著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

プレイ中の待ち時間にイライラ・・・待ち時間の有効な過ごし方



プレイ中の待ち時間にイライラ・・・そんな時は

ポーカー、スポーツベッティング、カジノ、どれをとっても多かれ少なかれ必ず「待ち時間」が存在します。

ワタクシはもともと「いらち(せっかち)」な性格で、信号待ちやレジでの会計など、とにかく【待つ】行為が大嫌い。いらいらしちゃうのです。行列のできる店、に興味はあるけれど、待つのが嫌なので行きません。

どうしても待たなければいけない状況だと、待っている間に何か他にすることを探します。前もって待たなければいけないのがわかっていれば、待ちながら他にできることを準備しているほど。

歩くのも階段を上るのも早く、「何でそんなに急いでるの?」とよく聞かれます。

だって、Time is money=時は金なり、ですもの。したいこと(しなければいけないこと)が多すぎて、何もせずに待っている時間は物凄く無駄に感じるのです。

そんな性格が、ゲームをプレイする時にも表れます。プレイヤーさんの中には、ワタクシのような人も多いのでは?

いらちな方々のために、ワタクシが行っている「待ち時間の有効な使い方」をご紹介します。

プレイ中の待ち時間ってどんな時?

実はワタクシ、カジノ、スポーツベッティング、ポーカーの全てをプレイします。

それで十分忙しいのですが、故にプレイ時間を確保するためにますますせっかちになってしまうのです。

空いた時間に「さぁて、楽しむぞぉ!」とプレイを始め、待たされるとイライラメーターがどんどん上昇していきますw

例えば・・・

カジノプレイでは

  • スロットでボーナスゲームに入るまでのだらだらプレイ
  • ルーレットでボールがスピンしている間

ブックメーカーでは

ベットを行う際には統計などを調査しながら分析するので、ベット時に無駄な時間はありませんが、

  • あまりファンではないチームの試合を観戦している時(でもベットしているので気になって観る)
  • 興味のある試合での休憩時間

ポーカーでは

  • 他のプレイヤーのアクションが遅い
  • フォールドして次のハンドまで他のプレイヤーたちがプレイしている間

などが主なイライラの原因。こんな状況でイラつく人は、ワタクシだけじゃないはず。

イライラするのは人体に悪影響を及ぼす(大げさw)と考えられるので、なるべくイライラしないように対策を練ります。イライラって一種のストレスになりますものね。

そこで、楽しさを損なうことなく、これらのイラつく時間を有意義に過ごす手段を見つけました。

とりあえずの時間つぶしは

カジノでは

高速スピンカジノプレイでは、イライラ対策はわりと簡単に解決します。

スロットでボーナスゲームに入るまでつまんなーい、と思えば、カジ旅のブリッツギャンボラのギャンボラXといった超高速スピンでプレイすることもできますし、レオベガスのブラストで裏で他のスロットをプレイすることも可能です。

さらに、極度のいらちはライブカジノだと時に進行が遅いと感じ、グラフィックのテーブルゲームをプレイしたりしています。ルーレットなんて、ボタンを連打してスピンの時間をすっ飛ばすくらいw

ポーカー/ブックメーカーでは

スポーツ試合やポーカーでは、カジノと違って第三者が関わるため、ワタクシがコントロールできる域ではありません。

ポーカーなら

ハイパーやターボ進行のゲームを選択(でもZOOMは対戦相手が常に変わって分析できないので嫌い)したり、マルチテーブルでプレイしたりしていますが、なんせ頭を使うゲームなので、プロではない限りマルチテーブルのプレイは精神的に疲れます。

マルチテーブルで長時間のプレイは無理!ワタクシは3テーブルが限界。ターボ/ハイパーなら2テーブル。それでも数時間後にはへとへとになります。

ブックメーカーなら

あまりファンではないチームの試合だと、ベットしているので気にはなって試合は観るものの、始終釘付けになって観ることはありません。途中でダレてきたりするんですよね・・・

そこで、興奮を持続したいなら、まずはライブベット!ライブベットが可能な場合は、オッズの変化を見ながら忙しくベットすることが可能。

また、接戦となるような試合では興奮して観ていても、休憩時間になると「長いな・・・」と、とたんにイライラし始めます。

そして・・・スマホに手が伸び、ポーカーやカジノの「ちょっとプレイ」が始まるのです。

時間つぶしのベストマッチを見つける

ベストマッチを見つける

カジノゲームとスポーツベッティングをする人も多いでしょうし、ポーカーをプレイする人はスポーツベッティングもする人が多いように見受けられます。

ポーカーのストラテジーと、スポーツベッティングのストラテジーには似た部分があるからかな?

ワタクシも、プレイ中の時間の潰し方でベストなコンビネーションは、スポーツ観戦とポーカープレイの同時進行。

1つのテーブルでポーカーをプレイしながら、合間合間に試合を見る。これが、疲れずイライラせず、いいあんばいで時間つぶしができます。

イライラしないので、無茶なプレイに走ることも回避できます。運の悪い負け方をしても、観戦で気が紛れるのか、ティルト(感情にかられた判断力を失ったプレイ)になりにくいと言えます。

たまにポーカーでオールインコールすべきかどうか、と気を取られている間に、試合の見せ場的なプレイを見逃しちゃったりすることもありますが・・・w

観戦している試合の休憩時間にブラックジャックをプレイしたり、というのもおすすめのアイデアです。

というのも、カジノゲームに関してはもともとハウスに有利なゲームルールとなっているので、長くプレイするほど負ける可能性が高くなる性質があります。

ワタクシも無職でカジノに昼から晩まで毎日通い詰めてブラックジャックをプレイしていた時より、仕事を始めて2,3数時間しかプレイする時間がなかった時の方がかなり勝率が上がりました。

カジノに関しては、この「ちょこっとプレイ」が意外に効果的。

待ち時間に手持ち無沙汰な方、いらちな方は、あなたのベストなコンビネーションを見つけてみては?

まとめ:プレイ中の待ち時間にイライラ・・・待ち時間の有効な過ごし方

スポーツベットとポーカー朝ブックメーカーでその日のベットを済まし、夜にその試合を見ながらポーカーをする、というのがワタクシにとって最もリラックスしてプレイでき、感情的になる(ベットがはずれていたりポーカーで負けたりしても)のを避けることができる方法。

特にポーカーは、いらいらするとプレイの仕方に影響します。何かを見ながら、というのが適度に気分を紛らわせてくれていいのでしょう。

また、考えなければならないことが多いポーカーを長時間プレイすると疲れるので、「今日は何も考えずにプレイしたい」と思う時は、スロットを回しながら画面をボーっと眺めていたりします。スロットは考えなくていいのが良い点。単純に当たりを喜ぶことができます。

よく学び、よく働き、よく遊べ!これが人生のモットー。これからもせかせかと立ち回り続けます!

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪