著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

メタバースってなんだ?オンラインカジノはどうなるの?



メタバースとは

2021年10月末。Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグが社名を「メタ/Meta」に変更したことを発表しました。その時、「メタバースってなに?」「聞いたことあるけど実際何ができるの?」と思った人も多いでしょう。私もそう。なんてたってメタバース/Metaverseって、「メタからなんか生まれるMetaBirth」って綴るのだと思ってました。生んでどうするって話だけど😅

なにはともあれ、フェイスブックがメタと呼ばれるようになり、「メタバース」という言葉が以前よりは世間に認知されるようになりました。

メタバースはまだまだ新しい概念ですが、そう遠くない将来、私たちの生活に深く入り込んでくること間違いなし。もちろんわれらがオンラインカジノブックメーカー、そしてオンラインポーカーにも。

そこで今日はメタバースでオンラインギャンブルっていったいどんな感じになるのかについて考えてみることに♪

バイナンスコインも使える!仮想通貨取り扱い業界ナンバーワン!👉クラウドベットカジノへジャンプ!

そもそもメタバースとは?なにができるの?

メタバースとはカンタンにいうと世界中の人々が3D仮想プラットフォーム上で繋がり、交流することができる仮想世界のこと。

メタバース内では自分がアバターになり、あたかも自分がその場にいるような臨場感を味わうことができます。VRゴーグルにより見るものがリアルに感じられ、手の感覚もあり、アバター同士でハグなんかもできちゃいます。

メタバース内では現実社会でできることの多くがそっくりそのまま行えるようになるのだとか。

メタバース内で「お出掛け」やデートも

メタバース都市

仮想通貨を実際に利用し、ショッピングに行ったり、コンサートに参加したり、遊園地に行くのもカンタン。

そして土地を購入し、そこでショップをオープンしたりイベントを行うこともできます。例えば仮想通貨/暗号資産を使って入場料を徴収したり、モノを売るなんていう経済活動が行えることがいちばんの特徴です。

イベントと言えば、すでにアリアナ・グランデがメタバース内でコンサートを行ったり、2022年6月には自民党が初の演説会を行い、河野太郎広報部長らが演説を行ったことでも話題になりました。

ミーティングや授業も

企業ならミーティングもメタバース内で行えます。スカイプやズームを利用してのミーティングと違い、相手がすぐそこにいるように感じられます。プレゼンテーションも緊張感たっぷりで、普段はあまり会えないような会社の超お偉いさんとももっと頻繁に会うようになるのかも・・・これはいいのか悪いのか😅

私には英語の語学学校に勤めている友人がいるのですが、すでに一部の授業をメタバース内で行っていると教えてくれました。例えば、旅行が授業のテーマの日ならメタバース内で空港に行って空港に関する英語表現を学ぶという「課外授業」を行っているそう。

そして現実世界では移動に時間がかかりますが、メタバース上なら移動がワンクリックででき、しかも無料です。

メタバースはゲームとの相性がいい

メタバースの世界ではだれもが自由にコンテンツを制作し、発表することが可能です。なかでもゲームとメタバースは相性がいいと言われ、メタバースを浸透させるのに理想的なコンテンツだとされています。

次々とゲームコンテンツが発表されていますが、特徴はゲームをプレイしながら稼ぐ(プレイトゥアーン/PlayToEarn)という概念です。NFT(非代替性トークン)ゲームとも言われます。ゲームは「課金してプレイする」時代から「プレイしながら稼ぐ」時代へ。ゲーム内で相手と対戦し勝利することによって勝利報酬を得たり、アイテムを自作して販売、貸し出したりすることができるのです。

eスポーツタイトルとして有名なフォートナイトはシューティングゲームとしてよく知られていますが、島を作るクリエイティブモードと、仮想空間ライブなどイベントが楽しめるパーティロイヤルモードを追加し、メタバースへとフィールドを拡大しています。

とくにアジアで人気のよう👉NFT(非代替性トークン)がもっともプレイされている国は・・・?

メタバース内にオンラインカジノが登場したらどうなる?

最近はラッキーニッキー/LuckyNikiがサイトリニューアル(ニッキーちゃんもかわいくなったし)に合わせ、「メタバースを思わせるデザインに変更」(ってラッキーニッキーが言ってる)をしました。私はこれを見たとき、「ラッキーニッキーもメタバースブームに乗っかってきたか~」と思いましたが、多くのオンラインカジノが来るべきメタバース時代に備えてどのように参入していくかを考え始めているのだと思います。

メタバース内ではどのようなオンラインギャンブル体験となるのでしょうか?

メタバースアバター風のニッキーちゃんに会いに行く😜👉ラッキーニッキーへGO!

実際に体を動かしてプレイ

VRゴーグルをつけてプレイ

オンラインギャンブルをプレイするときは基本的には体を動かす必要はありません。自室にこもってスクリーンの前にじっと座るスタイルでプレイできますし、通勤時間の電車内でもスマホ一つあればベットが可能です。

メタバースの場合、ランドカジノでの体験により近づきます。

自分の分身であるアバターを利用し、体を実際に動かしてアバターをコントロールします。VR(バーチャルリアリティ)ゴーグルを装着し、仮想環境に入るとまるで実際にカジノにいるような感覚。しっかりと没入感を味わうことができるのがメタバースの醍醐味です。実際にポーカーテーブルに座ってチップを動かし、バカラなら「絞り/スクイーズ」を行い盛り上がるかもしれません。

世間一般では、体を動かさずにスクリーンを見つめ続けるオンラインギャンブルより、実際に体を動かすメタバースでのギャンブルは身体への負担が少なくなるという見方がされているようです。

でもまだVRゴーグルは重いし、結構疲れるとは思いますけどね・・・猫背解消にはイイのかな。

観衆の中でスポーツを観戦しながらベット

ライブストリーミング(ライブ配信)を提供しているブックメーカーでは実際の試合を視聴しながらベットができます。

しかしメタバース内のブックメーカーでは、観衆の中でスポーツを実際に観戦しながらベットを行うなんて夢のようなことが可能になるかもしれません。ライブベット/インプレイがよりエキサイティングなものになるでしょうね。他の観客とも盛り上がれそうです。

人との交流が生まれる

オンラインギャンブルの特徴のひとつは、いつでもどこでも一人で楽しめること。

しかしメタバース上では実際に体を動かしてあたかもランドカジノにいるような体験を楽しむことができます。

そこには人との交流があります。

他のお客さんやディーラーとのちょっとした会話、情報交換はもちろん、私たちが普段お世話になっている日本語サポートにも会ってサポートを受けられるようになるかもしれません。

ポーカーを楽しむなら、ボディランゲージから多くの「テル」を得られそうです。アバターなので顔の細かな表情を見抜くことは難しくても、体に表れる癖を見抜く技術がオンラインポーカーでも有利に働きそうです。

利用通貨は仮想通貨のみ

仮想通貨(暗号通貨・暗号資産)はすでにその送金処理スピード、非中央集権的で手数料も割安、匿名性が高いことからもプレイヤーの間で人気が高まっています。

ビットコインやイーサリアムが使える!👉仮想通貨オンラインカジノ一覧

そしてメタ―バース内の通貨は、まさにこれら仮想通貨となります。

今でも仮想通貨のみを利用するプレイヤーは本人確認書類の提出を不要としているオンラインカジノサイトが増えています。登録時も個人情報入力の必要がなく、メールアドレスとパスワードだけでプレイが始められるカジノも。

同じくメタバース内でも本人確認が不要となるでしょう。

法定通貨での入出金のように着金まで数時間、場合によっては数日かかるということもありません。

ユースカジノでは本人確認不必要の登録プランもあり👉ユースカジノへジャンプ!

まとめ:メタバースってなんだ?オンラインカジノはどうなるの?

ここに取り上げた以外にも、もっとできるようことが増えるであろうメタバース世界。

今からいろいろ想像するのは楽しいですね。

例えばベラジョン/Vera&Johnではよく「ベラジョン・モール」とか「ベラジョン万博」などをキャンペーンのテーマにしていますが、メタバース内では実際にその場所を訪れることができるようになるかも。

みんなもメタバースではどんなカジノやスポーツベットが楽しめるようになるのか想像力を駆使してみて。そして現実となったとき、答え合わせをしましょ。

皆さんともメタバース内でお会いすることを楽しみにしていますね!

メタバースでもパイオニアになるか?👉ベラジョンでプレイ

 

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。