著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

RIZINに賭ける🆚動画をアップロード:違法になるのはどっち?



RIZIN録画してアップロードしたら違法?

朝倉未来とフロイド・メイウェザーのエキシビジョンマッチも行われ、ますます話題に上ることが多くなったRIZIN/ライジン。

ワタクシは特に格闘技ファンというワケではないのですが、注目度の高い試合は気になるし、実際見てみると予想以上に面白いと感じました。

そんなRIZINですが、みなさんが「これ、違法なのでは?」と疑問に思っている点がいくつかあるように感じます。

主に、RIZINに限ったことではありませんが、日本のスポーツ試合に賭けるのは違法じゃないの?そしてこれもRIZINに限ったことではありませんが、試合を録画してネット上にアップロードするのは違法?という点。

この疑問について徹底解説します!

RIZINへの賭けは違法?

答えから申しますと、外国資本のライセンスを持つブックメーカーでRIZINに賭けるのは、違法ではありません。しかし合法(国で認められている)でもありません。

オンラインギャンブルの法律がない日本では、ライセンスを持って合法に運営しているブックメーカーを裁くことは出来ず、その外国サイトで日本からベットをしている人たちを裁くことはできません。

RIZINに限らず、ブックメーカーで提供されている競技は全て当てはまります。スポーツ競技だけに関わらず、カジノゲームやポーカー、そして宝くじも同じギャンブルです。海外の宝くじをネット上で購入したら罪に問われるのか?という質問と同じことになります。

ただし、胴元(運営者)が日本国内で運営している場合、公営ギャンブル(特殊法人や地方公共団体による施行が法律で許可された賭け事)でない限り、その賭けは違法となります。

日本でも3つのカジノライセンスが発行されることになり、新たに賭博法に追加される項目があるとは思います。そのうちオンラインギャンブルの法律もできるでしょう。オンラインギャンブルに関する法律ができれば、その法律に従いましょうね!

YouTubeの試合動画は違法?

違法アップロード RIZINRIZINの榊原CEOが「徹底的に違法の動画アップロードを取り締まるアクションを取ります。何度も言いますが、これは犯罪ですので、被害届を出す準備も進めてます。お金を払って見ていただいている方にも申し訳ないですし、違法アップロードを行う方はその覚悟で向き合っていただきたい」と語っている動画をみました。

ワタクシも深く考えたことがなかったのですが、RIZINに限らずサッカーや野球の中継番組は著作物となるので、録画してアップロード(公表)すると著作権侵害になるようです。これには、アニメなども含まれます。

確かに、オリンピックやサッカーの試合などは著作権があるので、ブックメーカーも勝手にストリーミング配信できないのはワタクシも知っていましたが、RIZINやその他のスポーツ試合、アニメ等も許可なくYouTube等でアップロードするのも違法だという事を、今回調査してみて知りました。

動画のスクリーンショットをアップロードするのも違法

スクリーンショットも違法動画だけではありません。動画からスクリーンショットを撮ってソーシャルメディアにアップロードする行為も違法となります。

動画から静止画(スクリーンショット)にしてアップロードするんだから、違法じゃないよね?と思いがちですが、これも著作物であることは変わらず、著作権侵害になります。

不正にアップロードされたものをダウンロードするのも違法

許可なくアップロードされた動画だということを知りつつ、ダウンロードするのも違法だそうです。「知りつつ」という条件があり、だったら「知らなかった」と言えばお咎めなしなんじゃないの?と思えますが、その点は訴えられると調べられることでしょう。

「違法ダウンロード」と呼ばれるこの行為は2種類あり、刑事罰のあるのは有償著作物の違法ダウンロードです。有償著作物とは、有料配信や有料チャンネルなどがこれに当たります。

合法的にアップロードされたもののダウンロード、そして無償で提供されている著作物は、たとえそれが違法にアップロードされたものであっても、ダウンロードして逮捕されることはありません。

例えばRIZINの場合、有料配信されている試合が違法にアップロードされ、それをダウンロードすれば刑事罰の対象(逮捕の可能性がある)ということになります。

著作権侵害は親告罪ではなくなった

2018年12月29日までは、著作権侵害は親告罪(被害者が訴えない限り罪に問われない犯罪)とされており、被害者が告訴(処罰を求める)した場合に処罰の対象とされていました。

しかし2018年12月30日以降、改正法で著作権侵害は親告罪でなくなり、被害者が告訴しなくても処罰の対象となります。

以前はいろんなソーシャルメディアで本来なら違法となる様々なスクリーンショットや動画を目にしても、これらの違法アップロードに対し著作者が放置していたり、黙認している場合は処罰の対象にはなりませんでした。

しかしRIZINの榊原CEOのように著作者が被害届を出さなくても、通報や警察の調べにより

  • 動画をアップロードした人物には【10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、またはこれの併科】
  • 違法ダウンロードした人物には【2年以下の懲役または200万円以下の罰金、またはこれの併科】

が科せられる可能性があります。

実際に告訴されることってある?

約10年前から、日本でも著作権侵害や公衆送信権(公衆に送信を許可された者)侵害にあたるとして、動画の無断アップロードに対して損害賠償の請求や逮捕者がいます。

UFGの試合をニコニコ動画にアップ

2013年の5月には、総合格闘技競技「UFC」の試合を撮影・編集した動画を「ニコニコ動画」にアップロードした人物を公衆送信権の侵害にあたるとして、裁判長は原告の訴え、損害賠償1,000万円及び弁護士費用600万円の支払いを認めました。

阪神タイガース戦をYouTubeに無断でライブ配信

2018年10月、スポーツ中継を無断でライブ配信した京都市の44歳の会社役員男性が逮捕されました。 スポーツ中継の無断ライブ配信で検挙されたのは、全国で初めてのことでした。

サンテレビの阪神タイガース戦をYouTubeに無断でライブ配信しており、テレビ局の著作権を侵害したとしてサンテレビなど民放2社が告訴していました。このYouTubeチャンネルには登録者が35,000人おり、多い時で1万4,000件のアクセスがあったそうです。

映画をショートムービーに編集してアップロード

ファスト映画で逮捕

2021年には、元ユーチューバーらのグループが通常2時間前後の1本の映画を10分程度に編集し、ナレーションや字幕を付け、「ファスト映画」としてYouTubeなどへアップロードしていました。

この違法行為で4名が逮捕、3名は有罪判決(それぞれ懲役1年6か月~2年、執行猶予3年~4年、罰金50万円~200万円)、ナレーションを担当した一人は1,000万円の賠償金で和解しました。

また、映画会社13社が民事訴訟を起こし、合わせて5億円の損害賠償を求めています。

最近もファスト映画で逮捕者

2022年もファスト映画で逮捕者が出ました。こちらも逮捕されたのはユーチューバーで、映画3本を短く編集してYouTubeに投稿。「違法ではないと思っていた」と著作権侵害の容疑を否認しましたが、懲役2年、罰金200万円という判決が下されました。

まとめ:RIZINに賭ける🆚動画をアップロード:違法になるのはどっち?

著作権RIZINに賭けるのとRIZINの試合動画をアップロードするのでは、試合のアップロードが明かに違法になります。

スポーツ試合のライブ配信はRIZINに限ったことではないですが、公衆送信権を持つ場合にのみ可能です。

実際に著作権侵害で起訴されると、70%近い割合で起訴されています。これは他の事件の起訴率より高く、その理由は「動画」や「画像」などの証拠が既に世の中に出回っていることによるものです。

起訴されると、略式命令(罪を認めて裁判をせず罰金を払う)で罰金刑になる(悪質でない限り被告が略式命令を選ぶことができる)割合が60%と言われています。

起訴されても略式命令でも、無断で動画を配信したことの代償としては大きいのではないでしょうか。

動画や画像をアップロードする際には、皆さんも十分気を付けて行いましょう!

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪