著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ベット戦略【ココモ法】は勝てる?実践方法と注意点

Stuff

Name:
ココモ法
Creator:
不明
Age:
不明
Complexity:
easy
Equipment needed
Works offline
Popularity:
medium
Risk:
medium
Casino game types:
Roulette

Other stuff

Works online
Works offline
Works for casino
Works for bookmaker
Works for poker

カンタン詳細解説!ココモ法

シンプルなルールですぐに実践できるベット戦略がココモ法。

マーチンゲール法は1:1(2倍)配当で使うベット戦略ですが、ココモ法は2:1(3倍)配当で使えるベット戦略です。

3倍配当だけに、マーチンゲール法よりは1セット終了時の利益が大きくなりますが、当たる確率もマーチンゲールの約50%に比べココモ法は33%となるので、連敗する可能性も高いと言えます。

しかし理論的には勝てるココモ法。その実践方法と注意点をご紹介!

どのゲームでココモ法は使える?

主にルーレットのアウトサイドベットで使えます。

しかし配当が2:1(勝った際に3倍の配当が支払われるベット。しかしこの3倍には賭け金も含まれているので利益は賭け金の2倍となります)のベットならどのゲームにも有効です

ルーレットのアウトサイドベットで2:1配当のベットは

  • ルーレットのコラムベット(小中高ナンバーに分けられた12ナンバー)
  • ダズンベット(縦3ラインに分けられた12ナンバー)など

があります。

2:1配当

2:1配当

 

ココモ法は他の分野で使える?

3ぶんの1の確率で当たるベットで有効なこと、そして配当もベット額の3倍が返ってくることが有効な条件となるココモ法では、スポーツベットやブックメーカーなど他の分野のギャンブルに使用するのは困難です。

カジノでお試しあれ!

ココモ法の実践法

まずは紙とペンを用意しましょう。記憶力のいい方は必要ないかもしれませんが・・・

簡単にいうと、ココモ法は2:1(3倍)配当のベットに賭け続け、負けると前回のベット額と前々回のベット額を足した額を次にベットしていきます。

1度勝つとそれまでの損失が取り戻せるのがココモ法の特徴です。

ココモ法をスタートして最初の2回は、前回と前々回のベットが無いので好きな額をベットします。ただし、1回目に負けたら2回目のベットは1回目と同額か大きくすること。

始めから高いベット額を設定すると連敗した時にとんでもなくベット額に膨れ上がるので、後々のことも考えながらベット額を決めてください。

2連敗した時点から前回と前々回のベット額を足した額を、勝つまでベットし続けます。

1度勝つと1セット終了。それまでの損失を取り戻し、利益が出ます。

それでは、シミュレーションしてみましょう。

ベット額 勝敗 累積損益
負け -1
負け -2
負け -4
負け -7
負け -12
負け -20
13 負け -33
21 負け -54
34 負け -88
10 55 負け -143
11 89 勝ち +35

連敗した時のベット額は常に倍賭けのマーチンゲール法ほど膨らまないので、その点はココモ法の方が経済的。しかし33%の勝率なので、マーチンゲール法より連敗が続く可能性は高いということが言えます。

ココモ法は勝てる?勝てない?

理論的、数学的には必ず勝てるベット戦略です。

しかしシミュレーションを見てもわかるように、連敗した際にある程度の資金が必要となります。

もしあなたが資金力のある方なら、ココモ法は必勝法です!

ココモ法のメリット

マーチンゲール法よりも大きい利益が得られます。

時間をかけ、リスクを負って試したのに利益はこれだけ・・・というのは残念すぎますが、ココモ法ならそれなりの利益があります。

実践方法も簡単ですぐに試すことができるのも良い点。

ココモ法のデメリット

連敗の可能性がマーチンゲール法よりも高いこと。

ベット額は増え方はマーチンゲール法ほど急激ではありませんが、連敗の可能性が高ければやはりベット額はそれなりに増えていきます。

ベット額が増えた際に、プレイしているテーブルのベットリミットを超えないか、の確認も始める前にしておきましょう。資金はあるのにベットリミットを超えてしまうので賭けられない・・・ということにならぬようにね。

もしそんな場合は最大ベットの高いテーブルに移って引き続きプレイをしましょう。

ココモ法に向いているプレイヤーのタイプは?

まずは資金のある人。

少ない資金では資金切れで1セットを終わらせることができず、負けで終わる可能性があります。

ドカンと勝てる方法ではないので、コツコツ増やしていく辛抱強さを持った人におすすめ

 

ココモ法はオンラインカジノで違反行為?

規約には賭け条件をクリアーするためのオポジットベットなどは違反行為と記載されているカジノは多いですが、ベット戦略について記載されているカジノはあまり見かけません。

ワタクシもいくつかのベット戦略をオンラインカジノで時々試しますが、とがめられた事はないですね。

とはいえ、毎回ココモ法を使って出金していたら、目を付けられる可能性は大いにあります。そのあたりのリスクも考えた上で実践しましょう。

ココモ法の秘訣

2:1配当で有効なココモ法

必ず勝てるとはいえ、資金が無限ではない限りリスクは必ず伴います。

調子が良い時は短時間で資金が増えたりもしますが、欲を出して続けると失敗のもととなります。

ワタクシの実際の体験から、実行する際は目標利益を決め、その額に達すると潔くやめること。

また、損切りのタイミング(資金の半分を損失したらやめる、など)も決めておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

必ず勝てるココモ法と言えど、資金が無限ではない限り上手くいかないこともあり得ます。

勝てるのに皆が実践しない理由は、資金が無限ではないから。

連敗してベット額が高くなった時、そのリスクを負って得られるものに納得のいく価値があるか、ということを自問自答するからではないでしょうか。

そしてこれらのベット戦略でプレイする際は「ギャンブルの楽しみ」が減少します。

たまに実行するのには面白いベット戦略なので、みなさんもほどほどにココモ法をお試しあれ!

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!オンカジ業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪