、試合が終了する前の一定時間までベットを確定できる機能。ベットが勝利しそうな試合の流れの場合、試合終了前にキャッシュアウトすると配当は本来のオッズより低くなる。反対に、ベットが負けそうな試合の流れの際は、キャッシュアウトが締め切られる前にキャッシュアウトすれば賭け金の一部が返金される。キャッシュアウト機能はブックメーカー、または試合によってはない場合もある。
キャッシュスピン カジノから提供されるボーナスの一種で、賭け条件のないフリースピンのこと。このキャッシュスピンをプレイして得た賞金は現金扱いなので即出金することが可能
キャッシュバック 使用したお金の一部が戻されるサービス。リベートとも言う。ウェルカムボーナスやキャンペーン、プロモーション、オファーなど、あらゆる機会に提供されるボーナスの一種。
ギャンブル機能 本来の配当に対し、更に配当を倍やそれ以上に増やすことのできる追加のミニゲーム機能。ギャンブルをするかどうかは選択でき、ギャンブルをして負けた場合は本来の配当も失う。
キャンペーン 目的を達成するための組織的運動(活動)のこと。プロモやオファーと同じ意味でも使われる
クオーターベッティング NBAやNFLなど、第1クオーターから第4クオーターまであるスポーツでのベット。クオーターごとに予想してベットすることも可能となっている。
クオリファイ クオリファイとは、資格を得る、予選を通過する、適任である、の意味があり、スポーツでは予選試合のことを指す。
グッドマン法 1235法とも呼ばれ、基本となるベット額を決め、連勝した際に1・2・3・5倍と賭け金を増やしていくベット戦略
クラシックスロット 3x3リールなどの昔ながらのシンプルなスロット。頻繁にフルーツやベル、BAR、7といった昔ながらのシンボルが使われることが多い。
クラップス 2つのダイスの出目を予想するゲーム。プレイヤーが順番にダイスを投げることができる。
グランドサラミ 主に野球、アイスホッケーの試合で提供されるベットで、1試合ではなくリーグ内全試合の全チームの合計スコア得点が、オッズメーカーによって掲示された数値を超えるか下回るかを予想して賭ける。
クリーンシート サッカーの試合で失点をせずに試合を終了すること。自分のチームが相手チームに得点を奪われなければクリーンシートを達成したことになる。
グリッド 格子(碁盤目)状(のもの)、という意味があり、落下式のゲームに置いてその1つの「マス」をグリッドという。
クリプトカレンシー 暗号化技術に基づく仮想の通貨のこと。仮想通貨、デジタル通貨とも呼ばれる。電子データのみでやりとりされる通貨であり、種類は様々。最も使われている通貨はビットコインで、主にインターネット上での取引に用いられる。
クルピエ カードを配るなどゲームを進行するカジノスタッフ。「ディーラー」とも呼ぶ。
クレジット 振り込み、残高、貸付、などの意味があり、状況によって判断できる。
ゲームハンディキャップ テニスのベット方法で、各プレイヤーのゲーム数の合計にハンディキャップを適用した合計の勝敗にベットする賭け方のこと。
コーテシーベット アメリカンルーレットに存在する賭け方で、0と00に賭けるスプリットベット。ダズンベットの賭け枠に専用のコーテシーベット枠がある場合も
コーナーベッティング サッカー専門のベットで、コーナーキックに関する賭けのこと。試合の前半または一試合を通じてコーナーキックは何本あるかを予想して賭けるなど、様々な賭け方がある。
コーナーベット ルーレットで一度に4つの数字にベットする賭け方。4つの数字が交わる角にチップを置く。
ゴールスコアラー ゴールする選手を予想する賭け方。主にサッカーで使われる。
コイン ゲーム内での通貨/単位。賭け金が$1で10コイン勝利すれば賞金は$10となる。また、ロイヤリティプログラムなどでポイントの代わりに「コイン」を収集するシステムのものもよく見かけられる。
コインサイズ 1コインに対する価値、または賭け金。「コインバリュー」とも呼ばれる。
コインバリュー 1コインに対する価値、または賭け金。「コインサイズ」とも呼ばれる。
貢献率 サイトから受け取った賭け条件付きのボーナス利用時に、ベットした額が賭け条件に貢献する率(割合)のこと。消化率とも言う。
固定ワイルド リール上に現れると、次のスピンもその位置に固定されて残るワイルドのこと。スティッキーワイルドとも言う。
コミッション 手数料、歩合、の意味
コミュニティカード 主にポーカーゲームでプレイヤー間またはディーラーと共通に使われる、場に開かれるカードのこと
コラムベット ルーレットの賭け方のひとつで、1~36までの数字を縦に3等分し、1つのベットで12数字に賭けること。例:1-4-7-10-13-16-19-22-25-28-31-34 など
ゴリアテ 選択した8つのマーケットを247種の異なる組み合わせで賭けるベット
コレクトスコアー どちらが勝利/敗北するかを予想するだけでなく、2-1、1-0 などそれぞれのゴール数やセット数、スコアー数を正確に予想する賭け方。
コンズ 悪い点、の意味。Pros & Cons(プロス&コンズ=良い点・悪い点)などとよく使われる。
コンビ(コンボ) 2つ以上の予想を組み合わせて賭けるベット。組み合わせたベットは1つでも外れると配当はないが、複数のオッズを組み合わせているため当たれば高い配当がある。アキュムレイター、マルチ、パーレーなど、ブックメーカーによって様々な呼び方がある。
コンプ コンプリメンタリーの略で、優待、優遇、無料、などの意味。コンプポイント(優待ポイント)などと使われる
サークルゲーム 天候や怪我などの理由で、ベットに制限がある大会や試合のこと。
サーバー 利用者の要求に対し、それに応答したデータを提供するコンピュータやプログラムのこと。サーバ、とも言う
サービスエース テニスや卓球、バレーボールなどで相手が触れることなく得点したサーブのこと。
サービスゲーム テニス用語で、自分がサーブ権を持ったゲームのこと。サービスゲームは有利なため、サービスゲームを安定してキープすることが重要とされる。
サービスブレーク テニスで用いられる用語で、相手がサーブ権を持っているゲームを取ること。
サイジング ディーラーがチップを扱う際のテクニックのことで、人差し指をスライドしてチップの高さを合わせる
サイドベット ゲーム本来の賭けとは別に、ある結果や状況に対して追加で賭けることのできるベット。通常、当たりにくいが当たると配当が大きいものがほとんど。
サレンダー 降伏、屈服、の意味があり、勝負をする前にゲームを降りること。
自己規制ツール ギャンブル依存症を防止するためのサイト内で自ら設定可能なツール。入金制限やプレイ時間などを自身で設定し、設定した数値を超える行動は不可能になる。サイトによってはカスタマーサポートに問い合わせて設定してもらう必要がある場合も。
システムベット カジノで言うシステムベットと、ブックメーカーで言うシステムベットは少々意味合いが異なる。
シック・ボー ダイス(サイコロ)を使ったゲームで「タイサイ」や「大小」とも呼ばれる。3個のダイスを振り、出目の合計や組合せを予想して賭ける
シックスラインベット ルーレットの賭け方のひとつで、ダブルストリートとも言う。1度に6つの連続した数字に賭けることができる
シミュレーション 模擬実験、装うこと。コンピューターや数学的モデルを使って、現象を再構成したり、見せかけること。
シャープ スポーツ試合へ賭けることによって生計を立てている、プロのベッターのこと。
ジャックポット スロットなどで高額賞金を獲得できるゲームのこと。数十億の高額賞金を出すゲームもある。
シャッフル 位置や順序を無作為に入れ替える、という意味があり、カードを混ぜ合わせること
シュー テーブルゲームで使用するカードデッキを入れるプラスチック性の箱のこと。透明のものや黒き仲の見えないものなどがある
ジュース ブックメーカーの取り分(利益)のこと。「Vigorish/ヴィゴリッシュ」とも言われ、略して「Vig(ビグ)」と言われることが多い。
シューター クラップスでプレイヤー代表としてダイスを投げるプレイヤーのこと。ランドカジノではプレイヤーが交代にシューターを務める
シュアベット 必ず利益を得られる賭けのこと。1つのブックメーカーでは行えないが、2つのブックメーカーを使って必ず利益が得られる方法もある。
消化率 サイトから受け取った賭け条件付きのボーナス利用時に、ベットした額が賭け条件に貢献する率(割合)のこと。貢献率とも言う。
勝利マージン どちらのチームが何得点差で勝利するかにベットする賭け方。「ウィニングマージン」と表記されているブックメーカーもある。
シングルベット 1つ(シングル)の予想に対する賭け。反対に、いくつかの予想を組み合わせて賭け方はマルチ(アキュムレーター、コンボ、パーレー)ベットと呼ばれる。
シンボル スロットの絵柄のこと。ワイルドシンボル、スキャッターシンボルなどがある
スート(スーツ) スペード、ハート、クラブ、ダイヤの4種類の柄のこと。単数形がスート、複数形がスーツ。
スーパーハインツ 選択した7つのマーケットを120種の異なる組み合わせで賭けるベット
スーパーヤンキー 選択した5つのマーケットを26種の異なる組み合わせで賭けるベットのこと。カナディアンとも呼ばれる。
スカウト たまにしか賭けないスポーツベッターで、通常、価値のあるベットにしか賭けない人のこと。
スキャッター スロットにおいてボーナスゲームを導く特定の絵柄のこと
スクイーズ ぎゅっと握る、押しつぶす、絞る、という意味があり、バカラゲームでゆっくりと少しずつカードをめくる行為のことを指す
スクエア 自分の好きなチーム/選手だけに賭ける経験の浅いベッターのこと
スコアキャスト どの選手がいつ得点を決めるのか、どういうスコアで試合が終わるのかを予想し、両方を的中させるベット。例えば、メッシが最初に得点し2対0でバルセロナが勝つ、というスコアキャストに賭けた場合、どちらも当てなければベットは負けとなる。。
スコアリング・ドロー 1-1や2-2など、スコアーのある引き分けのこと。0-0 の引き分けは含まれない。
スターティングハンド ポーカーゲームにおいて、手札のことを指す。通常、他のプレイヤーには見せず、本人だけが確認できる伏せたカードで、ホールカードとも言う
スタック プレイヤーがテーブルに持っているチップ(金額)のこと
スタンド カードゲームで「これ以上カードを引かない」というアクション名称。主にブラックジャックで使われる。
スタンドアローン 他のスロットと連動せず、単独(その台だけ)で賞金を蓄積するジャックポットの種類
スチーム ハンディキャップなどの数値やオッズに大きな変動を引き起こす、プロベッターなどによる大きな賭け金、またはそのアクションのこと
ステーク 賭け金、の意味。ステークは単数形、ステークスは複数形。
スティッキーワイルド リール上に現れるとその位置に固定されて残るワイルドのこと。固定ワイルド、とも言う。
ストラテジー 攻略法、戦略、の意味。目標を達成するための周到な策略、方略、計画のことを指す
ストリートベット ルーレットの賭け方の一つで、7-8-9 や 19-20-21など、3つの数字に同時に賭けることができる
ストレート(アップ)ベット 1箇所、または1つのチーム/選手に賭けること。
ストレート・フォーキャスト 競馬の賭け方の一種で、1着、2着を正確に予想するベット。また、1着、2着の着順が入れ替わっても良い賭け方は「リバース・フォーキャスト」となる。
スピン くるくる回転させることの表現で、スロットのリールを回すこと。落ち物など、リール式のスロットでなくても「スピン」を使う
スプリット 分ける、引き裂く、分配する、という意味。
スプリットベット ルーレットの賭け方の一つで、2つの数字に同時にベットすることができる
スプレッド 「ポイントスプレッド」を省略してスプレッドともいう。ブックメーカーが試合開始前に両チーム(選手)の力量を平均化するために、すぐれた者に課するゴールまたはポイントの負担や弱者に与える有利な持ち点(ハンディキャップ)のこと。
3ウェイ 「勝ち」「負け」の他に「引き分け」の選択肢がある賭け方のこと。1x2、カタカナでスリーウェイと表記するブックメーカーもある。
セカンドハーフ 前半と後半に分かれているスポーツ試合で後半の試合を指す。セカンドハーフベッティングといえば、後半の結果だけを予想するベット。 バスケットボールなどのクォーター制のスポーツ試合でセカンドハーフという時は、第3と第4クォーターのことを指す。
セキュリティ 保証、安全、治安、防護物、防衛手段、の意味。また、警備する人や会社のこと。
セット テニスやバレーボールで使われる用語。例えばテニスの場合、6ゲームを先取すると1セットを取ったことになる。試合によりセット数は決まっており、例えば3セットの試合の場合2セットを、5セットの試合の場合3セットを先取した方が勝ちとなる。
セットカウント テニスなどの競技において、試合がセットカウント何対何で終了するかを予想する賭け方。例えば5セットマッチの場合、3-2など。セットベッティングともいう。
セットポイント あと1ポイントでそのセットを取れるときの状態のこと。おもにテニス、卓球、バレーボールの試合などで用いられる用語。
ソフトハンド ブラックジャックでAを11と数えた手のこと。Aと6で「ソフト17」という
タイ 同点・引き分け・ドローという意味。ゲームや試合で同点や引き分けになった場合、タイという。
タイアップ 映画や漫画などを題材/提携していること。スロットでは映画や有名バンドなどを題材にしているものも多く、これらをタイアップスロットと呼ぶ
タイブレーク 時間制限のないスポーツで、同点の試合に決着をつけるために採用される特別なルール。テニスの試合の場合、ゲームで6-6の同点になると入り、7ポイント先取した方が勝ちとなる。ただし、どちらも6ポイントで並んだ時には7-6では試合の決着はつかず、8-6のように2点以上の差がついて初めて勝利となる。
ダイム 本来は10セントコインのことをダイムと呼ぶが、ブックメーカー界ではイベント、試合やゲームに1,000ドルを賭けることを指す
ダズンベット ルーレットの賭け方のひとつ。1~36までの数字を12数字ずつ3等分し、1~12、13~24、25~36の3種類のダズンベットがある
正しい試合結果 延長回を含んだ1-2,4-0など、試合の最終スコアを正確に当てる賭け方。「コレクトスコア」「試合の最終スコア」と表記しているブックメーカーもある。
ダブル 倍、2つ、の意味。
ダブルストリートベット ルーレットの賭け方のひとつで、シックスラインベットとも言う。1度に6つの連続した数字に賭けることができる。
ダブルダウン ブラックジャックで賭け金を倍にすること。テーブルでは単に「ダブル」ということもできる。ダブルダウンできるのは一定の条件の場合のみ。
ダブルチャンス ホーム、アウェイ、ドローの試合結果予想から、二つの結果を選ぶことが出来るベット。例えば、ホームチームが勝利するか引き分けになるという2つの結果を1つのベットとして賭けることのできる。当たりやすいだけにオッズは低くなっている。です。
ダブルフォールト テニスやバレーボールでサーブを2回続けて失敗すること。試合全体や選手のダブルフォールト数に対しベットする「トータルダブルフォールト」などの賭け方がある。
ダブルリザルト 前半後半のあるスポーツ試合で、前半の結果とトータルの結果を予想して組み合わせたベット。ブックメーカーによっては、ハーフタイム/フルタイムと表示されることもある。
ダラー 本来は「ドル」の意味だが、ブックメーカー界ではイベントや試合に100ドル賭けることを指す
チート/チーティング 不正(を働く人)、いかさま(をする人)、だます、こと
チップスター 自分のベッティングの予想を提供したり、販売したりする人のこと。予想屋。
チップトレイ チップを収めるトレイ。
チョーク スポーツ試合で勝ち目の高い方のチーム/選手のこと。フェイバリット、とも呼ぶ。反対に勝ち目の低い方のチーム/選手は「アンダードッグ」と呼ばれる。
チョークプレーヤー 常に(ほとんど)お気に入りのチーム/選手を支持するベッターのこと
テーブルリミット テーブルゲームにおける賭け金の最少/最大額のこと。テーブルゲームには必ずテーブルリミットの表示があり、表示された額を下回る/上回る額を賭けることはでない。き
ディーラー カードを配るなど、ゲームを進行するカジノスタッフのこと。「クルピエ」と呼ばれることもある。
ディスカード カードを捨てること、ゲームでは使用しないカードのこと。不正防止のためにカードを配る前、または開く前に一番上のカードがディスカードされることがある。
デシマル 小数の、10進法の、という意味があり、1.58 や 2.20 など小数点で表記するオッズのことをデシマルオッズという。
デッキ トランプ1組(セット)のこと。バカラやブラックジャックなどのゲームでは、6~8デッキ(組)のカードが使用される
デッドヒート 競馬などで、写真判定でも2頭(以上)の着順を見分けることができない場合のこと
デノミネーション 貨幣単位の名称。略して「デノミ」とも呼ばれる。『ジャックポットが大当たりした時のデノミはいくらでしたか?』などと使う
デポジット 預ける、貯金する、手付金(として払う)、という意味があり、ギャンブルサイトでは入金のことを指す
デモプレイ デモンストレーション・プレイの略で、実際にお金を賭けることなくプレイできるゲームのこと。勝利しても配当はない。Playing for funと表現されることもある
トータル(ベット) 合計、の意味だが、ブックメーカーでは様々な合計を予想する賭けがあり、合計ラウンド数、合計スコア数などを予想する。通常このベットはブックメーカーが提示する数値があり、その数値より上(オーバー)か下(アンダー)かを予想する。野球などではトータルランと表記されることもある。
登録ボーナス ギャンブルサイトに登録することで獲得できるボーナス。登録するだけで入金する必要がなく貰えるボーナスのことを指す。
ドッグプレイヤー 試合で、勝ち目のないチーム/選手を「アンダードック」という事から、アンダードッグを応援するベッターのことをドッグプレイヤーと呼ぶ
トップラインベット アメリカンルーレットに存在する賭け方で、0-00-1-2-3の5つの数字に同時にベットする賭け方。バスケットベットとも言う。
トリガー 始動させる、もたらす、引き起こす、発射させる、の意味。名詞では、要因、きっかけ、引き金、などの意味がある
トリキャスト 競馬の賭け方の一つので、1着から3着までの馬を正しい着順で予想するベット。
トリクシー トリクシーベットとは、3つのベットを選択し、それらが自動的に組み合わされるベット。3通りのダブルベット、3つの予想が全て当たるトレブルベットの合計4つのベットとなる。
トレブル 3つの予想を組み合わせて賭けるベット。3つ全ての予想が当たらないと配当はないが、当たれば高い配当がある。3つのコンボ、コンビ、アキュムレイター、マルチ、パーレーベットとも言える。
ドロー 引け分け、の意味。「プッシュ」も同じ意味で使われる。
ドローノーベット 引き分け(ドロー)のあるスポーツに賭けた際、試合の結果が引き分けとなった場合は賭けはなかった(ノーベット)ことと見なされ、返金される賭け。ブックメーカーによっては頭文字を取った「DNB」や、「引き分け返金」と表記されることもある
ドロップダウンリスト 矢印をクリックすると、下(または上)に伸びる方式のリスト。プルダウンメニュー(リスト)ともいう
ナンバースプレッド 試合中に何点入るかを予想する賭けのこと
ニッケル 本来は5セントコインのことを指すが、ブックメーカー界では500ドルのベットをすることを指す
入金不要ボーナス サイトに登録することで獲得できるボーナス。登録ボーナスとも呼ばれる。入金することなく無料で提供されるが、原則、現金として引き出すには課された条件を達成しないと引き出すことはできない。
ノーアクション 試合が引き分けとなった際など、賭け金がベッターに戻されること。「プッシュ」と同じ意味。
ノースコアードロー ドロー(引き分け)の中でも、0-0で終わった試合のことを指す。
ノンランナー 競馬において、本来は出走予定であったがレースに出ていない馬のこと
バーチャル 仮想の、虚像の、の意味で、実体・事実ではないが「本質」を示すもの。バーチャルカードは物理的なカードではありませんが、オンラインで利用できるカード。バーチャルスポーツは実在の選手が競うスポーツではないが、コンピューターで造られた仮想のスポーツ競技。
ハードハンド ブラックジャックで12以上の手札のこと。また、Aを1として数えた状態の手のこと
ハーフタイム/フルタイム 前半後半のあるスポーツ試合で、前半の結果とトータルの結果を予想して組み合わせたベット。ブックメーカーによっては、ダブルリザルトと表示されることもある。
パーレー 2つ以上の予想を組み合わせて賭けるベット。組み合わせたベットは1つでも外れると配当はないが、複数のオッズを組み合わせているため当たれば高い配当がある。アキュムレイター、コンボ、コンビ、マルチなど、ブックメーカーによって様々な呼び方がある。
パーレイ法 勝つと賭け金を倍にしていく攻略法。負けると賭け金を倍にしていくマーチンゲール法と真反対な攻略法のため、逆マーチンゲール法とも呼ばれる
パイゴウポーカー 中国の「牌九」というドミノによく似たゲームをカードゲームにアレンジしたゲーム。「パイガウ」「パイガオ」と呼ばれることもある。
ハイボラ ハイ・ボラティリティの略で、高リスク高リターンのことを指す。
ハイロー High / Low(ハイ/ロー)は、ポーカーやカジノゲームでこの形式のゲームを見ることが出来る。ポーカーでは…
ハイローラー 高額な賭け(をする人)、向こう見ずな大勝負をする人、のこと。
ハインツ マルチベットの一種で、6つの予想を様々に組み合わせて57通りの賭けを行うことをハインツと呼ぶ。
ハウスエッジ 胴元の取り分。ゲームごとのプレイヤーが損失する平均的な割合を指し、故に胴元の利益の割合となる。
バカラ バンカーとプレイヤーのどちらが9に近いカードかを予想するカードゲーム。
バスケットベット アメリカンルーレットに存在する賭け方で、0-00-1-2-3の5つの数字に同時にベットする賭け方。トップラインベットとも言う。
バスト 破産、失敗、破裂、打ち砕かれる、使えなくなる、などの意味があり、ブラックジャック等のゲームで21を超えて勝負権を失い負けること
バッドビート 勝負の序盤で非常に有利な展開だったものが、あり得ないような成り行きで負けてしまうこと。
パテント パテントベットとは、3つのベットを選択し、それらが自動的に組み合わされるベット。3つのシングルベット、3通りのダブルベット、3つの予想が全て当たるトレブルベットの合計7つのベットとなる。パテントベットは、競馬やサッカーの勝利予想でよく行われるベットだが、異なるスポーツのベットを組み合わせることも可能。
バドゥーギ バドゥーギは「アシアンポーカー」「パトゥキ」としても知られており、ドローポーカーの一種。
バランス 残高、差し引き、の意味。アカウントの残高欄にこの言葉がよく使われる。
バリューベット 直訳すると「価値のある=バリュー」ベットの意味。ブックメーカーとポーカーシーンでは異なる意味合いがある。
バンカー バカラゲームの賭けの選択の一つ。バカラは主に、プレイヤー、バンカー、タイ、から予想して賭けるゲームとなっている
バンクロール プレイするための資金のこと。
パンター パンターはベッターと同じ意味で、賭けを行う人のこと。主にスポーツベッティングで賭けを行う人のことを指す。
ハンディキャッパー 統計やデータに基づいて研究・評価し、スポーツにベットするベッターのこと。
ハンディキャップ チーム(選手)の実力差にあわせてブックメーカーが各チームに優位となるポイントや得点、または不利となるマイナスポイントや得点を与えたものに賭けるベット。 実際の試合結果にハンディキャップをプラス、またはマイナスしてベットの勝敗を見る。略して「ハンデ」とも呼ばれる。
ハンド 手札、役、手、ゲーム数、プレイヤー数を表す言葉。
引き出し条件 賭け条件、引き出し条件とも呼ばれ、サイトが提供するボーナスを出金する為の条件
引き分け返金 引き分け(ドロー)のあるスポーツに賭けた際、試合の結果が引き分けとなった場合は賭けはなかった(ノーベット)ことと見なされ、返金される賭け。ブックメーカーによっては頭文字を取った「DNB」や、「ドローノーベット」と表記されることもある
ビグ ヴィゴリッシュ(Vigorish)の略で、Vig(ビグ)と使われる。オッズに含まれているブックメーカーの利益のこと。
ビゴリッシュ  ブックメーカーの取り分(利益)のこと。略して「Vig(ビグ)」と言われることが多い。また、「Juice/ジュース」とも言われる。
ピック 選択、または選択する、の意味。
ヒット カジノで言うヒットと、ブックメーカーで言うヒットは意味合いが異なる。
ビデオスロット アニメーション、テーマ性のあるグラフィックや演出が搭載されているスロットのこと。実際のリールが回るスロットとは違い、グラフィックでのリールやグリッド、シンボルとなっている
ビデオポーカー コンピュータ制御のゲームマシンでプレイするポーカーのこと。当然、実際のカードは使わず、マシンの画面に現れるカードを選択すてプレイする。
ファーストイニングウィナー 野球のイニングプロップで、1イニングを終了時の勝者にベットする賭け方のこと。日本語で「1イニング終了時の勝者」 と表記されていることもある。
1イニング終了時の勝者 野球のイニングプロップで、1イニングを終了時の勝者にベットする賭け方のこと。同点の選択肢がある賭け方の場合は1st回‐1x2、同点の選択肢がない場合はファーストイニングウィナーなどと記されていることもある。
ファースト・チーム・トゥ・スコア おもにサッカーで使われる、先制点を取るチームを予想する賭け方のこと。
フィーチャー 特徴(づけるもの)、特長、素性、機能、主要なもの、呼び物、のこと。
フェイスカード J,Q,Kの絵札のカード。数字ではなく、人物=「フェイス(顔)」が描かれているためこう呼ばれるようになった。
フェイバリット スポーツ試合で勝ち目の高い方のチーム/選手のこと。チョーク、とも言う。反対に勝ち目の低い方のチーム/選手は「アンダードッグ」と呼ばれる。
フォールド カードゲームではゲームを降りること。スポーツベッティングでは複数の予想を組み合わせたマルチベットに関して、組み合わせた数を表現する用語。
ブッキー ブックメーカー、スポーツブックのこと。または、スポーツイベントへの賭けを受け付ける人のこと。
プッシュ 引け分け、推し進める、の意味がある。ドローも引き分けという同じ意味で使われる
プライズ 賞、賞金、賞品、景品、目的物、の意味
プライス 特定の結果に賭け、当たった場合に得られる利益を示す数字のこと。オッズの別名。
ブラウザ 閲覧ソフト。ソフトインターネットでページを見ることを可能にするソフトのこと。Chromeやsafari、Internet Explorerなどがブラウザとして有名。
フラクショナル 分数の、という意味で、オッズ表記の一種。 2/1や4/1のように分数でオッズが表記され、イギリスではこの表記を好むベッターが多い。例えば、10/11は1.91と同じ。
ブラックジャック ディーラーを相手に、どちらがカードの合計を21に近くすることができるかを争うカードゲーム
フラット 均一の、定額の、一律の、変化が少ない、横ばい状態の、平らな、の意味があり、フラットレートと言えば均一料金、という意味となる
フラット・トップ 獲得可能な最大賞金が一定の上限に制限されたマシンやジャックポットのこと
フリークエンシー 頻度、起こる回数、のことを指す。ある事柄が単位時間あたりに起きる回数のこと。
フリーゲーム お金を賭けることなくプレイできるゲームのこと。勝利しても金銭を受け取ることはできない
フリースピン カジノから提供されるボーナスの一種で、実際にお金を賭けることなく無料でスロットが回せるボーナスの名称。また、ゲーム内のボーナスゲームをフリースピンと呼ぶこともある。
フリースピンクレジット スロットで使用できるボーナスマネー。スロットのみで使えるボーナスで、ベット額は決められていない。ゲームは指定されているものと、選択できるものとがある
プリディクション 予言、予報、予想、予測、などの意味。試合予想やリーグ予想などの予想をプリディクションという。
プルダウンリスト(メニュー) 矢印をクリックすると、下(または上)に伸びる方式のリスト。プルダウンメニュー(リスト)ともいう
プレイオフ 再試合、優勝決定戦、決勝戦のことを指す。略して「PO」と表記されることもある。
プレイヤー 賭け、または競技をする人。演奏をする人、似も使われる。
プレビュー 下見、試写(会)、予告編、内覧などの意味。
プログレッシブ 進行形の、累進的な、の意味
プロス 良い点、の意味。プロス&コンズ(Pros & Cons=良い点・悪い点)などと頻繁に使われる。また、Pros(プロズ)は、プロたち、の意味でも使われる。
プロップ(プロポジション)ベット プロポジション(略してプロップ)ベットは、マネーラインやハンディキャップなどの勝敗に関するベットではなく、選手やチームの特定の成績や統計に賭けるベット。例えば、ある選手が特定の試合で何回ゴールするか、など。
プロバイダー 供給者、調達者、接続業者、の意味で、回線をインターネットと繋げる役割を担う接続事業者やゲームやプラットフォームを供給する事業者のこと。
プロモ(ーション) 促進、昇進、販売促進、広報宣伝、の意味。キャンペーンやオファーと同じ意味でも使われる
分離型ボーナス サイトが提供する条件付きのボーナスで、条件を達成していなくても残高にあるリアルマネー(現金資金)は出金可能なボーナス。ただし、ボーナスマネーは出金申請時に削除される。
ペイアウト 配当、払戻金、支払い、のこと。賭けて当たり、払い戻される配当のことを言う
ペイテーブル Table/テーブルには「表」という意味もあり、ペイテーブルは配当表のこと。スロットマシンの説明書きにはどのシンボルがいくつ揃ったらいくらの配当があるかを示すペイテーブルが掲載されている
ペイメント 支払い、入出金、決済、のこと。また、その方法、手段のこと。
ペイライン スロットマシンには、決められたいくつかの並びにシンボルがいくつか揃えば配当が支払われる。この定められた並びをペイラインと呼ぶ
ヘッジ(ング) リスクを減らすため、または最小限に抑えるために、すでに賭けたベットとは逆のベットをすること。例えば、賭けたベットが外れそうな時に反対側に賭け、損失を最小限にする行為などをヘッジングすると言う。
ベッター スポーツベッティングをする人のこと。パンターともいう。スポーツベッティングでは「プレイヤー」よりもベッターと呼ばれる場合が多い
ベッティングエクスチェンジ プレイヤー間で賭けるベット。ブックメーカー、もしくは取引所は、勝者から手数料を受け取る。
ベット 賭け金のこと。賭けること。賭けを置くこと。名詞としてはベッティングとも言う。
ベットスリップ 賭けたいマーケット(賭けの種類)を選択すると、いくら賭けたいかの賭け欄が表示され、入力欄に好きな金額を入れて決定ボタンを押します。この「賭け欄」をベットスリップと呼び、賭けたい金額を入力するとそのオッズ倍率が自動計算され、勝利した時に受け取ることができる配当金が表示されます。
ベットレベル スロットゲームにおいて、1つのペイラインあたりいくつ(いくら)のコインを賭けるかということ。1,5,10,などレベル枚に数値が高くなっていく。
ペンディング ~を待つ間、未解決の、決着のつかない、保留(中)の、の意味。入金・出金がペンディングになっている場合、賭けたスポーツへのベットがまだ処理されていない時などにこの表示が現れる。
変動率 変動性、揮発性、不安定さ、の意味で、どのくらい揮発性(当たり)があるかを指す用語。オンラインギャンブル業界では変動率より「ボラティリティ」という言葉を使う。
ポーカー ポーカーにはいくつかの「役」があり、その役の強さを競うカードゲーム。ポーカーにはいろんな種類があり、プレイヤー同士が競うポーカー、ディーラーを相手に競うポーカーとかある
ボーナスゲーム ゲーム内に搭載された、通常プレイ時より大きな賞金が期待できるチャンスゲームのこと。決められた条件に当てはまるとボーナスゲームが得られ、ボーナスゲームには様々な種類がある
ボーナス条件 賭け条件、引き出し条件とも呼ばれ、サイトが提供するボーナスを出金する為の条件
ボーナスマネー サイトがボーナスとして提供する資金だが、各サイトが定めた条件があり、その条件を満たすまでは出金できない資金のこと
ホーム・アンド・アウェイ サッカーなどのスポーツにおいて、2チームがそれぞれの本拠地で計2回対戦する方式のこと。日本プロ野球や日本バスケットボールリーグではアウェイではなく「ビジター」と呼ぶが、Jリーグでは「アウェイ」と呼ぶ。
ホームアドバンテージ ホームとアウェイで行われるスポーツ試合に関して、本拠地で試合を行うチームが持つ優位性を意味する言葉。ホームアドバンテージの理由は、本拠地の気候に慣れていること、試合開催地までの移動時間が少なく選手(たち)の疲労が蓄積しにくいことなどが考えられる。
ホールカード ポーカーゲームにおいて、手札のことを指す。通常、他のプレイヤーには見せず、本人だけが確認できる伏せたカードで、スターティングハンドとも言う
ホイール 円形の回転盤のこと
ポイントスプレッド 略して単に「スプレッド」ともいう。ブックメーカーが試合開始前に両チーム(選手)の力量を平均化するために、すぐれた者に課するゴールまたはポイントの負担や弱者に与える有利な持ち点(ハンディキャップ)のこと。
ホエール ホエールは(クジラ)は、カジノで大金を賭けるハイローラーのこと。大物、巨大な、というイメージから使われるカジノ業界用語。
ポップアップ 吹き出しのようにポンと飛び出す方式のメニューやメッセージ、お知らせのこと
ポディアムフィニッシュ ポディアムとは壇や表彰台のことで、ポディアムフィニッシュという賭けは、選手(チーム)が表彰台獲得(つまり3位以内)することに賭けるベット。
ポピン ポピン、は日本特有のオンラインカジノ用語で、次のベットを行おうとして残高が足りない場合、【残高不足】の通知と共に鳴る音を「ポピン」と表現され、そのことから「すっからかんになる」「資金を全て使い果たす」ことを意味します。
ボラティリティ スロットでよく使われる用語で、変動性、揮発性、不安定さ、の意味。ボラティリティが高いスロットは高リスク高リターン、ボラティリティの低いスロットは低リスク低リターンとなっている。日本語では「変動率」と同じ意味。
マーケット マーケットとは、一般的に「市場」を意味する言葉。ジャパンマーケットと言えば、日本市場の意味。
マーチンゲール法 勝つまでベット額を倍にしていく最も有名な攻略法の一つ。倍にしていく事で、勝てばそれまでの損失を取り戻せる
マックス(マキシマム)ベット 1回のゲーム(ラウンド・賭け)で賭けることのできる最大ベット額のこと。マキシマムを短縮してマックスと使われる
マッチアップ 1対1(2チームによる対戦)の対戦に賭けるベットのこと。ブックメーカーのほとんどの賭けはこの形式となっている。
マッチポイント あと1ポイントでその試合に勝てる状態のこと。テニス、卓球、バドミントンなどで用いられる。例えばテニスで5セットの試合の場合なら、セットカウントが2-1、ゲームカウントが5-3で40-15の時など。
マネーライン 試合で両者のどちらが勝つかを予想する最もシンプルな賭け方。引き分けのない試合では、単に「1」「2」と書かれていたり、チーム名で書かれていたりすることも。 引き分けのある試合で「マネーライン」に賭け、結果が引き分けとなった場合は賭け金が返金される。
マネーライン&トータル どちらのチーム/選手が勝利するかと(マネーライン)その合計スコアがブックメーカーが提示した値より大きい(オーバー)か小さい(アンダー)か(トータル)を組み合わせた賭け方のこと。
マルチスピン 複数のスロットを同時に回することができるゲームのこと
マルチプライヤー 乗数、倍率のこと。特定の条件を満たすことで獲得勝利金が倍増していくシステムのことです。 マルチプライヤーは獲得できる勝利金を2倍、3倍になる事は当然の事、運が良い方は1000倍になる事もあります。
マルチベット 2つ以上の予想を組み合わせて賭けるベット。組み合わせたベットは1つでも外れると配当はないが、複数のオッズを組み合わせているため当たれば高い配当がある。アキュムレイター、コンボ、コンビ、パーレーなど、ブックメーカーによって様々な呼び方がある。
ミステリージャックポット 配当のあるなしに関わらず、何の前触れもなく突然当たるジャックポット、またはジャックポットに繋がるチャンスゲーム
ミドル 変動するハンディキャップやオーバー/アンダーベットの数値において、両者にベットして両方のベットが勝利する中間のことを指す。
ミニバカラ ベット額が比較的低く、ディーラーが全てのカードをめくり進行の早いバカラ。オンラインカジノのバカラは殆どがミニバカラ
ミニマム ミニマムは最小、の意味。略してミン。ミニマムベット(最小ベット)などと使う。
ミニマムベット 1回のゲーム/ラウンド/賭けで賭けることのできる最小ベット額
ミン Minimum(ミニマム)の略で、「最小」の意味。ミンベット、ミンレイズ、などと言って使う。
メガウェイズ スロットゲームにおいて、特定のペイラインを持たず莫大な(メガ)数の配当方法(ウェイズ)がある機種のこと。最初にこの方式のスロットを発案したのはBig Time Gaming社で、10万通り以上の配当パターンがあり、瞬時に人気となって広がった。
メソッド 方法、方式、手法、方途、規則正しさ、順序正しさ、秩序、筋道、などの意味がある。デポジットメソッドと言えば入金方法、マーチンゲールメソッドと言えばマーチンゲール法という意味。
モバイル スマートフォン(スマホ)のこと。モバイルベッティングと言えばスマホからベットすること。モバイルカジノといえばスマホに特化したカジノのことだが、PC版でもプレイは可能。
モンテカルロ法 1回のゲーム結果によってベット額を変えていく攻略法の一つ。
ヤンキー 4つの予想を様々に組み合わせ、計11種のベットで構成されるのがヤンキーベット。
ライブカジノ 本物のディーラーを相手にライブストリーミングでオンラインプレイが可能なゲーム形式。ライブゲームとも言う
ライブゲーム グラフィックではないゲーム形式のこと
ライブベット 試合が行われている最中に賭けることができるベットのこと。試合の進行状況によって頻繁にオッズが変動する。「インプレイ」と呼ぶブックメーカーもある。
ライン 広い意味の「オッズ」を説明するために使用される用語。 ラインはハンディキャップ等の数値、2チームの勝者予想、およびオッズを指す。
ラインベット スロットで1つのペイラインに賭けている金額のこと
ラッキー31 選択した5つのマーケットを31種の異なる組み合わせで賭けるベット
ラッキー15 選択した4つのマーケットを15種の異なる組み合わせで賭けるベット。
ラップトップ ノートパソコンのこと。英語ではラップトップと言い、ノートブックパーソナルコンピューターの略であるノートパソコンは和製英語
ランナー 何らかの理由で自分でベットを置くことができない人の代わりに賭けをする人のこと
ランライン 主に野球で用いられる用語でハンディキャップ(スプレッド)ベットのこと。チームの実力差に合わせて各チームに優位となるポイント、または不利となるポイントを与えたものに賭けるベット。ハンディキャップ、ハンデと表記しているブックメーカーも多い。
ランライン&トータル 野球の試合に賭ける際、チーム/選手にハンディキャップを与えた賭け方(ランライン)と、チーム/選手の合計スコアがブックメーカーが提示した値より大きい(オーバー)か小さい(アンダー)か(トータル)を組み合わせた賭け方のこと。
リール スロットで様々なシンボル(絵柄)が描かれた回転部分のこと。最近では実際のリールが回転するのではなく、回転しているように見えるグラフィック表示のビデオスロットが主流となっている
リアルマネー 現金(キャッシュ)資金のこと。ボーナスマネー(サイトから提供されるボーナスで、条件を達成するまで出金できない資金)が存在するサイトでは、ボーナスマネーと現金を区別するために現金資金をリアルマネーと呼んでいる
リスピン 1スピンが停止した後に、再度無料でスピンする機能のこと。再スピンとも言う
リターン 返還、利益、返却する、元に戻る、再び現れる、お返し、返答、など幅広い意味で使われる
リトリガー スロットのボーナスゲーム中などに再度条件が満たされ、続けてボーナスゲーム等が始動すること
リバース・フォーキャスト 競馬の賭け方の一種で、2着までを予想するベット。1着と2着を正確に予想しなくても、順位は入れ替わってもよい。また、1着と2着の順位を正確に予想するベットは「ストレート・フォーキャスト」と呼ぶ。
リファンド 払い戻し、の意味。賭けが成立しなかった場合や、システム上のトラブル等で返金される場合に表示される。
リベート 使用したお金の一部が戻されるサービス。キャッシュバックとも言う。ウェルカムボーナスやキャンペーン、プロモーション、オファーなど、あらゆる機会に提供されるボーナスの一種。
リロード 補充する、再び(荷物などを)積む、などの意味の意味があり、再びページや画像を読み込むことや、リロードボーナスと言えば再び入金をした際に受け取ることができるボーナスのことを指す
リンク 結び付けるもの、関連性、相互(因果)関係、などの意味があり、インターネット上ではページから別のページへつなぐこと。また、そのページのURLアドレス。一般的に「リンクしている」と言えば、繋がっている、関連している、の意味となる。
ルーレット 37または38ナンバーが記された回転するホイールに球を投げ入れ、どのナンバーに球が落ちるかを予想するゲーム
レギュラータイム 規定時間、の意味。ベットする際の条件に「レギュラーライムのみ」と表示されていれば、延長戦を含まない本来の規定時間内でのみの結果を予想すること。例えば、引き分けに賭けていて、規定時間内で引き分けとなり、延長戦でどちらかのチームが勝利しても、規定時間では引き分けとなったのでこのベットには配当がある。
レッグ レッグとは、マルチ(アキュムレーター、コンボ、コンビ、パーレー、とも呼ばれる)ベットをする際に、何通りの予想を組み合わせたかを表現する時に使うブックメーカー用語。5つの予想を組み合わせてマルチベットをした場合、「5レッグ」と言う。また、「フォールド」も同じ意味で使う。
レビュー 批評、評価、検査、審査、などの意味。再検討、復習、などの意味もある。
ロードアップ 大量に積み込む、負荷上昇、多額買い入れ、多量仕入のこと。
ロイヤリティ 誠実、忠実、忠誠、の意味があり、ロイヤリティプログラム、と言うと、サービスを頻繁に利用したり購入したりする「優良顧客」に対し、企業が特典を与えるプロブラムのこと。
ロングショット リスクの高いベットのこと、当たる可能性が低いベットのこと。また、ゴルフではボールを遠距離へ打つこと。
ワイドエリア・プログレッシブ 複数のカジノにリンクされているジャックポット付きのスロットで、それらのカジノのプレイヤーたちが賭けたベット額の一部を集めて積み立て、桁違いの賞金を提供するジャックポットのこと。
ワイルド スロットマシンのシンボル(絵柄)の中で、他のシンボルと置き換えることができるシンボルのこと
ワンバイツー 「勝ち」「負け」の他に「引き分け」の選択肢がある賭け方でワンバイツーと読む。スリーウェイということもある。

必携!ジャパンギャンブラーズ – ギャンブル用語集

ノートと地球儀

オンラインカジノやブックメーカー、オンラインポーカーサイトでプレイを始め(ようとし)たのはいいけれど、知らない用語がたくさん登場して、よく意味が分からない・・・。

ブックメーカーやオンラインポーカーサイトは特に専門用語が多く、初心者の方だと全く何を言ってるのか分からない、それゆえに賭け方も分からない、ということさえあります。

そんな時、基本用語や専門用語をチェックできるページがあったら助かりますね。それがこのページ、ジャパンギャンブラーズのギャンブル用語集です!

「分かりやすく説明してるサイトないかな?」「ずーっと気になっていたこの用語ってどんな意味?」といった疑問は、このギャンブル用語集で解決!

オンラインカジノ、ブックメーカー、ポーカーと、知らない用語は全てここで知ることができ、充実のギャンブル専門用語辞典となっています。

小難しい説明は無し、初心者にもわかりやすく丁寧に説明しているので、知らぬは一生の恥、から今すぐ脱出!

これでスロットもライブゲームも楽しめる!カジノ用語集

オンラインカジノで利用する用語はカタカナ用語が多く、日常ではなかなか馴染みがないもの。更に、ランドカジノ以上にオンラインカジノ用語は多いかもしれません。そして、経験者になっても出てくる出てくる、新語の数々・・・

ポピンってなんだ?追いつけてないかも?!」

そのお悩み、ここで一気に解決しましょう!ジャパンギャンブラーズのカジノ用語集では、オンラインカジノ/ランドカジノの必須用語を分かりやすく説明しています。これで知らない用語の意味が分かったら、スロットライブカジノも怖くない!「謎」な部分なく、自信をもってプレイできます。

あなたの頼もしいカジノのアシスタントとして、いつでもどこでもサッと開いて検索してみてくださいね。

👉ジャパンギャンブラーズのカジノ用語集はこちら!

専門用語もなんのその、ブックメーカー用語集

水色のクエスチョンマーク

スポーツそのものには詳しくても、ブックメーカーで出てくる言葉は専門用語が多くてなかなか覚えられない・・・わかります!マーケットの名前とか、ブックメーカー独特の仕組みとか。「そもそもマーケットって何?」状態な人もいらっしゃるのでは?

しかし意味が分かれば「なーんだ、そんな簡単な意味だったのか~」ということが多いのもブックメーカー用語です。

食わず嫌いを直して、もっともっとスポーツベットを楽しみましょう!

👉ジャパンギャンブラーズのブックメーカー用語集はこちら!

将来はトーナメントで優勝!ポーカー用語集

ポーカーは特に専門用語が多いのは事実です。アルファベットの短縮形も多く、意味が分かるまではストラテジーを読んでも専門用語の多さゆえ、理解できないという事も少なくありません。

STTって?MTTって?

何のことについて言ってるのか全くわからない~😖というのはあなただけではありません。ポーカーを始めたばかりの初心者なら、当然のことなのです。

しかし千里の道も一歩から。ジャパンギャンブラーズができるだけ分かりやすく端的に説明するので、少しずつ一緒に学んでいきましょう。一つ分かれば芋づる式にわかることが増えていくものです。

ポーカー用語を知ってお仲間にドヤ顔できるのももうすぐですよ!その後はWSOPだってねらっちゃう?!

ポーカー用語集は、ポーカーシーンでストラテジーを理解するため、スキルを上げるために必要なポーカーの学習を精一杯アシストします!

👉ジャパンギャンブラーズのポーカー用語集はこちら!

苦手意識をなくしたい!入出金関連用語集

オンラインギャンブルに欠かせない入出金関連の言葉。欠かせないはずなのに、この分野の言葉に苦手意識を感じていませんか?

クエスチョンマークがたくさん

確かに日本の銀行と違って、ギャンブルのお金に関する言葉って外国語が多いですし、次々に新しい言葉が増えています。

デポジットってペンディングって???

そんな時も焦らずこのページの入出金関連の用語集を開けば、いろんな不安も吹っ飛びます。

大切なお金関連の言葉、しっかり着実に(そして楽しく)学んでいきましょう!

👉ジャパンギャンブラーズの入出金関連用語集はこちら!

ギャンブル用語集を楽しく有効活用!

この用語集では、ギャンブルに関する専門用語をなるべく分かりやすく説明しています。説明だけでは分かりにくそうな用語には、例文や状況の説明も加えました。

生まれては消える生ものの言葉。特にスピーディに進化しているオンラインギャンブル業界では新しい用語の知識も欠かせません。

ジャパンギャンブラーズはそんな新用語にもアンテナを張り、かつ伝統的なギャンブル用語も見逃さず、常にギャンブルを行う際に持つであろう「?」にお答えする用語集をお届けしていきます!

早速、ギャンブル用語集でオンラインカジノ、ブックメーカー、ポーカーでの疑問を調べましょう!

その他の用語集