著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

ブックメーカーで賭けるのは違法?合法?

基本情報

ジャンル:
法律ガイド
ガイド難易度:

ブックメーカーは違法?合法?

ブックメーカーって違法なのでは?

まずは結論から申し上げますと、違法とも合法とも言えません。

それというのも、そもそもオンラインギャンブルに関する法律が日本にはないのです。

しかし、日本には賭博法があり、この部分に触れていると「違法」となります。

その部分とは?!

日本国内での運営は違法

まず、日本国内で運営している場合、公営ギャンブル以外、これは違法です。

しかし海外の企業がライセンスを持って運営しているサイト、すなわちジャパンギャンブラーズが紹介しているブックメーカーの全てで賭けをしている場合、あなたは「海外のサーバで賭けをしている」ことになります。

海外にあるブックメーカーの店舗やカジノでプレイしたところで、逮捕されることはありません。

それと同じように、サーバが海外のオンラインギャンブル(ブックメーカーのみならずオンラインカジノやオンラインポーカーも)を取り締まる法律がない現在、違法にはなりませんが合法とも言い切れないのが現状です。

違法な国からのアクセスはできない

ワタクシはオンラインギャンブルのハブ、マルタで暮らしています。

マルタでオンラインギャンブルは合法ですが、旅行先で「あ、今日あの試合がある!カタい試合だけら賭けなきゃ!」と思って日々使っているサイトにログインしようとすると、「あなたの地域では当サイトにアクセスすることはできません」と表示されます。

それは、その国や地域でのオンラインギャンブルが違法とされているから。スペインやフランス、スイスでは、ほぼ全てのサイトでアクセスがブロックされています。(いくつのサイトに登録してるんだ?!ってねw)

これはブックメーカーだけではなく、オンラインカジノやオンラインポーカーサイトも同じです。

違法な国からアクセスしようとするプレイヤーも多いため、IPアドレスがチェックされ、KYCで住所確認書類を提出する必要があるのです。

違法な国でオンラインギャンブルを提供したサイトはどうなる?

これまでにも何度か、その国でのライセンスを持たずに運営していたサイトが罰金を科せられたニュースを見たことがあります。

合法な国でも、その国で営業するにはその国のライセンス許可が必要です。「合法」だからこそ、許可が必要なのです。許可なく営業した場合、数億から時には数十億の罰金を支払うことになります。これは大手企業でなければ、倒産に追い込む可能性のある膨大な額です。

そんなことから、ブックメーカーは違法とされている国で運営するのはリスクが高すぎますし、ライセンスを剥奪されるようなことは常識のある企業ならしません。

この点を踏まえると、日本のオンラインギャンブルが「グレー」市場なのが分かります。現時点の日本は、違法にもならなければ許可も要らない、オンラインギャンブルの法律がない国、とブックメーカー界では認識されているのが理解できるのではないでしょうか。

ブックメーカーとオンラインカジノは違う?

ブックメーカーとオンラインカジノは同じ?

ここでいう「違うのか?」というのは何に対しての「違うのか?」ですが、賭けの対象となるものに関して言えば違います。

ブックメーカーは他者が行うスポーツの試合に賭け、オンラインカジノは当事者がマシンやカードを使って行うプレイに賭けますから、この両者が異なるのは一目瞭然です。

しかし、ブックメーカーサイトは得てして、オンラインカジノサイトと一体化しています。老舗のウィリアムヒル/WilliamHillや世界的にも大きな企業であるベット365/bet365は知名度のあるブックメーカーですが、オンラインカジノサイトと一体化しており、一つのアカウントでスポーツベッティング、オンラインカジノ、そしてオンラインポーカーさえもプレイが可能です。

最近、世間で「オンラインカジノは違法です」という意見を聞いたことがあるけど、ブックメーカーなら大丈夫よね?と思っている方もいらっしゃるのでは?

「オンラインカジノは違法」と認識している人もいるようですが、これは正確な情報ではありません。合法です、とも言えないのが事実で、結局のところ、ブックメーカー(スポーツベット)もオンラインカジノも、そしてオンラインポーカーも、更にはビンゴや宝くじも、同じギャンブルとして分類されます。

オンラインカジノだけがよく「違法だ」と取りざたされていますが、オンラインカジノが違法であるとするなら、海外の宝くじをオンラインで購入するのも違法ということになります。

ブックメーカーとオンラインカジノ、オンラインポーカーはオンラインギャンブルかどうか、という点については、どちらも同じ立ち位置にあるギャンブルであり、違いありません。

ブックメーカーでの逮捕者はいる?

これまでにブックメーカーで賭けていて、逮捕された人はいません。

罪に問われるケースは他にあります。代表的なのが「ノミ屋」です。電話などで賭けを受け付けますが、胴元は実際に賭けてはいません。

ワタクシもまだ日本に住んでいた頃、友人が「競馬のノミ屋を知っているから手軽に賭けたかったら紹介するよ(その時はオンラインで馬券は購入できなかったので)」と言われたことがあります。

ちゃんと払って貰えるの?というのが心配で、ノミ屋の仕組みを尋ねたところ、前もってお金を預け、(そのうち信頼されると後払いでも良かったようですが)電話で「賭け」を伝え、当たると実際のオッズで払い戻しがありますが、万馬券となるようなオッズの高い当たりにはキャップがありました。また、賭けがハズれると10%のキャッシュバックがあったようです。

なるほど、負けたらキャッシュバックがあるので「ノミ屋」で賭けた方がお得じゃないの!と思いましたが、運営していたのはやはり怖い人たちのようだったので、関わりあいたくない・・・と利用しませんでしたが。

これらのノミ屋は、運営する方もそこで賭ける方も賭博法違反です。賭博法はそもそも、賭けを提供する側が違法である場合、そこで賭ける側も罪に問われます。しかし合法に運営しているブックメーカーは裁けないので、そこで賭ける側も裁けません。

ただし、オンラインブックメーカーであっても、日本で運営されているサイトは違法となるので注意してください。

日本で運営されているかどうかはベッター側から調べることは難しいでしょう。そんな時は、企業としての信頼性、拠点も十分に調査したジャパンギャンブラーズが紹介しているブックメーカーを選びましょうね😉

ジャパンギャンブラーズからのコメント

オンラインギャンブルを合法としている国の中にも、全てのスポーツベットが罪に問われないわけではありません。未成年者が行うスポーツに対して賭けるのはご法度(ベッターよりも賭けを提供したサイト運営者に対して罰則がある)としている国もあります。

これは合法であるからこそ、各国で定められたルールです。

日本にはオンラインギャンブルの法律がないので、これらのルールはブックメーカーが持つライセンスの規定と運営者のモラルに従って提供されています。

オンラインカジノは違法だ!=(ブックメーカーは違法だ!と言っているのと同じですからね)とわめく前に、違法にしたいのならまずは法律を制定すべきでしょう。違法とすれば、合法に運営しているブックメーカーは日本市場から撤退するでしょうし、合法にするならルールを作り、税金やらライセンス費やらで国は収益を得ればいいのです。

現在ブックメーカーでスポーツベットを楽しみたい方は、ジャパンギャンブラーズが紹介する、ライセンスを取得している海外を拠点とした信頼性のあるサイトでベットしましょうね!

🧐オンラインカジノの逮捕者はいる?もっと詳しい情報を知りたい方は

オンラインギャンブルは違法?合法?違法性に迫る!をご覧ください

Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪