著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ヘッジングとは

基本情報

難易度:
即実践可能
備品は必要?
人気・知名度:
リスク:
適用ベットカテゴリ:
eスポーツ スペシャル 一般スポーツ

ここで使おう!

環境

オンラインプレイ
ランドカジノ・店舗

ギャンブルカテゴリ

カジノ
ブックメーカー
ポーカー

スポーツベットのヘッジングとは

ヘッジ(ング)とは、スポーツに賭ける際にリスクを軽減したり、確実に利益を得るために使用される方法です。

ベットをヘッジ(分散)する目的は、損失を最小限に抑え、リスクマネージメント(リスク管理戦略)にもなります。

ちょっと難しい戦略のように思えますが、コンセプトは至ってシンプル。

最初に賭けた結果とは異なる結果に別のベットを置くことを意味するヘッジングは、状況にもよるものの、結果がどちらにせよ利益を確保する、または最初のベットのリスクを減らすことができます。

特にスポーツベット歴の長い方、頻繁にスポーツベットを行う方は知っておくべき戦略です。

ヘッジングでリスクマネージメント

 

ヘッジングのタイミングは?

ヘッジングのタイミングは試合前、ライブベットでも可能。また、オッズが変動した時にも可能です。

どちらにしても、すこし疑いのあるベットや、試合が予想に反した展開になった時におすすめする戦略です。

直感でベットしたのはいいけれど、これまでの統計を見ていると自信が無くなってきた・・・ということがありませんか?

また、自信を持ってベットしたのに「あれれ???」という試合展開になったりすることも。

ヘッジングは自動車保険のようなものだと考えるとしっくりきます。

自動車事故による経済的な負担から車の所有者を保護してくれるのが保険、ヘッジングというワケです。

それでは、どんな時に使えるかの例を挙げてみましょう。

ベットに迷いがある時

例えば、Eスポーツ(CS:GO)で以下のようなオッズが出ていました。

ヘッジングの例

試合前マネーラインのバイタリティー/Vitalityのオッズは【1.35】、チーム・リキッド/Team Liquidの【2.90】と比べるとバイタリティの勝利は固い様に思えます。

もちろん、ワタクシもバイタリティが勝利すると思っています。

しかし【1.35】というオッズは、あまり魅力的なオッズではないですね。

小額を賭けたのでは勝ってもそこまで利益は生まれないので、少し多めに賭ける必要があります。しかしもし負けたら・・・かなりの痛手を負いそうです。

そこで、ワタクシはバイタリティのスプレッド(ハンデ)−1.5(3戦のうち相手に1戦も勝たせることなく勝利)【オッズ2.12】にベットします。

さらにチーム・リキッドが1戦(1マップ)は勝つかもしれないという思いもあり、オーバー2.5試合(1-2か2-1の結果となり、どちらかのストレート勝ちはない)【オッズ2.2】にも賭けます。

まるっきり反対ともいえる結果に賭けていることになりますね。

この2つに賭けた場合、

  • Team Liquidが1セットでも勝利する(2-1で負ける)
  • Team Liquidが1-2で勝つ
  • Vitalityが2-0でストレート勝ち

という可能性をカバーしています。さらにワタクシは、チーム・リキッドが0-2で勝つという可能性はないと考えています。

結果は

Vitality vs Liquid 結果バイタリティの勝利は固いと思われたオッズでしたが、結果は1-2でチーム・リキッドの勝利。

しかしワタクシは試合が2戦以上行われるという「オーバー2.5」に$30賭けていたので、【オッズ2.2】で$66獲得。

バイタリティのハンデ−1.5にも$30賭けていたので、利益は$6と少ないですが、バイタリティの勝利(マネーライン)に$60賭けていたら全て失っていました。

また、バイタリティが2-1で勝っていたとしても$6の利益があり、バイタリティがストレート勝ちだったとしても$3.6の利益が生まれていたことになります。

利益としては少ないですがリスク管理はできており、損失することなく利益を得ることができました。

ワタクシは2つのベットに同額を賭けましたが、あなたの考える可能性によってベット額に差をつければ、より勝利することや、少しの損失でおわることができます。

どちらにしてもバイタリティの勝利(マネーライン1.35)に賭けて負けるよりは、遥かに賢いベット選択だったと言えます。

 

ヘッジングの例:2(オッズも肝心)

ヘッジングの例:2

ヘッジングするベットのオッズを考慮し、ベット額を決めましょう

 

試合が予想に反した展開になった場合

上記の試合オッズ例で、たとえばバイタリティの勝利に$50賭けたとしましょう。勝利すれば$67.50が払い戻され、利益は$17.50です。

1回戦(マップ1)はバイタリティが勝利したので、その時のオッズは1.25~1.3まで下がると予想されます。反対にチーム・リキッドの2.9オッズはますます上がります。

しかし2回戦でチーム・リキッドがリードし始めると、チーム・リキッドのオッズは下がり始めます。

チーム・リキッドが大きくリードし始めたら、ヘッジングの時です。

2回戦をチーム・リキッドが勝利し、1-1になってしまった後では、オッズはバイタリティ:1.7、チーム・リキッド:1.9 くらいになると予想されるので、なるべくチーム・リキッドのオッズが下がり過ぎない時点で決断を下す必要があります。

例えば2回戦後半でチーム・リキッドがリードし、オッズが2.5くらいになった際、ヘッジングを考えます。

ここでチーム・リキッドに$30ベットしてヘッジングしておけば、チーム・リキッドが最終的に試合に勝った場合、$75の払い戻しで収支は−$5、バイタリティが勝利した場合、収支は−$12.50となります。

あなたがリスクテイカーであり、バイタリティの勝利に自信を持っているのであればヘッジングの必要はありません。

しかし危機を感じている場合、バンクロール(資金)を守りたいのであれば、損失を最小限に抑える目的としてヘッジングすることができます。

 

キャッシュアウトすればいいのでは?

キャッシュアウトブックメーカーによっては「キャッシュアウト(キャッシュインと呼ぶサイトもあり)」オプションを提供しているブックメーカーもあります。

キャッシュアウトは通常、負けているチーム/選手に逆転の可能性がある段階で提供されます。ほぼ負けが見えている状況ではキャッシュアウトはできません。

キャッシュアウトが選択できる状況の一つはあなたのベットが勝っている場合で、ベット額に少し上乗せした額で「勝ち」を確定できます。

これは高額ベットをしている場合、「この辺りで利益を確定しておこう」という目的で使えます。

しかしベットが負けている場合、かつ逆転の可能性がまだ残っている場合のキャッシュアウトはベット額の半分が戻ってくればいい方です。

キャッシュアウトの決断が遅れる(負ける確率がより高くなった段階)と、キャッシュアウトの選択はなくなっているもの。

キャッシュアウトでベット額の半分(もしくはそれ以上)を失くすよりは、ヘッジングの方が損失が抑えられます。

状況によってキャッシュアウトか、ヘッジングかを見極めましょう!

 

長期的に稼ぐにはヘッジングを取り入れよう

スポーツベットで長期的に稼ぐためには、最低でもあなたの予想が50%以上の確率で当たっている必要があります。

ヘッジングはアービトラージと違い、ブックメーカー/スポーツブックサイトのオッズ差を利用する戦略ではありません。

あくまで利益を確定するため、損失を抑えるために使います。

いつヘッジングすべきか、あるいはどの試合でヘッジングすべきかを示す公式はありません。

そしてヘッジングは利益率を下げることもあるため、スポーツベットをする際の葛藤でもあります。

スロットマシンのようにペイアウトがベット額の何十倍、何百倍にはなり得ない(アキュムレーターの奇跡的な当たり以外)スポーツベットでは、損失を最小限に抑えることは長期的に稼ぐために必要なストラテジーとなります。

ジャパンギャンブラーズからのアドバイス

損切りのタイミングヘッジングする際のメリットとデメリットを理解し、ベットに応用しましょう。

状況に応じてヘッジングをすべきか、キャッシュアウトすべきか、損切りすべきかはベット額や試合状況によっても異なります。

試合前からヘッジングしてベットする場合でない限り、大事なのはあなたの決断のタイミングとその後の試合の進行予想です。

試合が始まり、自分の予想に反した試合状況に陥った場合、目まぐるしく変化するライブオッズを見ながらいつヘッジングすべきかを判断するのが最も困難なポイントといえます。

また、ヘッジングでベットした場合の利益は多くないため、その試合は「勝負試合(自身のある試合)」とは考えず、「小銭稼ぎ」または「保険をかける」と思って行いましょう。

そして自信のある試合で稼げばいいのです!

肝心なのは「損失」しないこと。損失になりそうだと判断した場合、「リスクを最小限に抑える」ことが長期的に勝つ秘訣となります。

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪