著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

クラップスガイド

基本情報

ジャンル:
ゲームガイド
ゲーム名:
クラップス/Craps
ガイド難易度:
適用ゲーム:
クラップス

ゲームスタイル

ライブゲーム
ソフトウェアゲーム
プレイヤー vs ハウス
プレイヤー vs プレイヤー

クラップス/Crapsのルールと勝ち方

クラップス/Crapsはバカラやブラックジャックの人気に押され、少し影の薄いゲームのように感じる方もいるのでは?

ランドカジノでは大規模なカジノでない限り、クラップスのテーブルを見かけることも少ないでしょう。

なぜなら、確かにバカラブラックジャックの方が人気が高いという理由もありますが、カジノゲームの中でもプレイヤー側の勝率が高いゲームなので、個人的にはカジノ側はあまりプレイヤーにプレイしてほしくないゲームだからではないかと思っています。

プレイヤー同士がわいわいと一体となって楽しめるゲームでもあり、カジノフロアで最も賑やかなゲームとも言えます。

ベットの名称がすこしややこしい

クラップスはダイス(サイコロ)の出目を予想するというシンプルなゲームで、ブラックジャックほど知識や戦略を必要としない勝ちやすいゲームなのでプレイしてみるべし!

ランドカジノでクラップスをプレイする際のマナーを踏まえながら、悪い賭け方、良い賭け方もご紹介。

ルールと稼げる賭け方を学び、クラップスの勝率を最大限に引き上げましょう!

クラップスの基本用語

  • シューター(Shooter):ダイスを投げる人
  • ロール(Roll):ダイスを転がすこと
  • カムアウトロール(Come-Out Roll):ダイスの一投目
  • ポイントロール(Point Roll):カムアウトロールで4, 5, 6, 8,9,10が出てポイントとなってからの2投目以降のロール(サイコロ投げ)
  • シリーズ(Series):回(ラウンド)のこと
  • セブンアウト(Seven Out):7が出て1シリーズがおわること
  • オールデイベット(All Day Bet):7が出るまでベットが残る賭け
  • ワンロールベット(One Roll Bet):次のロールで勝負が決まる賭け
  • パック(Puck):裏と表にON/OFFと書かれているまるいプレート状の目印。OFFの時はカムアウトロールでゲームの始まりを意味し、
  • ポイント(Point):場の出目
  • ボックスマン/スティックマン(Box Man/Stick Man):クラップステーブルのディーラー

クラップスのルール

2つのダイスの目を予想するゲームだという事は、みなさんすぐにお判りですね。

少しわかりづらい点といえば、テーブルに書かれたいくつかのベット箇所の意味でしょう。

それが分かればクラップスはシンプルで、ゲームに参加している皆で和気あいあいと楽しめます。

参加するには、テーブルでボックスマン(ディーラー)に現金をチップに交換してもらい、好きな場所にチップを置いて賭けましょう。

とはいえ、ほとんどののクラップスプレイヤーは、【パスライン】【カム】【オッズベット】に賭け(その詳しい理由は、後の項目で)、【パスライン】ベットがどのように機能するかを覚えるのは必須、そして【カム】と【オッズベット】の賭け方を覚えればクラップスを十分楽しめます。

その他のベットは当たる確率が低いため、ぶっちゃけお勧めしません。

クラップスのベットの種類と説明

ベットの名称 ベットの説明
パスライン(Pass Line) シューターが勝つことに賭ける。カムアウトロールで【7】【11】が出ると勝ち、【2】【3】【12】が出ると負け、それ以外の数字が出ると、その数字が【ポイント】となり、2投目以降で【7】が出る前にその【ポイント】となった数字が出れば勝ち、【7】が先に出ると負け
ドントパス(Don’t Pass) シューターが負けることに賭ける。パスラインとは逆の賭けで、カムアウトロールで【7】【11】が出ると負け、【2】【3】が出れば勝ち、ただしカムアウトロールで【12】が出た場合は引き分け。それ以外の数字が出ると、その数字が【ポイント】となり、2投目以降で【7】が出る前に【ポイント】となった数字が出れば負け、【7】が先に出ると勝ち
カム(Come) ルールはパスラインと同じだが、2投目以降から賭けることができる
ドントカム(Don’t Come) ドントパスと同じだが、2投目以降から賭けることができる
エニークラップス(Any Craps) 次のロールで【2】【3】【12】が出ることに賭ける
エニーセブン(Any 7) 次のロールで【7】が出ることに賭ける
ビッグシックス(Big 6) 【7】が出る前に【6】が出ることに賭ける
ビッグエイト(Big 8) 【7】が出る前に【8】が出ることに賭ける
フィールドベット(Field Bet) 次のロールで【2】【3】【4】【9】【10】【11】【12】のいずれかが出れば勝ち、【5】【6】【7】【8】 が出れば負け
ハードウェイ(Hard way) ハード6、ハード10など、ペア(ゾロ目)が出ることに賭ける。ハード8の場合、4₋4のゾロ目で勝ち、他の8(2₋6/3₋5)の組み合わせで負け
プレイスベット(Place Bet) 2投目以降から賭けることができ、4~10までの数字に賭け、賭けた数字が【7】よりも先に出れば勝ち、【7】が先に出れば負け
オッズベット(Odds Bet) パスラインに賭けた際の2投目、もしくはカムに賭けてから2投目に、賭け金の額を増やすベット

クラップスの特徴は、プレイヤーが交代でダイスを投げることができます。

ダイスを投げるプレイヤーのことを【シューター】と呼び、シューターはプレイヤーが負ける(パスラインベットが負けになる)と時計回りに交代し、勝ち(パスラインベットが勝つ)続けると同じ人がシューターを続けます。

👩‍🏫マナー1

ダイスのすり替えや不正防止のため、シューターは片手でダイスを拾い、片手で投げなければなりません。ダイスを握ったら、クラップステーブルの外やディラーや他のプレイヤーたちの視界の外に出さないようにしましょう。

通常、シューターは「プレイヤー代表」となってダイスを投げます。そのため、他のプレイヤーはシューターと同じようなベット(ほとんどの場合パスライン)をします。

だからプレイヤー同士が一丸となって熱狂し、楽しめるゲームというわけなのです。

ランドカジノでは皆で楽しむ

👩‍🏫マナー2 

皆と逆の賭けをしてはいけないというルールはありませんが、プレイヤー全員が同じ数字を望んでダイスを投げて盛り上がっているのに、一人だけドントパスやドントカムにベットし、逆の結果を望んでいるプレイヤーがいると場をシラケさせることになり、嫌な顔をする人も。ドントパス、ドントカムに賭けたい場合は人のいない時に賭けることをお勧めします。

主な賭けとなる【パスライン】の説明

クラップスでは【7】がゲームの勝敗を握る重要な数字となります。

みんなで盛り上がって楽しむためにも、ほとんどの場合、みんながパスラインに賭け、カムアウトロール(最初のダイス投げ)し、【7】【11】が出ると勝ち(等倍配当)、【2】【3】【12】が出ると負け(ベット没収)、それ以外の数字(4, 5, 6, 8,9,10)が出ると、その数字が【ポイント】となり、賭けはそのまま続きます。

その場合、カムアウトロールでONだったパックがOFFになり、【ポイント】となった数字に置かれます。

そこからのダイス投げは【ポイントロール】と呼ばれ、ポイントの数字か【7】が出るまで続きます。

ポイントの数字か【7】が出るまで、賭けたチップの勝敗に影響はありません。

例えば、【パスライン】に$10ベットし、カムアウトロールで【9】が出た場合、【ポイントは9】になり、【9】か【7】が出るまで【ポイントロール】は続きます。

先に【9】が出ればパスラインのベットは勝ちとなり、等倍配当の$10とベット額の$10が戻ってきます。

しかし【7】がポイントとなった【9】より先に出てしまうと、賭けたチップ$10は没収となります。

次に主なベットとなる【カム】の説明

パスラインと同じルールですが、唯一違うのは、【カム】はカムアウトロール(1投目)から参加せず、2投目以降でゲームに参加する場合、【カム】ベットとなります。

例えば、カムアウトロールで【9】が出て、あなたは2投目からゲームに参加し、【6】が出たとします。

ゲームに最初から参加している人のポイントは【9】、あなたのポイントは【6】となり、ゲームは進行します。

ポイントが決まると、カムに置いたベットはポイントの数字に移動します。

カジノとプレイヤー50/50勝率の【オッズ】ベットの説明

【パスライン】に賭けた2投目(カムアウトロールの次のロール)、または【カム】に賭けた際の2投目から、そのベット額を増やすことができます。

つまり、【オッズ】ベットとは「賭け金を増やす」ベットです。

例えば、パスラインに$10をベットし、カムアウトロール(またはカムに賭けた際のロール)で【ポイント】が【9】となったとします。

このままプレイすると、2投目以降に【9】が【7】より先に出れば勝ち、1:1の等倍配当(ベット額+同額の利益)$20が払われます。

しかし、カムアウトロール後に【オッズ】でベット額を$20上乗せし、勝利すると、最初のパスラインベットには1:1配当、【オッズ】ベットには【ポイント】の数字と【7】の出現比率に応じたペイアウト率で配当が支払われます。

つまり、この例の場合

  • 最初の賭け金$10は1:1の等倍配当=$20
  • 【9】のオッズベット$20の配当は3 : 2(1.5倍)=$30

となり、合計$50が支払われます。(配当/ペイアウトは次の項目で確認!)

【オッズ】の賭け方:【オッズ】には賭ける枠がない!

この【オッズ】ベット、実はカジノにとっては「儲けにならない」ベット(プレイヤーとカジノの勝率が正確に半々)なのです。

そのためか、クラップステーブルには「オッズ」と明記されているベット枠がありません。

「賭けてほしくない」のがあからさまなマフィア的なゲームですw

そんなカジノの思惑に反し、この美味しい【オッズ】ベットを行うには

🎲パスラインに続いてオッズベットをする場合:ベットしたパスラインの枠の外に指2本分くらいの間隔をあけ(ダイスがチップの間に傾いて挟まり、出目の判定がしにくくなるのを防ぐため)【オッズ】ベットを置きます。

カム-オッズベット🎲カムに続いてオッズベットをする場合:【カム】にベットしてポイントが決まると、カムに置いたチップはテーブル上部の「4, 5, SIX, 8, NINE, 10」内のポイントの数字に移動します。

しかしこの場所は、プレイヤー自らでベットを置いたり、触れたりしてはなりません

そのため、【カム】のベット箇所に「Odds on 9/オッズ・オン・ナイン」といってチップを置けば、ボックスマンがチップを置いてくれます。

ナンバーに置かれたチップを指さして【オッズ】と言っても通じます。

オッズベットした額は元のベットと配当が異なるため、少しずらして重ねられます。

オッズベットについて

オッズリミットまた、カジノ側にとって利益の薄いオッズベットにはベット上限があります。

一般的に、元のベットの2倍から5倍(カジノによって異なる)までしか賭けられません。

最近はポイントナンバーの出現率によって倍率が決まっていることが多く、「3x 4x 5x Odds(3 – 4 – 5 倍オッズ)」と表記されている場合、ポイントが4/10なら元のベットの3倍、5/9なら4倍、6/8なら5倍までがベット上限となります。

これらの倍率はテーブルの最小/最大リミット額と共に表示されています。

クラップスで最もお得となる【オッズ】ベットは、クラップス好きのプレイヤーのほとんどが行う賭け方です。

クラップス配当/ペイアウト

一般的なクラップスの配当は以下のようになっています。

高倍率のベットに関してはカジノによって若干倍率が異なることもあります。

ベットの種類 実際の確率 ペイアウト(配当) ハウスエッジ
パスライン/カム 251 : 244 1 : 1(等倍) 1.41 %
ドントパス/ドントカム 976 : 949 1 : 1(等倍) 1.36 %
パスライン-オッズベット/カム-オッズベット
4/10 2 : 1 2 : 1(2倍) 0%
5/9 3 : 2 3 : 2(1.5倍) 0%
6/8 5 : 6 5 : 6(1.2倍) 0%
ドントパス-オッズベット/ドントカム-オッズベット
4/10 1 : 2 1 : 2(0.5倍) 0%
5/9 2 : 3 2 : 3(0.67倍) 0%
6/8 5 : 6 5 : 6(0.83倍) 0%
フィールドベット
3/4/9/10/11 1 : 1(等倍) 5.5 %
2 2 : 1(2倍) 5.5 %
12 3 : 1(3倍) 5.5 %
プレイスベット
4/10 2 : 1 9 : 5(1.8倍) 6.7 %
5/9 3 : 2 7 : 5(1.4倍) 4.0 %
6/8 6 : 5 7 : 6(1.16倍) 1.52 %
ハードウェイ
6/8 10 : 1 9 : 1 9.09 %
4/ 10 8 : 1 7 : 1 11.1 %
1ロールベット
Any 7 5 : 1 4 : 1 16.9 %
Any Craps 8 : 1 7 : 1 11.1 %
Big 6/8 1 : 1 9.09 %

オッズベットは通常「パスライン」「カム」と組み合わせてベットしますが、このハウスエッジ0%は、オッズベットのみに関してのハウスエッジとなります。

クラップスプレイ時の注意点

上記のペイアウト表の「ハウスエッジ」に注目してください。

ハウスエッジ(胴元の取り分)は低いほど、カジノの儲けが少ないベット/ゲームです。

クラップスの【オッズ】ベットは、カジノゲームで唯一、ハウスエッジが【0%】のベットとなっています。

そんな美味しいベットをせずにクラップスをプレイするのは、損をしていると言っても過言ではありません。じゃんじゃん【オッズ】ベットをしましょう!

 

反対に、フィールドベットやプレイスベット(6/8以外)のハウスエッジは高く、負ける可能性が高いということ。

フィールドベットの確率の話をすると、【2】【3】【4】【9】【10】【11】【12】のいずれかが出れば勝ち、【5】【6】【7】【8】が出れば負けとなりますが、勝つ数字の方が多いので勝率の高そうなベットだと勘違いします。

しかし、実際の2つのダイスの出目の出現確率を考えると、負ける確率の高いベットなのです。

危険!近づくな!

危険!近づくな!

  • ダイスの2の目は1通り
  • ダイスの3の目は2通り
  • ダイスの4の目は3通り
  • ダイスの5の目は4通り
  • ダイスの6の目は5通り
  • ダイスの7の目は6通り
  • ダイスの8の目は5通り
  • ダイスの9の目は4通り
  • ダイスの10の目は3通り
  • ダイスの11の目は2通り
  • ダイスの12の目は1通り

このように、カジノの勝ちとなる出目は4つのナンバー=20通り、プレイヤーの勝ちとなる出目は7つのナンバー=16通りとなっています。

更にフィールドベットは他のベット箇所と色も変えて目立つようにしてあり、ここにもマフィア的な意図が伺えます。w

 

これらはたまにベットするのは良いですが、継続的にベットしているとチップは減っていきます。

更に出目の出現率と配当が割に合わないのは、ハードウェイやワンロールベットの種類。

これらに賭けることはチップを捨てるようなものなので、勝ちたいならこれらのベットは避けましょう!

オンラインとオフラインでの違い

オンラインカジノでクラップスをプレイする際のメリットは、他のプレイヤーを気にすることなく【ドントパス】や【ドントカム】など好きな場所にベットできます。

半面、みんなで盛り上がったり、ダイスを振ることはできません。

ライブカジノ クラップス

オンラインクラップスでオッズベットをするには、パスラインに二重線がある場合はそこをクリックすると「ラインオッズ」などと現れ、ベットすることができます。

カムオッズにベットするには、1投目の後、ポイントナンバーに移動した数字をクリックするとオッズベットができます。

慣れるまではちょっとややこしく感じるかもしれないクラップスなので、オンラインカジノで小額をベットして実際にプレイしてみると早く理解できますよ♪

ジャパンギャンブラーからのコメント

【オッズ】ベットは必ずし、可能な限りマックスでプレイすると稼ぎやすい印象があります。

実際にプレイしてみると、その実感が湧くのではないかな。

7が出るとごっそりチップを持っていかれますが、全てのポイントナンバーにオッズベットが出来、ロールごとに配当があったりするので資金は上下を繰り返しますが、最終的にひどく負けるゲームではありません。

経験では、パスライン、カム、オッズの3種類のベットを主にプレイすれば、むしろ少しプラスで終わることが多いゲームです。

このページでクラップスがどんなゲームか分かったら、案ずるより産むが易し、早速オンラインカジノでクラップスを試してみましょ♪

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪