著者: Jun Jun
掲載日    |   更新日

ファンタジースポーツとは

Stuff

Guide type:
general
Guide complexity:
low

ファンタジースポーツってなんだろう?

ファンタジースポーツという言葉を耳にしたことはありますか?ファンタジーは空想とか幻想とかっていう意味だから空想上のスポーツ・・・?まだピンとこないですよね。eスポーツみたいなもの?って思う人もいるかもしれません。

日本では一般的に知られてはいませんが、アメリカやヨーロッパでは人気が高く、数千万人がファンタジースポーツを日常的に楽しんでいます。

また、ブックメーカーとは異なるもので、基本的にはファンタジースポーツサイトとして独立しています。

ファンタジースポーツは主にチームスポーツで楽しまれていて、現実世界で活躍している選手を自分自身で組み合わせてチームを作ります。つまり好きな選手を自分のチームに入れて自分のドリームチームを作ることができるのです。

自分自身がチームのブレインとなり、現実では決して自由になることのない超有名選手たちをまるで自分の手のひらで操る、なーんて想像しただけでワクワクするゲームですね。ドラフト会議でお偉いさんたちが選手を獲得している光景はよくテレビで目にしますが、そのトップオブお偉いさんが自分であることを妄想してにやにやする、なんて楽しみ方もできる・・・w

チームスポーツ

ファンタジースポーツでは何を競う?

では具体的に何を競うのでしょうか?一体何をもって勝利とするの?だって自分の作ったドリームチームってほんとにあるわけじゃないんだし・・・という疑問が浮かびます。

ファンタジースポーツはポイントを競うゲームです。自分が選んだ選手の現実世界での実際の試合でのパフォーマンスによりポイントが加算されたり減点されたりします。そしてそのポイントを最も多く獲得したプレイヤーの勝ちとなります。

FIFAのように、ゲーム画面上の選手を操作するというわけではありません。

例えばサッカーなら、ゴールを決めたら~ポイントの加算、アシストをすると~ポイントの加算、レッドカードを食らうと~ポイントの減点、またゴールキーパーが相手チームにゴールされてしまうと~ポイントの減点というように、ポイント獲得方法はパフォーマンスにより細かく定められています。

自分が監督やマネージメントの立場になったと想定し、各選手の特徴や現在のコンディション、パフォーマンスの傾向にいたるまで、より多くの情報を現実世界で把握し、自分のチーム作りに生かす必要があります。「チームを作った、ハイ完了!」というわけではなく、選手交代の采配も自分にあるので戦略がとても大切です。

ファンタジースポーツの種類

ファンタジースポーツでプレイできるスポーツ種目はサッカー、野球、バスケットボール(NBA)、アメフト、ホッケー、ゴルフなど多岐にわたります。特にファンタジースポーツ発祥の地、アメリカでは野球とアメフトが二大人気ファンタジースポーツとなっています。また、eスポーツでもプレイすることができます。

ファンタジースポーツの期間

カレンダー ファンタジースポーツ

ファンタジースポーツといえば基本的には1シーズンを通して獲得したポイントを競うもの、と定義されてきました。しかし最近のトレンドは、短期間で勝負がつくデイリーファンタジースポーツにあるようです。

デイリーファンタジースポーツでの「デイリー」はかならずしも24時間を表すものではなく、一日から一週間ほどの期間を指します。

わたしもそうですが、1シーズンってそんなに長く待てないわ~、早く結果が知りたいよというひとは絶対に多いはず。特に東西問わず忙しい現代人にはデイリーファンタジースポーツの方が生活リズムに合っているのでしょうね。

賞金はもらえる?

ファンタジースポーツのサイトは世界中にたくさんありますが、大きく分けて二つのタイプに分かれます。

  • 参加料を払ってプレイし、勝者には賞金が贈られるタイプ
  • 無料でプレイでき、賞金は発生しないタイプ

トロフィー、コンテスト

前者の場合、プレイヤーは参加費を支払い、「コンテスト」に参加できます。そしてコンテストで上位の成績を収めることができると賞金がもらえるというものです。多くのプレイヤーが参加する人気サイトでは優勝賞金は100万ドルにも上ることがあるといいます。

後者は基本的に無料でプレイでき、賞金が発生しません。しかし人気が全くないわけではなく、中にはプレミアリーグファンタジーなど、世界中に600万人以上のプレイヤーを持つ有名人気サイトもあります。ただし賞金ではなく豪華な賞品が用意されているとのこと。


日本でもファンタジースポーツ社を始め、いくつかのサイトが設立されてきましたが、広がりはイマイチです。あのYahoo!Japanのスポーツナビも2001年にファンタジーベースボールを介してしていますが、わずか3シーズンのみで終了となっています。日本からは法律上の問題があり、賞金が発生するサービスの提供ができず、それがなかなか普及しない大きな要因とされています。

 

ファンタジースポーツはブックメーカーでもプレイできる?

すでに数年前から多くのブックメーカーでファンタジースポーツが導入か?!とささやかれてはいるものの、安定して提供しているところはまだまだ少ない模様。基本的には独立したファンタジースポーツを扱うウェブサイトやアプリ上で楽しむことができます。

日本マーケットに向けたブックメーカーでは現在のところファンタジースポーツができるところはありません。人気サイト、スポーツベット・アイオーは日本語対応のブックメーカーとして初めてファンタジースポーツを導入しましたが、残念ながら現在は提供されていません。

10ベットジャパンにおいてもファンタジースポーツはプレイできませんが、ファンタジースポーツと少し似た要素のある【シミュレーテッドリアリティゲーム】を楽しむことができます。

シミュレーテッドリアリティゲームでは実在する世界のリーグ戦をこれまでの対戦成績や基本データ、各チームのコンディションなどの情報をもとにしてコンピュータシステムで試合結果を出すというもの。選手を選んだりなどというあまり細かいことはできないけれど、興味のある方はチェックしてみてね。

ジャパンギャンブラーからのコメント

とても面白そうなファンタジースポーツだけど、今のところ遊べるブックメーカーがないのは残念なところ。

しかしスポーツベット・アイオーもかつては導入していたのだし、きっと多くのブックメーカーが導入を模索しているはず!

やっぱりブックメーカーやスポーツブックから気軽にファンタジースポーツにベットできるようになれば楽しみの幅が広がりますね。

その日を楽しみに、今のところはマイドリームチームに導入したい選手の研究にいそしんでおきます🥎

Jun
著者について
おっとりなマイペースギャンブラー。カジノサポート、大手アフィリエイトのライターを経てここジャパギャンに至る。時折見せる生真面目さゆえ、時には周りに煙たがられている(気がする)ことが悩み。スロットプレイ時は喜怒哀楽が激しい。スポーツベットでは感動の涙をながすことも。