著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

アウトライトベット戦略

Stuff

Complexity:
easy
Equipment needed
Works offline
Popularity:
medium
Risk:
high
Bookmaker bet categories:
eSports Special Events Traditional Sports

Other stuff

Works online
Works offline
Works for casino
Works for bookmaker
Works for poker

アウトライトベットをする際に考慮すること

アウトライトベッティング

アウトライトベットとは、大会やトーナメント、リーグの勝者(チーム)を予想するベットです。

大会に参加しているチーム/選手の中で誰が優勝するかを予想するだけなので、簡単に、ベットの知識がなくてもすぐに賭けることができます。

スポーツベッティング歴の長い人なら、2016年のイングランド・プレミア・リーグでオッズメーカーが考えてもみなかったレスター・シティが優勝し(優勝オッズは5,000倍が付いていた)、ブックメーカー全体が大損したという話は有名すぎるほど。

2018年のナショナルホッケーリーグ:スタンレーカップでも似たような事が起こり、ゴールデンナイツにはどのブックメーカーでも100倍以上のオッズ(ウィリアムヒルに関しては250倍)が付いていました。可能性の低いベットだからといっても、ゴールデンナイツのファンたちは躊躇することなくチームを信じてベットしていた人たちも多くいました。ゴールデンナイツは最終的に決勝戦で敗退したものの、優勝していれば約6億円の損害を与えることになっていたと推定されます。

自分がサポートするチームを信じてベットすることは、一般的とも言えます。しかし、予想外の展開はそうそう起こることではありません

本来、アウトライトベットが利益をもたらすことは非常に稀なことなのです。

ブックメーカーがどのようにアウトライトベットの四角を利用し、利益を得ているのかを解説します。そのうえでアウトライトベットをする際に注意する点を考えてみましょう。

アウトライトベットの特徴

アウトライトベットはイベントが始まる随分前から、勝者、各チームのシーズン勝利合計、または賞の受賞者などにもベットが可能です。

ブックメーカーにとってはオフシーズンにベット数を増やすための手段であり、特に北米の4大プロリーグ(NBA、NFL、MLB、NHL)には多くの人がアウトライトベットをします。

アウトライトベットのオッズは、プレーオフまでのシーズンを通して変動します。ブックメーカーはファンや人々のベット傾向により、ベット数が少ないチームによりベットが集まるよう、ベッターを誘導しようと試みます。

オッズは現実を正確に表している?

初心者のベッターの中には、ブックメーカーが提示するアウトライトのオッズが、チームや選手たちがそのシーズンでどのような成績を残すかを正確に表していると考える人もいることでしょう。

しかし、現実にはそうではありません。

東京オリンピック2020サッカー男子アウトライトオッズ

アウトライトベットに付けられたオッズは、人々が各チームに賭けるお金を分散させるための手段なのです。

もちろん、現実からかけ離れたオッズを付けることはありませんが、人々はオッズが低いほどブックメーカーは勝利する確率が高いと考えていると理解し、また、多くの人々がそのチームが勝つと信じて賭けていると思い込みます。

さらにアウトライトベットには、ビグ、つまりブックメーカーの取り分が他のどのベットよりも高い割合で含まれているのです。

ほとんどのシャープ(熟練ベッター)はアウトライトを避ける

ブックメーカーがどのようにオッズを生成するかを知っている方なら、ブックメーカーの最大の目的は賭け金をどのベットにも平等に得て利益を得ることだとわかっていることでしょう。

チームが連勝していたり、人々が賭けるベットに応じてラインを調整し、アウトライトオッズは少なくとも週に一度は変動します。

ブックメーカーのオッズに変動があることはベッターなら知っていることなので、ブックメーカーはそれを利用します。

大会に参加するチームが多いほど、人々のベットアクションのバランスを取ることは難しくなるため、代わりにビグをオッズに多めに組み込んで利益を得ます。

故に、これらの実態を知っている熟練ベッターはアウトライトベットを避けます。

スポーツブックはアウトライトにどのくらいのビグを含ませている?

通常の個々の試合には、平均5%~7%のビグが含まれています。

それでは、アウトライトベットにはどのくらいのビグが含まれているのでしょうか?

記事の出だしに紹介した2018年ナショナルホッケーリーグ:スタンレーカップのアウトライトオッズを見て計算してみたところ、あるブックメーカーのビグは30.14%でした。

ビグが高いアウトライト

ちなみに、日本ではスポーツベッティングが可能な施設はありませんが、一般的にオンラインブックメーカーは約20~40%のビグをアウトライトオッズに含ませているのに対し、施設でベットのできるブックメーカーでは約40~70%ものビグを含ませていると言われています。

アウトライトベットの攻略法は?

アウトライトベットは避けた方がよいベットと言えますが、勝者予想するのが好きでそのスポーツに詳しいのであれば、アウトライトベットをするのも良いでしょう。

アウトライトベットではチームや選手がタイトルを獲得する可能性を正確にオッズに表していない(できない)ので、あなたの知識を信じ、オッズを無視してベットをするというのが一つのアドバイスです。

もう一つのアイデアは、優勝候補と見られているチームではなく、準優勝、もしくは3位になると予想するチームのオッズを見て、どちらかブックメーカーがよりロングショット(確率が低く高配当のベット)とみなしているチームに賭けること。

小額で高配当が望め、当たれば大きな報酬となります。

大会が始まり、そのベットが外れそうな場合は通常の試合で他のチームにベットし、ヘッジングしましょう。

ジャパンギャンブラーズからのアドバイス

気になるイベントがあるなら

アウトライトは当たりにくいと思っているので滅多にベットしないのですが、賭けないと当たることが多いですねw

前回のワールドカップでは開始前に「フランスが勝つ」とまわりに言っていたのですが、アウトライトには賭けていませんでした・・・

興味のあるイベントでたまにワタクシが試みるのは、アウトライトベットではありますが、イーチウェイに賭けます。

イーチウェイは賭けたチームが優勝しなくても、2位、選択するチームによっては3位になっても配当のあるベットです。

これならまだ当たる可能性も高いですからね。

アウトライトベットをお考えの方はお試しください♪

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!オンカジ業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪