著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ボーナスシステム徹底解剖

基本情報

ジャンル:
ボーナスガイド
ガイド難易度:

オンラインカジノの賭け条件を大解剖!カジノごとのタイプ別ボーナス攻略法

ボーナスのタイプは様々

ボーナスのタイプは様々

オンラインカジノには賭け条件というものがあり、ボーナスを受け取ると受け取った額の20~70倍ぶんの額をプレイをしなければならないのはご存じですね?

(この部分をよく理解しているか不安な方は、まずオンラインカジノのボーナス賭け条件とは?知らないと出金拒否の可能性も!】をチェック!)

この●倍の賭け条件、各ゲームの消化率、ベット上限があることを理解したら、「ボーナス現金化の最も重要な部分」ともいえる【カジノごとに賭け条件がどのように機能するか】を学びましょう。

きっとみなさん、始めてプレイしたオンラインカジノで賭け条件が何たるか、どう機能するかをプレイを通して学ぶ方が多いのでは?

そこで賭け条件を理解し、他のカジノも同じだと思っていると大間違いです。賭け条件には大まかに分けて3タイプあり、各タイプにもいくつかのバリエーションがあります。

倍率は違うにせよ、どのオンラインカジノにも共通に「●倍」という条件がありますが、実際のプレイが賭け条件にどのように反映するかは異なるのです。

元オンラインカジノ勤務、その後アフィリエイトで150カジノ以上のレビューを書いたギャンブル好きなワタクシが、ボーナス賭け条件に関して徹底解説します!

ボーナスを現金化したい方は必見ですよ~♪

分離型ボーナス

分離型(ノンスティッキー)

分離型(ノンスティッキー)

日本のオンラインカジノ界では【分離型】と呼ばれているボーナス。

業界では「ノンスティッキーボーナス」と呼ばれていますが、スティッキーには「張り付く/粘着性のある」という意味があります。「ノン」が付いているので、粘着性がないという意味ですね。

個人的にはこの分離型ボーナスが、最も「ユーザーフレンドリー」なボーナスだと思っています。

カジノでボーナスを受け取り、プレイを始めたとします。

入金せずに受け取ったボーナスの場合は、賭け条件をクリアーするのに専念するのみですが、入金して受け取った分離型ボーナスは、資金にリアルマネーとボーナスマネーが共存し、リアルマネーが先に使われることになります。

分離型ボーナスはプレイ初期段階の、ボーナスを使い始める前にリアルマネーで勝利すれば、ボーナスとその賭け条件を破棄して出金可能です。

いわば分離型のボーナスは、リアルマネーが無くなってからボーナスマネーでのプレイになってはじめて賭け条件を消化していくため、「敗者復活戦」的なボーナスとなります。

原則、分離型ボーナスはリアルマネーでのプレイは賭け条件を消化出来ず、ボーナスマネーでのプレイのみ賭け条件を消化していきます。

よって、早い段階で大きく勝利すれば、ボーナスを破棄して出金する事を選択するのが賢いプレイ法でしょう。

分離型ボーナスを提供しているカジノはこちら

しかし、分離型ボーナスはカジノよって以下のようなバリエーションがあります。

 

半分離型ボーナス

分離型ボーナスにも、ちょっとひねったボーナス形態を持っているカジノがあります。

その一つとなるのが、【半分離型ボーナス】です。

原則、入金してボーナスを受け取るとリアルマネーから使われていきますが、この「半分離型ボーナス」の場合、リアルマネーとボーナスマネーは半々に使われていきます。

例えば、$100入金して$100ボーナスを受け取ったとします。

合計$200の資金でプレイスタートとなりますね。

ここで$2をベットしたとします。

通常この分離型ボーナスの場合、ベットの$2はリアルマネーとなりますが、「半分離型ボーナス」の場合は$1がリアルマネー、$1がボーナスマネーとなります。

この$2ベットで配当が無ければ、$2が賭け条件から消化されます。

反対に$2で配当があった場合、配当の半額はボーナスマネーに、もう半額はリアルマネー残高に加算されます。

この場合も、$2が賭け条件から消化されます。

この半分離型ボーナスは、賭け条件をクリアーするまで出金できません。

このボーナス形態を持っているのはこちらのカジノ

 

比率分離型ボーナス

もう一つ、半分離型ボーナスと似て非なるボーナス形態がこちら、「比率分離型ボーナス」です。

こちらは、資金にリアルマネーとボーナスマネーがある場合、その比率によってベットの内訳が変わります。半分離型はベットの内訳が半々(50/50)ですが、そこが異なるところ。

例えば、$100入金で50%ボーナスの$50を受け取ったとします。

この場合、リアルマネーとボーナスマネーの比率は2:1ですね。ここで$3をベットした場合、その内訳は比率通り、リアルマネー$2、ボーナスマネー$1となります。

この$3で$6の配当があった場合、$4はリアルマネー残高に、$2はボーナスマネー残高に、比率と同様に配当も資金に加算されます。

また、$3が賭け条件から消化され、賭け条件をクリアーする前に出金したい場合、ボーナス残高は削除されリアルマネー残高のみ出金可能です。

$100入金で$100ボーナスを受け取った場合、1:1なので半分離型と同じように考えることができます。

こちらも半分離型ボーナスと同様に、リアルマネー残高と残り賭け条件がいくらか、を考慮して出金のタイミングを見極めましょう。

比率分離型ボーナスを提供しているカジノはこちら

一体型(スティッキー)ボーナス

一体型(スティッキー)

一体型(スティッキー)

日本では一体型ボーナスと多くの人が呼び、英語ではスティッキーボーナスと言われるこの形態のボーナスは、一旦ボーナスを受け取ると縛りが発生するボーナスです。

一体型ボーナスはボーナスを破棄することができず、賭け条件をクリアーするまでは出金することができません。

そう聞くと、一体型ボーナスを受け取るのが怖くなる方もいらっしゃるかもしれませんが、このボーナスの利点はリアルマネーでも賭け条件を消化できること。

ボーナスマネーでのみ賭け条件を消化できる分離型ボーナスと違い、一体型ボーナスはボーナスを受け取ってプレイを始めた時点から賭け条件を消化し始めます。

故に、賭け条件を消化するスピードは速いと言えますね。

また、一体型ボーナスを提供するカジノはボーナス額が大きい傾向にあります。

賭け条件をクリアーするには、資金が多いほどクリアーできる可能性があります。

一体型ボーナスを受け取る際には、入金額とそれにかかる賭け条件を考慮(少なすぎると資金が足らずクリアーできない、または多く受け取りすぎると賭け条件も大きくなり、かなりの時間を要すため)する必要があります。

どのくらいが妥当な金額か疑問に思っている方、ワタクシの経験では、プレイする際のベット額x賭け条件の10倍の額くらいの資金を持つのが適当な額だと思われます。

例えば、あなたが賭け条件50倍の一体型ボーナスを受け取って、$1ベットでプレイしようと思っているのなら、

1x50=50x10=500

となり、ボーナス受け取り後の資金が$500くらいになるよう目安にしています。

これはあくまでワタクシの目安であって、個人によって異なるかと思います。プレイを重ねていくうちに、これらのことはわかってくると思いますよ。

一体型ボーナスを提供しているカジノはこちら

アンロック型ボーナス

アンロック型ボーナス

一風変わったボーナス形態が、ジャパンギャンブラーズが【アンロック型】と呼んでいるボーナスです。

個人的には駆け引きのない単純明快さ、縛りがない点、プレイしていれば必ず現金として貰える部分が気に入っています。

アンロック型ボーナスは入金して該当するボーナスを受け取っても、すぐに利用できる状況にありません。

ボーナスはロック状態になっており、賭け条件となっている倍率をリアルマネーでプレイすると、ボーナスマネーがアンロックされ、リアルマネーに変わって資金に追加されます。

すぐに使えないボーナスなため、お得さを感じない方もいらっしゃるようですが、よく考えれば縛りもなく、ある程度プレイをすれば現金として受け取れる点を考えれば、頻繁にプレイする方にとっては最も利点のあるボーナスです。

【アンロック型ボーナス】には、以下のような還元方法があります。

一括アンロック型ボーナス

一括アンロック型は、賭け条件を達成するとリアルマネーとして一括でアカウントに加算されます。

例えば$100ボーナスを受け取り、30倍の賭け条件が付いているとします。

しかしこのボーナスはロック状態で使えません。

賭け条件$3,000を、リアルマネー(入金した額)でクリアーすることになりますが、1度の入金でクリアーする必要はありません。

もちろん、一度の入金で賭け条件をクリアーできると最高ですが、出来なかった場合でもボーナスが削除されることはありません。

再度入金して残りの賭け条件を消化することができるのです。

反対に、勝利して出金してもボーナスが削除されることはありません。

そしてさらに賭け条件をクリアーし終えると、ボーナスは現金となって一括で「ドン!」とアカウントに入ります。

ということは、遅かれ早かれ(期限はありますが)ボーナスをリアルマネーとして受け取ることができるということです。

「何度も入金させようというカジノの罠だ」と考える人もいるようですが、個人的には一種の「保証された現金ボーナス」と言える部分が好きですね。

もちろん、どう考えるかはあなた次第!

一括アンロック型ボーナスを提供しているカジノはこちら

分割アンロック型

ボーナスがロックされている状態は一括アンロック型ボーナスと同じですが、少しずつ還元されるタイプのアンロック型ボーナスもあります。

例えば、賭け条件の10%(賭け条件が$3,000なら$300)を賭ける毎に、ボーナスの10%がリアルマネーとなってアカウントに加算されるといった具合です。

ベット額がポイントとなり、ポイントを一定数貯めると現金と交換できる場合もありますが、過程は同じです。

ちょこちょこ入るので、入っているのに気付きにくいのが玉にきずですが、アンロック型は必ず貰える(期限あり)というポイントがおすすめ。

分割アンロック型ボーナスを提供しているカジノはこちら

こちらポーカーサイトも分割アンロック型ボーナスを提供

キャッシュバック型ボーナス

キャッシュバック

こちらは賭け条件と切り離されたボーナスで、入金して貰えるボーナスはありませんが、入金して勝てなかった場合にはキャッシュバックやリベートとして受け取ることができます。

この場合のキャッシュバックやリベートは現金の場合と、少しの賭け条件が付いている場合とがあります。

キャッシュバック型ボーナスを提供しているカジノはこちら

その他の重要な共通ルール

以上のボーナスには、オンラインカジノのボーナス賭け条件とは?知らないと出金拒否の可能性も!】で説明したように、

  • ベット上限
  • 各ゲームの消化率
  • 禁止ゲーム
  • ボーナス有効期限
  • 出金上限

などのルールがあることも忘れないで。

それって何のこと?っていう方は、以上のリンクで賭け条件の基本知識をおさらいしましょう。

そして、「こんなボーナスは面倒そうだから要らない」「勝ったらすぐに出金したいからボーナス貰わない」という方にも、入金額には【マネーロンダリング防止対策】として、各カジノは1倍から5倍(通常は1倍ですが3倍や5倍というカジノも!)までの賭け条件を入金額に課していることもお忘れなく。

これらを情報を利用規約やボーナス規約を読んで見つけるのが面倒な方は、ジャパンギャンブラーズのレビューでチェックしてね♪

ジャパンギャンブラーからのコメント

自分に合ったボーナスシステムを持ったカジノでプレイ

プレイヤーのプレイ目的によって、どのボーナスがお得かという判断基準は変わってきます。

このページではワタクシの主観を述べましたが、判断するのはあなたです。

重要なのは、どのようにボーナスと賭け条件が機能するかを知っておくこと!

アドバイスとしては、可能な限り【ボーナスマネーとリアルマネーは混ぜない】こと。

混ぜないとは、アカウント残高に共存させないこと。特に一体型ボーナスのカジノでは・・・ね。

入金ボーナスの場合は入金に対して貰えるボーナスなので仕方ありませんが、入金によって受け取れるフリースピンはリアルマネーが無くなってから使用すべし。

入金して最初にフリースピンを回して勝利金を得ると、その勝利金に賭け条件が発生し、クリアーするまで出金できなくなります。

これが分離型ボーナスのカジノなら、リアルマネーで勝てばフリースピンの勝利金を破棄して出金が可能ですが、一体型ボーナスだとそうもいきません。

フリースピンから得た配当が大きいほど、賭け条件も大きくなり、リアルマネーの勝利金に影響を及ぼします。

まずはあなたのプレイするカジノがどのタイプのボーナス形態なのかを知り、その形態に合ったプレイをする事が大事です。

また、複数のカジノでプレイをしている人は、カジノによってボーナス形態が異なることを理解したうえでプレイしましょうね!

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪