著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

高校野球って賭けていいの?それともNG?



ブックメーカーオンラインカジノオンラインポーカーを未成年者が利用できないのは周知の事実。

18歳未満はベットできないのはもちろん、登録すらできません。また、利用者には20歳以上、21歳以上であることを求めているギャンブルサイトもあります。

このように、「ベットする側」が成人年齢に達していなくてはならないのはよく知られている事実ですが、では高校野球などの「ベットされる側」はどうでしょうか?

そんな気になるベットについてジャパンギャンブラーズは調査しました。

 

「高校野球」に賭けていいの?ライセンスはどう対応?

甲子園といえば夏の風物詩。毎年数々のドラマを生み出しています。

開催中、高校野球のマーケットを提供しているブックメーカーがあります。高校野球は多くのプロスポーツに負けず劣らず素晴らしい注目イベントですが、気になるのはベットする対象が18歳未満を多く含む高校球児ということ。

ギャンブラーズ・コンシェルジュで紹介しているサイトはすべてライセンスを取得したうえで運営しているサイトですが、果たして高校野球に賭けることは許されているのでしょうか?

ライセンスもそれぞれの個性あり👉⛑オンラインギャンブルライセンス徹底調査!

MGAライセンス(マルタライセンス)はNG

厳格なことで知られているMGAライセンス。オペレーターが遵守すべき規定が数多くあるのはもちろんのこと、プレイヤーにとっても厳しく、一定の取引後はSOWQ(資金源に関するアンケートなど)ドキュメントの提出が求められます。

厳しい分自由度が少ないということが難点ですが、信頼度は抜群です。

ご想像の通り、MGAライセンスはオペレーターに未成年者をベット対象したマーケットの提供を禁じています。

ブックメーカーの判断

キュラソーライセンスは規定なし

多くの人気ブックメーカー、オンラインカジノを抱えるキュラソーライセンス。非常に知名度のあるライセンスですが、MGAライセンスほど厳格ではなく、比較的緩やかな規定でも知られています。オペレーターにとってもプレイヤーにとっても自由度が比較的高いのが特徴です。

ではそんなキュラソーライセンスは高校野球を対象にしたベットに対し、どのような立場を取っているのでしょうか?

結論を言うと、キュラソーライセンスでは未成年者をベットの対象にしたマーケットについて特に規定はされていません。

もちろん推奨しているわけではないのですが、オペレーターが高校野球のマーケットを提供していてもお咎めはありません。

すべてオペレーターの判断に委ねられています。

スウェーデンライセンスは「条件付き」でOK

日本人の私たちにはあまりなじみがありませんが、世界的にはMGAライセンスより厳格であることで有名なスウェーデンのSpelinspektionen(スぺリンスペクショネン)。スウェーデン在住のプレイヤーに向けてサービスを提供するオペレーターを規制している、スウェーデン政府の行政機関です。

スロットの各スピン間のインターバルを3秒以上設けることが義務付けられていたり、ボーナス制限、入金制限等かなり厳しい規制を設けています。

しかし、意外なことに未成年プレイヤーへのベットには条件付きで認めています。その条件とはチーム内の選手のうち半数以上が18歳以上であること。

2021年にはベット365/Bet365が、その前年に34人チームで24人が未成年だったチームのマーケットを提供したとして罰金を課せられました。

英国ではこんなニュースもありました👉888UKのYouTube動画2本:子供向けとの指摘を英国広告監視機関が否定

ブックメーカーにより異なる対応も

ベットウェイ:MGAライセンス+もともと厳しい自主規制

未成年者対象のベットはNG

ベットウェイ/BetwayはMGAライセンスの下運営しており、未成年者を対象としたマーケットは提供することが許されていません。

加えて、ベットウェイ自体がこのことを非常に意識しており、常に厳しいチェックを日々行っています。

未成年者が多く含まれる競技の場合、未成年者が一人でも入っているチーム名はマーケットに出ないよう、トレーダーにより細かいチェックが行われています。

高校野球はもちろん、大学バスケットボールも基本的に取り扱いNGとしています。

ベットウェイではその理由として次の二つを上げています。

  • チーム内に未成年者がいる可能性
  • 過去の成績など選手やチームに関する正確なデータを入手できない(そのようなマーケットのオッズを出すことは公正ではないという考えを重視)

クラウドベット:キュラソーライセンス+自主規制

比較的最近日本マーケットをオープンしたクラウドベット/Cloudbet。キュラソーライセンスを保有し運営しています。

先にも述べたようにキュラソーライセンスでは、未成年者に対するベットに関する明確な規定はありません。というわけでクラウドベットがたとえ高校野球マーケットを提供したとしても、ライセンス側からペナルティを受けることはありません。

しかし、クラウドベットは未成年者を対象にしたベットは社会通念上問題があるという考えのもと、自主規制を行っています。

コニベット、ベットチャンネル:キュラソーライセンス+自主規制なし

こちらはキュラソーライセンスの下、高校野球など未成年者を含む試合マーケットを提供しているパターンです。

すでに述べたように、キュラソーライセンスでは未成年者に対するベッティングを特に規制していません。サイトでマーケットを提供するかどうかはオペレーターの判断となります。

クラウドベットとは異なり、コニベット/Konibetベットチャンネル/BetChannelは特に自主規定をおこなっておらず、春・夏の高校野球のマーケットを提供しています。

まとめ:高校野球って賭けていいの?それともNG?

未成年者を含む高校野球などのマーケットに賭けることは許されているのかどうか・・・?に関しては

  • ライセンスにより対応が異なる
  • ブックメーカーのスタンス、判断にもよる

ということが分かりました。

とくに未成年者へのベットが「禁じられているわけではない」キュラソーライセンス保有のブックメーカーは各社対応の違いが大きく表れています。

ジャパンギャンブラーズとしては、社会通念上、倫理的問題があると考え、キュラソーライセンス下でできる未成年者を含むマーケットへのベットを推奨することはありません。

キュラソーライセンスがこういったマーケットを扱うかどうかの判断をオペレーターに委ねているのと同じく、実際にベットするかどうかは私たちベッターの判断によります。

ギャンブルは楽しいものですが、責任を伴います。これを機会に、これらの「責任あるプレイ」に関する記事も読んでみてくださいね👇

⛑厳格化する「責任あるプレイ」でオンラインギャンブル業界はどう変わる?

 

 

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。