著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

本人確認不要(KYC)なオンカジとは

基本情報

ジャンル:
まめ知識
ガイド難易度:

本人確認不要なオンカジがあるって本当?

オンラインカジノでプレイする上で欠かせない本人確認。

ほとんどのオンラインカジノでは初めて出金申請を行うときに本人確認(KYC=Know Your Customer)書類が求められます。一部のカジノでは必ずしも初めての出金時ではなく、一定の入出金などの基準に達した際に求められますが、いずれにせよ本人確認は必要です。個人情報なんて渡したくない~、それにこれがいちばん面倒くさい~って人、きっと多いよね?!

でも実はオンラインカジノの中には【本人確認が不要】なカジノがあります。

本人確認が要らないなんて、どんなカジノなんだ?どんな時?条件はあるの~?などいろいろ疑問があると思いますが、一つ一つ見ていきましょう!

仮想通貨(暗号通貨)オンラインカジノ一覧はこちら!

本人確認とは

そもそもどうして本人確認(KYC)が必要なの?

オンラインカジノでは「顧客が誰であるか」を知る義務があります。これはオンラインカジノ運営許可を発行しているライセンス発行機関が定めています。本人確認が必要なのは主に次のような理由によります。

  • 未成年者によるギャンブルの利用を防ぐ

オンラインカジノはプレイヤーの身分証明書からプレイ可能な年齢であるかどうかの確認をしています。有効な身分証明書の提示がない場合はプレイを許可しません。

  • アカウントの不正利用を防ぐ

オンラインカジノではアカウントの重複や第三者によるアカウント利用などは認められていません。

  • マネーロンダリングを防ぐ

マネーロンダリングとは、不正に得たお金を合法的な資金に変え、犯罪活動の資金源とすることです。カジノはアカウント上で不審な動きが見られたプレイヤーに身分証明書や資金の証明など書類の提出を求めることができます。

ギャンブルは責任を持ってプレイ👉厳格化する「責任あるプレイ」でオンラインギャンブル業界はどう変わる?

本人確認不要なカジノはこんなカジノ

大きく分けて本人確認が不要なカジノには二通りのパターンがあります。

  • 通貨にかかわらず本人確認が不要なカジノ
  • 仮想通貨/暗号通貨で決済すると本人確認が不要なカジノ
  • 仮想通貨/暗号通貨と銀行決済の場合本人確認が不要なカジノ(登録時にプランを選ぶタイプのカジノ)

通貨にかかわらず本人確認が不要なカジノ

仮想通貨利用でも法定通貨利用でも本人確認を原則不要としているカジノがあります。

クラウドベット/Cloudbetでは原則どの決済方法利用でも本人確認を求められることはありません。ただしカジノ側に必要だと判断された場合は提供を求められます。

今後法定通貨の出金方法が増加した場合は本人確認に関し変更がある可能性があるとのことです。

賭けっ子リンリン/Kakekkorinrinでは、よくある質問に「賭けっ子リンリンが必要だと判断した場合にのみ、アカウントに対してご本人確認作業をお願いする事がございます。」とあります。

ミスティーノ/Mystinoの返答も同様です。

マネーロンダリング防止の観点からも、実際には特に法定通貨を利用時は本人確認が求められることが結構あるのではないか、と思います。

これらのカジノの場合、カジノが本人確認を求めるタイミングがいつかわからない、と理解しておく方がいいかもしれませんね。

豊富な仮想通貨取り扱い👉最大出金上限なしのクラウドベットでプレイ

仮想通貨で決済すると本人確認が不要なカジノ

仮想通貨/暗号通貨を主に扱っているカジノ、

などがこれにあたります。ブックメーカーでは

もありますね。

仮想通貨をカジノを利用するにはまず仮想通貨取引所で本人確認を完了している必要があるため、これらのカジノでは仮想通貨で入出金を行うなら本人確認必要なし、とされています。

ちなみに、日本人に向けたオンカジが保有しているライセンスで最も多いのはキュラソー、次にMGA(マルタ)ライセンスですが、MGAライセンスでは基本的に仮想通貨が認められにくく(一部例外あり)、本人確認不要カジノはMGA以外のライセンスを保有しています。

多くの場合、登録もとてもカンタンです。カジノにもよりますが、ユーザーネームとメールアドレス、パスワードや生年月日などの入力だけで済むところが多く、本人確認書類を求められることは基本的にはありません。(しかし、本人確認をすることは推奨されています)

しかし法定通貨を利用する場合は他のカジノと同じように求められます。

また、仮想通貨のみの利用でも、「基本的には」求められない、とのこと。裏を返せば必要があれば本人確認が必要となります。

  • 法定通貨で決済する場合:本人確認必要
  • 仮想通貨で決済する場合:本人確認が必要な場合あり

という認識でいた方がよさそうです。

ビットコインと本人確認

仮想通貨と銀行決済の場合本人確認が不要なカジノ(登録時にプランを選ぶタイプのカジノ)

また、仮想通貨だけでなく、銀行送金を利用する場合にも本人確認が不要なカジノもあります。銀行送金なので法定通貨での入出金となります。

ジャパンギャンブラーズで紹介しているカジノでは、

がこれに当たります。どちらのカジノも、登録時に二つの登録方法から選べるようになっており、

  • 本人確認なしでプレイ&入出金が可能なプラン
  • 本人確認ありの通常のプラン

の二つを用意しています。

本人確認なしでの利用が可能なプランはエルドアでは【LITE プラン】、ユースカジノでは【EASYプラン】といいます。

ただしこちらのプランを選ぶと受けられるVIPプログラムやキャンペーンなどのサービスに制限が生じます。キャンペーンやボーナスなどに興味がない、という人にはいいでしょう。

どちらのカジノにも多くの決済方法が用意されているものの、【LITE プラン】や【EASYプラン】で利用できるのは仮想通貨と国内銀行送金のみとなります。

また、途中で通常プランに変更することも可能です。

人気上昇中のカジノ👉ユースカジノに今すぐジャンプ!

【本人確認不要】のメリットとデメリット

本人確認

メリットとしては、

  • 面倒な書類の提出の必要がなく、時短にもなる
  • 個人情報をカジノに渡さなくてよい

などが挙げられます。一方デメリットとしては

  • サービスの制限がある場合がある

ということです。

しかし絶対に【本人確認不要】というワケではない

【本人確認なし/本人確認不要】とうたっていても、必ず「基本的には、通常は」などの但し書きがついていて、カジノにはいつでも本人確認書類の請求をする権利があります。

なぜ本人確認を求められているの?と疑問に思うかもしれませんが、その理由はカジノ側があなたのアカウントからそう判断したから、としか言えません。アカウント上で「あやしい(とカジノに思われてしまう)」動きをしたのかもしれないし、高額出金の際にも求められることがあります。

ジャパンギャンブラーズからのコメント

エルドアカジノやユースカジノの「選択制の登録プラン」は2021年後半に登場した比較的新しい登録方法ですが、今後増えていきそう。

特に個人情報の提供に不安を感じるプレイヤーさんや、オンラインカジノ初心者さん、少し試してから本格的にプレイしたいという経験者さんにはまず本人確認不要のプランで始められるという選択肢があるのはプレイヤーにとってはいいこと。

お話ししてきたとおり、本人確認が不要なカジノでも絶対に本人確認書類を求められないということではなく、「いつでもカジノが判断した場合は本人確認書類を求められることがある」のです。そこは覚えておいてプレイしましょうね。

限定現金ボーナスがアツい🔥👉ステークカジノでプレイ!

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。